百貨店のケーキ売り場でのアルバイト|不可解な出来事が続く職場での勤務



大学時代のアルバイト経験


昔私がまだ大学生、まだ裏若き20歳の小娘だった頃、お金も欲しいし興味本位で大手百貨店の中のケーキ店にアルバイトで働き始めました。
以前友達が働いていたこともあり安心して働き始めましたがそこそこブラックだったのです。

まず職業柄当たり前なのだが女性が多い
まぁその点は別に気にならなかったですし、私もほぼ女子しか通わない大学に通っていた上に女子高出身者でもあるので全く抵抗を感じていませんでした。

みんな優しそうな人達だなぁなんて呑気なことを思い働き始めたのですが、挨拶を終えて先輩方に仕事を教わり、覚えることはたくさんあるけれどまぁなんとか頑張ろうと奮闘していました。

お店の内情を知る前は頑張っていこうというモチベーションも高いですね。


「やっぱり繁忙期はクリスマスですかね。それまでに一人前になれるように頑張ります。」と私が言ったところ、1人の先輩がこう呟いたのです。

「それまで続くかねぇ。。ふふふ。」正直その時その一言だけでこの職場ヤバいのかなと背筋が凍ったが、ひょっとするとその先輩のブラックジョーク的な何かかもしれないと思い込み、その時はその言葉を聞き流しました。


休みが取れない&厳しいノルマ


こうして働き始め程なくして私は腹痛を覚え、食品を扱う立場でもあるわけなのでお休みするしかないと職場に電話したら、代わりの人を探さないと休めないとこんこんと電話で怒鳴られてしまったのです。

そのケーキ屋のグループLINEがあったのですが、代わりの人を見つけるにはそこで誰かに頼み込まなくてはいけないということでした。

新人の私のシフトを代わってくれる人は誰もおらず、腹痛を我慢しなんとか出勤し、社員にスゴイ目で睨まれながら仕事をこなしましたが、その日の帰りは少し足がふらついたことを今でもよく覚えています。

結局その腹痛は翌日無事治ったものの、飲食を取り扱うお店なのに腹痛の人間にケーキを詰めさせるのかということに違和感を覚えつつ、まぁどこも人が足りないとこんなものなのかなと小娘の私は働き続けました。

後日先輩に、シフトを代わってくれる人を見つけてもとても肩身が狭くなるから、LINEでお願いしない方がいいよとアドバイスされ、つまり絶対休むわけにはいかないということです。

代わりを探さないと休めないという理屈は真っ当な会社ではあり得ません。

<厳しいノルマ>

ケーキの販売とは別にケーキ屋には大抵焼き菓子ギフトのコーナーがありますが、これが厄介で仕事に慣れたアルバイトは獲得ノルマがあり、達成できなかった場合は社員から呼び出され詰められます。

まだ新人の私には関係なかったのだが、時折ベテランの先輩が真っ青な顔をして働いていたのはそのせいだったのです。
この頃からこの職場に違和感を感じ始めていました。

Check! 今すぐに働ける数時間先からのお仕事情報が掲載される「プチジョブ」
・「今日、働きたい」を可能に
・1日2時間からのプチっとでOK
・面接なしでプチっとで働ける


効率の悪い仕事工程で失敗の連続


肝心の仕事の内容ですが、ケーキを詰めたりバースデープレートにチョコペンでメッセージを書いたりします。

ケーキを詰めるというのも種類によって包み方が違い、ケーキにも工場で作ったものと、最終工程を売り場のすぐ後ろのバックヤードでするものとあったりします。

問題はその最終工程をバックヤードで行うチョコレートケーキだけ特殊な包み方をしなくてはいけないことでした。
これがとても難しい。

これだけ変な形の箱に詰めなくてはいけないのですが、この変な箱に詰めることでチョコレートケーキがとても傷つく形状なのです。

箱が機能的ではないことが一番な問題であることはさておき、まず入ったばかりの新人はこのチョコレートケーキを特殊な箱に包む時80%の確率でチョコレートケーキを傷つけダメにしてしまうのです。

問題はその後。そのチョコレートケーキをダメにしてしまったものは、チョコレートケーキを持ってバックヤードにいるパティシエさんに持っていき「申し訳ございません。私がこの◯◯をダメにしてしまいました。」と最敬礼で謝罪をしなくていけません。

軍隊のようなお店ですね。

ちなみに私は1日で最高3個ダメにしてしまい、3度めちゃくちゃに謝り倒しました。
1度目持って行った時はパティシエさんに「えーほんと気をつけてよぉ〜」と睨まれ、2度目は「ちょっとほんと勘弁してよぉ〜これ作るの大変なんだからね」となじられ、3度目には「あなたほんと大丈夫なの?」と非常に冷たい目で言われました。

まずこの箱をどうにか出来ないのか、ケーキの形を変えることで回避できる悲劇なのではないか、そう思いつつひたすら頭を下げることしかできませんでした。

ちなみに私は決して手先は不器用な方ではありませんが、それでもプレッシャーもあり3度も連続で失敗するほどなのです。

そんなこんなでそのチョコレートケーキの包み方は日を追うごとに上達していき壁を乗り越えることが出来ました。


奇妙なレジ誤差騒動


仕事の難しさは日を追うごとに少しずつ克服は出来たのですが、ひとつ怖い出来事がありました。

大手百貨店なのにも関わらずレジが手動だったのです。
お釣りを手動で従業員が取り、お客様にお渡しするシステムになっています。

レジを覚えたばかりの私は先輩についてもらいながら練習していたのですが、なぜか私がシフトで入る日にとても大きなレジ誤差が出るんです。

百貨店の営業が9時に終わり、10時までに閉め作業を終え終礼をし、私がラストまでいる日に限って必ず1万円以上のレジ誤差…。

そんな日は社員さんが終礼の際「今日は新人さんも居ましたし、混雑もありましたので、レジ誤差が出てしまったのかと思いますが、、」と言うのですがこの時私は本当に胃が痛かったです。

自分は入るときにレジ誤差が出ると私のせいだと思われているんじゃないかというモヤモヤした感情になりますよね。

何度も確認しているけれど私が間違えているのだろうか、、その後もビクビクしながらレジを打つが、必ず私がシフトに入る日にレジ誤差は出続けました。

その頃には私もそこそこレジに慣れ始めていたので、誰かが取っているのではないかと社員さんが疑い始めました。

この店泥棒でもいるんだろうか、私が入る日だけなんだろうか。
なんだか薄気味悪いので辞めることもこの頃から視野に入れ始めた私に、この後辞めるきっかけになる事件が起こります。

Check! 「第二新卒エージェントneo」
既卒・フリーターでも就職成功できる!
・就職はしたいけどブラック企業には入りたくない
・実際の働く環境が少ならないと不安
・早期退職してもキャリアチェンジできるのか?
・社会人経験が少ないので不安
などの悩みを解決!


気味の悪い事件で退職を決意


従業員の私物はとても狭い小部屋のようなところに一緒くたにまとめられていました。
そこに置いておいた私の飲みかけのペットボトルがなくなっていたのです。

おかしいとは思ったのですがどこかに落ちているのかもと思い特に気にせず、休憩が終わってまた小部屋に荷物を置きました。

仕事を終えて荷物を小部屋に取りに行ったら私の飲みかけのペットボトルが無造作に置いてあり、気持ち悪いと思ったので捨てようと手に取ったら、気のせいか中身が少し減っていました。

怖かったので中身を飲まず駅のゴミ箱に捨て、翌日他の従業員に聞いてみることにしました。
数人にわけを話したのですが「気のせいじゃない?」と言われ、まぁ落ちていたのを誰かが拾ってくれただけなのだろうと私も納得し仕事をしていました。

そういった気持ちの悪い事件が起こる職場は一刻も早く辞めることが得策です!

また休憩時間になると今度は私の予備のメモ帳がなくなっていたのです。
また別の日にはハンカチやボールペンなど本当に小さくて落としてもおかしくないものばかり荷物から消えていました。

いくらそそっかしい私でもここまで物を無くさないだろうと思い、怖くなり退職を決意。
無くしたものが出てくることはありませんでした。

辞めるときもかなり店長に怒鳴られましたが、なんとか退職届を叩きつけ退職しました。
辞めた後もしばらく電話が掛かって来て、留守番電話にも怒鳴り声が入っていましたが1ヶ月もすれば静かになりました。


私が辞めた後でも続いたレジ誤差&盗難


あまり剃りの合わない先輩もいましたが、少し仲良くなった子も居たので、その子から時々ケーキ屋の現在の情報が入ってきたりしました。

私が辞めた後に実は私も物がなくなるんですという従業員が何人か居たらしいです。
新人が入るとレジ誤差も出るとのこと。

陰湿なことをする人はいつか痛い目に遭います。

一体誰がそんなことをしていたのかわからずじまいで私が辞めた一年後にその店は百貨店から撤退しました。
その店にいたスタッフは別の店舗にバラバラに配属されたそうです。

NY

NY

投稿者プロフィール

名前:NY      性別:男  年齢:30代
出身地:岡山  趣味:読書・旅行・テニス

就職・転職・資格取得に役立つサイトを作ろうと思い作成しました。
このサイトでは実際に各業種で働いた人達・資格取得をした人達の体験談を載せいています。
少しでも皆様の就職・転職・資格取得に役立てば幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

ブログランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ
 


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る