その他のお仕事

人材サービスの仕事に転職|人との繋がりで身につく優良なスキル

他業種からの転職をきっかけに様々なことを身に付けることができました。

転職をするときは誰しも不安や心配など多少なりとも感じると思いますが、反面身につくことや新しい発見もたくさんあります。

今の仕事に不満があり転職を考えている方は、ぜひ新しい仕事にチャレンジしてみることをおすすめします。

大手企業から転職

人材サービスの仕事をしようと思ったきっかけは、元々はまったく畑違いの仕事をしていました。

その中でちょうど知り合いで新しく起業するという人がいて、そこから誘いをいただいて始めることになったのがきっかけでした。

 

前職は15年ほど勤務し、それなりの役職につき上場している大企業に勤めていたこともあり、知り合いの人はかなり慎重に一緒に転職を考えてくれました。

その中でどんな能力が必要で、どんなことをしていけばいいのか?前職のスキルをどのような形で活かしていけばいいのか?など色々とすり合わせして入社することになりました。

こちらもCHECK

確定申告のアルバイトは主婦に人気|税務署での受付や入力補助の仕事

2月・3月の確定申告の時期に募集される確定申告のアルバイトです。短期間ですが主婦には嬉しい条件だったりします。 間違いが許されない仕事ですが、アルバイトでもしっ ...

続きを見る

書面よりも人柄重視の面接

新しく転職する会社には某大手のコンサルタント会社がコンサルとして入っていたので、社長と担当コンサルの人と3者で面接となりました。

面接は大きなホテルの喫茶店で行われ、その時は朝早くから待ち合わせの場所に行き、面接をすることになりました。

まず質問された内容として、

  • 前職で大企業の役職についていたのでそれを捨ててベンチャーの会社に入る理由は?
  • 年収は下がるけど大丈夫?
  • その分会社の業績が上がれば年収は増やせるけど、そこまでやるには残業は当たり前でかなり覚悟が必要だけど大丈夫?
  • 納期がある仕事で優先するなら納期?それとも内容?

ということを聞かれました。

 

コンサルの人は年間1000人ぐらいの人と会うので、全てを見透かされている感じがあり、事前に履歴書や職務経歴書をしっかりと記入して用意しましたが、正直内容はほとんど関係がなく、どんな考えをしているのか?を一番重視している印象でした。

こちらもCHECK

システムエンジニアの仕事内容を紹介|文学部出身の私が選んだ就職先

自分ができる仕事、向いている仕事はなんだろうか? 勝手に自分の中で「この仕事は好き・嫌い」と決め付けている人もいると思います。 先入観で就職先を決めずに、もしか ...

続きを見る

就職してからの仕事内容

なんだかんだあり、入社することになりました。

仕事内容としては、前職は店舗のお客さんの接客対応や社員の人材育成・人材管理、売上・在庫・経費など店舗運営に係る全ての業務をしていましたが、今回の仕事は、BtoBの営業・Webマーケティングが主にやる仕事内容でした。

 

必要なスキル

パソコン自体の使い方はある程度わかっていましたが、マーケティングの絡みで以下のスキルが必要です。

必ず欲しいスキル

エクセルを使用して関数などで数値管理をしてKPIを分析してPDCAを回せること

エクセル自体は本当に簡単な関数は使用していましたが、何万件もあるデータの中でチェックをするなどの知識は全くなかったので、最初の1ヶ月ぐらいはずっとデータ入力をやりながら、基礎知識を覚えてそこから関数を使用してデータのチェックをしていました。

 

チェック項目により使う関数は違うため最初は、仕事が終わって毎日2時間ぐらいエクセルの本を3冊購入して勉強していました。

 

苦労した電話応対

一番苦労したのが元々あまり対面で応対することはあってもそこまで電話で応対することはありませんでした。

電話を受ける時もあまりビジネス的な言葉遣いはしていなくて、言葉使いを覚えたり、あとはテレフォンアポインターの仕事もあったので、こちらから会社にある営業リストを元に一日何百件と架電することもありました。

 

滑舌にはあまり自信がなく、緊張することもありなかなかこちらの言葉をしっかりと聞き取ってもらえなく何度も同じ言葉を話したりしていてかなりもたついていました。

こちらもCHECK

インバウンドの電話業務|クレーム対応も多い仕事・充実した研修内容

目次1 電話業務の面接2 会社のトイレチェックは重要です3 大変だと感じるクレーム対応4 電話業務の嬉しいこと、嫌なこと、給料面 電話業務の面接 私は現在、英会 ...

続きを見る

話し方の改善には力を入れました

最初は話し方教室に通ったり、スマホのボイスレコーダーの機能を使って、自分の話し方、どの部分の言葉が苦手か?など色々自分なりに分析しながら日々勉強していましたが、元々かなり苦手意識が強いところだったので、この改善には一番苦労しています。

 

1年ほど前から考えるとだいぶ良くなってきているかと思いますが今だに苦手な部分がありかなり苦労しています。

 

積極的にWeb知識の習得

話すところ以外だと、Webの知識がまったくなく毎月1回コンサルの人とWebのマーケティングの会議をしていますが、専門用語も多く正直会話の内容はまったくわからない状況でこちらもかなり苦労して、毎日色んな本を読んで知識を習得していました。

 

年齢的な部分や畑違いにより覚えることが膨大にあったので、今でも日々精進している状況ですが、だいぶ慣れてきました。

Check!

◆20代・第二新卒・既卒向け転職エージェント◆

【マイナビジョブ20's】

まずは無料登録

 

身についたスキル

この人材紹介・人材派遣の仕事をしていて良かったと思うのは、今までとはまったく別の世界で特にビジネスというイメージが強いので大変なことも多いですが、日々刺激を受けています。

 

身についたこととしては、コミュニケーションの部分で今までそこまで意識はしていなかったですが、営業と言う立場もあり、以前と比べてかなり人の繋がりを意識するようになりました。

仕事柄毎日色んな人に会うことが多く、その中で日常会話や洞察力がかなり高くなったと自分でも思います。

 

いくらスマホの普及により、人と連絡するのはLINEなどSNSで繋がることもあるかもしれませんが、基本的に人と繋がることは変わらないので、人と会ってコミュニケーションスキルを上げることができるのは非常に人生におけるスキルとして役立つと思うのでとても良いことだと思います。

 

転職にも有利なスキル

あとは、今の時代の流れでかなりWebの状況は変化していますが、それについていくために、色んな施策や知識を習得していかないと仕事をこなすことができなくなるため、日々勉強しています。

 

その甲斐もあって、1年前とは比べ物にならないほど知識を習得できそこに派生して幅広くできるようになったので、正直もし転職ということがあっても他の会社では即戦力で働けるほどスキルを身につけることができました。

 


給料も前職よりUP

前職からの転職の理由としては、結婚して子供がいて休みが少なく正直年収も大手企業の役職ではありましたが人並ぐらいの給料でした。

 

そのため、年間休日が20日ほど増えて最初は年収は30万ほど下がりましたが、今は売上がある程度稼げるようになりインセンティブも多くもらっているので、前職と比べても年収ベースで200万円ほど上がっています。

トータルの労働時間など福利厚生を考えるとかなりいい条件で転職できたと思います。

 

人材サービスの仕事に就くにあたって

近年では人材紹介・人材派遣の会社はかなりたくさんあり、リクルートのような大手企業から地方の小さな会社まであります。

ただ小さい会社でもやっていることがしっかりしていれば利益はかなりあると思います。

 

そのため、どうしても人を扱う職種なので、昨日言ったことが平気で次の日に考えが変わりますし、対応した人のせいで怒られることも多々あります。

個人的には自分のミスで怒られるのは仕方がないと思いますが、昨日今日あった人のせいで怒られたり、電話しか話したことが無い人のせいで怒られたりもあります。

 

あとは、人材を紹介したら終わりではなく、入社して1ヶ月で退職する人もいれば、最短で入社の日に辞めてしまう方もいます

通常はどこの企業も返金規定があったりするので、入社までかなりの労力を使って返金100%で一円もお金をもらえないということもあります。

 

正直、頑張って売上0円・しかも相手の法人との信頼関係をなくすというのはかなりきつい話です。

 

休みを犠牲にしてでも頑張れる人にはおすすめ

そういったことが日常茶飯事だったり、当然休みや仕事が終わった後に求職者から連絡があることも少なくないですし、状況に応じては休みである土日に面接などがあれば休みをつぶしていくこともあります。

 

なので、完全に仕事をオフにできる時間もない時もあります。

プライベートも犠牲にしながら働ける人でないと長く続かないと思います。

 

ただ成功すれば利益が出やすい業種だと思いますので、年齢が若くても年収を稼ぎたいという人はいいかもしれません。

あとは新しいことをやりたい方や、常に仕事でどこか外出していたいという方にもいいかもしれません。

-その他のお仕事

© 2021 NY Powered by AFFINGER5