海上保安庁になる為の採用試験・仕事内容|シビアな休日面も紹介



海の治安を守る海上保安庁での仕事


日本は島国という事で、世界中の国から見ても国土自体は小さいものですが、日本の海、つまり領海と排他的経済水域を含めると世界でも上位を占めるほどの範囲を日本の法律で統治していることになります。

この海の治安を守る仕事として、日本では国家公務員として海上保安官という仕事があります。

名前こそ聞いたことはありますが、詳しい内容をご紹介していきます。

海上保安庁に入庁するためには海上保安学校という訓練学校に入学する必要があり、入学するためには国家三種レベルの試験を受ける必要があります。


海上保安官になるための採用試験


海上保安庁は一言で「海を守る」と言っても、仕事内容は多岐に渡っています。

<海上保安庁の仕事内容>

  • 治安を守るための取締り
  • 海難救助
  • 海図作成のための海底地形調査
  • 船舶交通で必要な灯台や航路標識の保守管理 等

  • そのような沢山の仕事を手掛けられることに魅力を感じ、私も高校三年生の夏ころから海上保安庁の仕事がしたいと思い、採用試験を受けました。

    採用試験は筆記試験が一次に、二次試験は面接と体力試験がありました。
    晴れて合格後には京都府舞鶴市にある海上保安学校において一年間の集団生活をします。


    学校での生活規則は厳しく、女性である私は、肩にかからない程度に髪をバッサリ切らないとならず、先輩学生と衣食住全て、共同で生活をしないとならないこともあり、辛いことも有りました。

    女性として海上保安官の仕事を志望するのはとても頼もしいことです。

    ですが一年間耐えて何とか卒業出来た後は、希望の採用管区内の巡視船に勤務することとなりました。


    海上保安官はどういったことをするのか


    巡視船での仕事内容は主に取締りや海難救助をメインにするのが仕事でした。
    海の地形等を調査する巡視船と言うのは、海上保安庁内でも、たった二隻しかなく、そのほかの巡視船は殆どが警備救難業務という、取締りや海難救助がメインという仕事です。

    巡視船は一度仕事のために出港すると、一般的な商船と同じく4時間毎に当直体制を組み、例えば0時から4時までの当直となれば、その12時間後の12時から16時までの当直も行います。


    海上保安庁の仕事内容


    当直は主に三つのパートに分かれています。

    <当直の主なパート>

  • 船の見張りや操縦といった仕事を行う航海科
  • エンジンの管理をする機関科
  • 無線通信を行う通信科

  • このほかに海上保安官が巡視船内で食べるご飯を作る主計科というパートもあります。
    主計科だけは朝ご飯から夜ご飯までを作ることが仕事なので、航海科のような4時間毎の当直体制ではなく、朝から夜までの食事の支度の時間帯が仕事です。

    私は主計科でしたので、朝から夜まで規則正しい生活で寝起きが出来ましたが、当直体制を組む科は夜間も起きないとならないことから、大変そうでした。

    夜間もしっかり仕事をして海の安全を守っているのですね。

    当直だけを行うわけではなく、仮に海の上で海難救助を行う場合は、当直に関係なく仕事を行わないとならないので、船を操縦して当直を夜中にしようが、朝4時から当直を行って、その後に海難救助現場に到着すれば、当直を終えた後も海難救助作業を行わなければならなず、事案対応の時は勤務時間なんて関係なく24時間でも仕事をしないとなりません。


    会場保管官は休みに関してはシビアです


    休みはほかの公務員と同様、一応4週8休が割り振られていますが、事案があれば関係なく仕事となり休みは後日に繰り越されます。

    年末年始等の一般的な休みの日も、領海警備等の業務は関係なく行わないとならない仕事ですし、事案発生時であれば関係なく海に出て仕事をしないとなりませんから、一度出港してしまうと計画していた休みのプライぺート行事が頓挫してしまうなんてことも。

    お子さんがいる海上保安官の方であれば、子供の夏休みや冬休みに合わせて休みを取ることはなかなか難しい仕事なのは確かでしょう。

    それだけ大事な任務を課せられているので、自分は責任ある仕事をしているんだという覚悟を持って取り組みましょう。

    現在、私は海上保安庁を辞めました。
    今の旦那も海上保安官ですが、共働きをしてしまうと、二人の時間もほとんどなくなってしまうことから、結婚してからはこのような休み体制で家庭に従事できないことは確かなため、専業主婦で家庭を守ることとして、退職しました。

    勤務体制はなかなか大変ではありますが、それでも海を守ることは直接国際的な問題に触れることとなります。

    現在では日中間での尖閣諸島問題が浮上していますが、この警備対応に当たっているのも海上保安庁です。

    まさに国際問題の最前線で日本を守っているわけですから、海上保安庁という仕事にやりがいを持てるのではないかと思います。

    NY

    NY

    投稿者プロフィール

    名前:NY      性別:男  年齢:30代
    出身地:岡山  趣味:読書・旅行・テニス

    就職・転職・資格取得に役立つサイトを作ろうと思い作成しました。
    このサイトでは実際に各業種で働いた人達・資格取得をした人達の体験談を載せいています。
    少しでも皆様の就職・転職・資格取得に役立てば幸いです。

    この著者の最新の記事

    関連記事

    ページ上部へ戻る