職業体験談 介護職

介護職員の仕事内容や面接内容を紹介|老人介護施設での勤務は大変です

介護職員の仕事

今から15年ほど前に2年間、とある老人保健施設介護職員として勤務していたことがありました。

介護職員として働くことになったきっかけとしては、大学を卒業したもののちょうど就職氷河期に当たってしまい、就職活動をしていても内定を一つも取れないままで、このままではフリーターになってしまうと危機感を感じ、最も求人の多かった介護業界ならば仕事が見つかるだろうと思ったからです。

 

就職氷河期の中での職探しは過酷ですね。

 

介護の仕事を探していた時に、ちょうど自宅から通える範囲に2件の施設の求人情報が載っており、どちらも応募してどちらも採用の通知を受けましたが、先に採用の連絡をしてきた老人保健施設に就職することにしました。

 

こちらもCHECK

グループホームでの介護の仕事|正社員として働いていた私の仕事体験談

目次1 グループホームでの介護の仕事2 グループホームでの勤務で身につくこと3 グループホームの待遇 グループホームでの介護の仕事 半年間正社員としてグループホ ...

続きを見る

 

介護職員の面接から採用まで

その老人保健施設では面接は一応したものの、狭い事務所の片隅で持参した履歴書について詳しく尋ねられたり雑談を交えたりして行われ、選考という感じではありませんでした。

その老人保健施設での職員採用に関しては、とにかく現場にボランティアとして入ってみてから採用を決めるという方針だったようで、すぐに現場に入れられました。

 

就職難でも介護業界は人手が足りなかったんですね。

 

これは、当時から介護職員は手薄だったようで応募してきた人は働きたいという意志があれば、誰でも採用するようになっていたからだそうです。

そしてそのボランティアが実質上の研修にあたり、ボランティアといっても一応時給が800円ほどつきました。
研修はその後は時給のつかない完全ボランティアになったと聞きました。

そこで私は、比較的自立した生活が送れる利用者のグループの担当を1年、24時間介護の必要な利用者の多いグループの担当を1年ほどしていました。

 

こちらもCHECK

介護福祉士はやりがいのある仕事|面接・研修・1日の流れなどを紹介

目次1 介護職に就こうと思った理由2 介護職の面接、研修3 介護職の一日の流れ3.1 上記以外の仕事3.2 施設でのイベント4 介護職はやりがいのある仕事 介護 ...

続きを見る

 

介護職員の仕事内容・待遇

仕事内容

  • 8時半から17時半までの勤務で週に2回は入浴
  • 1日3回のおむつ交換と毎日のレクリエーションを同じグループの職員と交代でやる

 

仕事場には私たち介護職員だけでなく、看護師も数人いていつも厳しい目でチェックされていました。

私の職場では介護職員の立場は弱く、ちょっとでも仕事をやっていないように見えたら後で厳しく注意されることはしょっちゅうでした。

待遇も悪く、前理事長が介護職員は使い捨てだとはっきりと言い切っていたので、給料も最も重労働なのに最も安くされて、もし夜勤をしなかったら月に手取りが10万円もありませんでした

他の職種で認められていた女性の産休や育休も、介護職員のみにはありませんでした。

 

差別をされると仕事もやる気にならないですね。介護は素晴らしい仕事です。

 

こちらもCHECK

他業種から介護福祉士の仕事に転職|面接・研修・仕事内容を紹介

目次1 IT職から介護職員に転職2 介護職員の面接・研修内容2.1 面接時に気をつけること2.2 面接で聞かれたこと2.3 会社見学で見ておく所2.4 研修につ ...

続きを見る

 

また月に数回夜勤がありましたが、一応仮眠の時間が設定されていたものの、上司から仮眠は取ってはいけない、利用者の事故につながるから、と禁止されていました。

今でいうブラック企業のようなものでした。
当時は就職難でそんな悪い労働環境でも、何とか職員が足りていました。

ただどの職員も過労で腰などの体や精神的にもダメージを受けたりして、月に1人ずつが退職している状況になっていました。

 

 

激務の中働き続けた結果…

私もそのような環境で働いて、精神的にも身体的にも疲労してしまい、定期的に専門の医療機関を受診するようになりました。

そしてついに職場で倒れてしまい、実質上解雇のような形で退職することになりました。

私の場合は3か月後に結婚で退職することがすでに決まっていたので、退職の時期が早まっただけになりましたが、その後は景気も上向いてきたり他にも介護系の施設が多くできるようになったこともあってか、他の施設や全く別の業界に移ったりするなどして退職する人が相次いだと後から聞きました。

退職時には2年ほど働いていたということで、一応退職金を2万円ほどもらいましたが、その後も睡眠障害や自律神経失調症などのさまざまな症状に悩まされており、劣悪な環境で働いてしまったことが今でも大きく影響しています。

 

職場環境はとても大事だということがわかりますね。

 

現在は介護系の職場もたくさんあって、就職を希望するならよりよい環境や待遇を求めることは可能だと思います。

次に介護業界で働くならば、もっと強気になって自分の希望に合う職場を探して働きたいと思っています。

 

 

-職業体験談, 介護職

© 2021 NY Powered by AFFINGER5