アパレルのお仕事|販売業務の他にも大変な裏方作業・事務作業



販売員の仕事は売ることだけじゃない


20歳のころに初めてアパレルのお仕事をしました。
主に販売・接客でしたが、アパレルのお仕事に勝手に華やかなイメージを持っていたので、意外にも思っていたより地味なお仕事でした。

というのも、店内はきらびやかだったりおしゃれな雰囲気だったりとブランドによって特色があり素敵ですが、裏では商品を管理している在庫管理や外資系ならば本部からのメールの確認にデータ管理など、なかなか事務的な作業が多いです。

販売実績にも影響する在庫管理はとても重要な仕事です。

バッグなどの商品は割と重たいので、収納や管理も大変です。
シューズや洋服などはサイズごとに把握していなければならなかったりと、接客だけではないところで忙しいことが多いです。

華やかそうに見える業界でも事務できな面や引越し屋のようにダンボールを抱えたりすることもあるのだという面を知り、どんな仕事も大変なのだと感じました。


お客様の観察が大事な接客


販売や接客の面でいうとかなり丁寧な接客が必要とされます。
日本はどんなお店でも、かなり接客などのサービスの質はいいと思います。
なので、日本での接客業というのはとても気を使うものだと感じます。

アパレルも同じで、私のいたお店では、はじめに声をかけた人がそのお客さんの接客を担当するという決まりがありました。
バッグやシューズ、洋服からアクセサリーまでライフスタイルに必要なアイテムが揃ったお店がったので、商品の種類やサイズや在庫などの把握が最初は大変です。

毎日商品を扱っていると自然と覚えてきますが、最初はやはり覚えることがたくさんあります。
そして、販売という面では、お客様のニーズをくみ取らなければなりません。
相手が声をかけて欲しいタイミングで声をかけるのがベストです。

やみくもに話しかけるのではなく、そのお客様の性格や目的を読み取ってタイミングよく声かけをすることが大事ですね。

よく、「アパレルのお店にいくと店員さんが声をかけてきてゆっくり見ずらい」などという声もちらほらありますが、そうした自体を招かない為のタイミングや接客方法など、さまざまな意味で覚えることはたくさんあります。

こうした面と、裏での事務的な作業との両面での仕事が一体化したものがアパレル職に就いていたときにしていたことです。


アパレルショップの出勤形態


出勤形態はお店の定休日などがなかったので、基本的にシフト制で回っていました。

なので自分である程度スケジュールなどが組めます。その分休みなどは自由が利くのでその点はよかったかもしれません。

出勤の形態に関しては、日にちやルーティンが決まっていた方が規則正しい生活をしやすいのでそちらを好む方もいますし、逆に時間やお休みの間隔がバラバラの方を好む方もいるので、後者が好きな方には合っていると思います。

平日休みだと銀行に行けたり美容院予約が取りやすかったり、メリットもたくさんあります。

そのほかにも、その業界のことについて知れたことや、社員割引などで商品が買えるなど、そのようなちょっとしたお得はあります。

何よりも、アパレルに興味のある方は一度は考える仕事だと思うので、やってみることで新しい発見があっていいかもしれません。
あとはそのブランドの新作などの情報もいち早く知ることができるのでそういったことも嬉しいです。


自分のためにもなったアパレルでの仕事


私の場合は、ほかにやりたいことが出来たためアパレルのお仕事はやめてしまいましたが、自分の興味のある業界で働けたことはとてもいい経験になったと思います。

お洋服の展開もあったので、冬服などは丈が長かったりしてするため寸法の測り方を覚えなければなりませんし、素材別の商品の扱い方やスチーマーなどの掛け方、洋服や小物などの扱い方や組み合わせ方など、さまざまな面でも知識がついたこともいい経験になったと思います。

アパレル職は、会話力や洋服の取り扱い方などが身につきます。

そして、洋服やバッグなどは生活に必要なものなので、ファッション的な目線だけではなく意外にも実用性を重視するお客さんが多かったことなどの発見もありました。

人によっては、物を選ぶときのチョイスの仕方や決め方もバラバラで、個性があり、接客をしていて、むずかしさと楽しさの両方を感じた部分でもあります。

どんな仕事でもそうですが、その仕事を通して発見したことや学んだことを生かし、自分のスキルアップに繋げていけたらいいなと感じます。

NY

NY

投稿者プロフィール

名前:NY      性別:男  年齢:30代
出身地:岡山  趣味:読書・旅行・テニス

就職・転職・資格取得に役立つサイトを作ろうと思い作成しました。
このサイトでは実際に各業種で働いた人達・資格取得をした人達の体験談を載せいています。
少しでも皆様の就職・転職・資格取得に役立てば幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る