医療事務の資格は女性に人気|医療系の再就職にも役立つ資格です



医療事務の資格


医療事務は、病院での受付・会計・医療費の計算などを医療機関で活躍しています。
医療機関にとって大事な役割を担っています。

近年医療事務は大変人気な資格です。
人気の理由として、就職のしやすさがあります。

医療機関は日本全国どこにでもあり、急な引っ越しをしてもその先々で就職口が見つかります。
そういったことから医療事務は結婚後、出産後にも再就職するのに役に立ち、女性に大変人気な資格になっているのです。

就職にとても有利な医療事務。女性に大人気の資格です。

医療事務として働くには、必ずしも資格が必要なわけではありませんが、専門的な事柄も多く、資格を取っておいた方がスムーズに業務を行えます。


医療事務の種類


医療事務試験には3つのジャンルがあります。
医科・歯科・調剤の3つです。
各ジャンルによって難易度も変わってきます。

その中で知名度、難易度ともに高いのが、
『診療報酬請求事務能力認定試験』
『医療事務管理士』
『医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)』です。

●診療報酬請求事務能力認定試験

医科と歯科に分け、それぞれ学科試験と実技試験を行います。
学科は、診療報酬請求事務能力認定試験ガイドラインに沿って出題されます。
試験会場への診療報酬点数表、その他の資料の持ち込み可。

●医療事務管理士

事務スタッフのスキルを証明する資格。
医科と歯科に分け、それぞれ学科試験と実技試験を行います。
学科:法規、医学一般、保険請求事務から出題
実技:診療報酬明細書を作成・点検

●医療事務管理士

受付業務・会計業務・オペレーター業務等全般・診療報酬請求事務を正しく行うのに必要な能力を認定する資格。
医科と歯科に分け、それぞれ学科試験と実技試験を行います。
実技は2つ。医事課患者応対と診療報酬請求明細書点検。

その他にも、新郎報酬計算の資格、医療事務全般の資格、調剤薬局事務の資格、医事コンピューターの資格、医療秘書の資格、医師事務作業補助者の資格などがあります。

医療事務の中にもそれぞれ種類があります。



医療事務の資格を取得するために


医療事務の資格を取得するうえで、重要なのは診療点数早見表です。
医療機関でかかるお金は点数で決まっています。

レセプトを作成するのに、この診療点数早見表の使用は必須です。

試験内にもこの点数表を試用するので、いかにこの点数表を使いこなし、素早く点数を調べていけるかが重要になってきます。
計算にも慣れておきましょう。

そして、医療に携わる分専門用語・略語を覚えることはとても重要です。
これは暗記するしかないので、自分の読みやすいテキストで覚えていきましょう。

NY

NY

投稿者プロフィール

名前:NY      性別:男  年齢:30代
出身地:岡山  趣味:読書・旅行・テニス

就職・転職・資格取得に役立つサイトを作ろうと思い作成しました。
このサイトでは実際に各業種で働いた人達・資格取得をした人達の体験談を載せいています。
少しでも皆様の就職・転職・資格取得に役立てば幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

ブログランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ
 


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る