看護師として大学病院で働くための就職試験内容・仕事内容を紹介



大学病院での看護師の仕事


私は、6年間大学病院で看護師をしていました。
今回は、看護師という仕事について私の経験をご紹介します。

高校生のとき、進学校であったので自然と大学受験を勧められました。
私は、将来を考えたとき、何か人のためになる仕事をしたいと思いました。

医療にはもともと興味があったので、患者さんの一番そばで支えられる看護師という仕事を選びました。実際、独りで生きていくことになっても、経済的な安定があるという安心も一つの理由でしたが。


就職試験の内容


そんな形で、大学を卒業し病院に就職しました。

<就職試験内容>

  • 小論文
  • 面接
  • ただ、市立病院など市が運営している病院では市の職員として働くことになるので、また別の筆記試験は必要になります。

    小論文の内容は医療全般に関することであったり、看護師になったら何がしたいかなどのよくあるような内容です。

    小論文が苦手な人には少し大変ですが、内容に工夫しながら書いていくといい文章が書けるはずです。

    私の時には、最近の医療のニュースで気になったことと、それに対するあなたの意見を書いてくださいという内容でした。
    面接では、なぜ看護師になろうと思ったのか、どういう看護師になりたいかなどが聞かれます。


    病院選びも大切


    看護師として就職するにあたって、病院選びは大切です。
    まず、自分がどういう風に仕事をしていきたいのかということです。

    ある程度勉強をして、しっかり働きたいのか、それとも仕事もほどほどにプライベートも充実させたいのかなどです。

    まず、急性期の大きな病院に行けば、新人は勉強することも多く、残業もとても多くなることはある程度覚悟しておいた方が良いです。

    そして、それがベテランになっても仕事はできるようになりますが、業務量が増えていく一方なので残業時間はさほど変わりませんでした。

    ただ、新人であれば最初の研修でいかに学ぶかが大切なので、ある程度研修制度がしっかりしている病院のほうがのちのちの自分のためになります。
    後から転職した場合に、何を学んできたの?と言われたくないですもんね。

    研修に力を入れている病院だと自分のキャリアアップにも繋がりますし、学ぶことはしっかり学んでしっかり身につけましょう。

    看護師の場合には転職があまり難しくはありません。
    働きながら転職をしている先輩方はたくさんいます。
    なので、まずは勉強したいから大きな病院に入っていずれは転職しようという考えもありです。

    病院選びに意外と大切なのがカルテです。
    最近はほとんど電子カルテに移行してきていますが、紙カルテの場所もいくつかあります。
    医師の字はすべてが読みやすいわけではないので、私は電子カルテをおすすめしますね。

    また、病院の施設が新しかったり、清潔であると仕事へのモチベーションが上がります。
    そういう面でも、選んでもいいかもしれません。

    私立は接遇に厳しいこともありますが、公立病院は最低限のマナーで大丈夫です。
    私立病院になると、患者さんからお金を頂いているという意識が高いようです。


    看護師の給料面・仕事内容


    【給料面】

    給料面では初任給で約20万程度でした。最初は夜勤の回数が少ないので手当もつきませんが、徐々に夜勤をするようになると給料もあがります。

    しかし、夜勤の手当も、祝日出勤の手当も病院によって大きく変わりますのでトータルの給料も、同じ時間働いても5万以上月額が違うことなんて多々あります。

    【仕事内容】


    (午前中)
  • 申し送りで夜勤から引き継ぎ
  • 朝食後の内服を介助
  • 手術の準備
  • 患者さんの清潔ケア
  • 入院患者の説明
  • 昼食前の薬の配布
  • 昼食介助をしながら順番に休憩に入る


  • (午後)
  • 検査に呼ばれた患者を搬送
  • カンファレンスを行う
  • 残っている業務をして夜勤への引継ぎ

  • その間にもナースコールの対応をしたり、トイレの介助をしたりと大忙しでした。
    可能であれば記録を合間の時間にできますが、大体は夕方から記録をまとめてやるので残業が長くなるのだと思います。

    大変なことは、やはり残業も多く疲れがとても溜まることです。

    夜勤もしているので生活リズムも乱れますが、患者さんに感謝されたり、信頼関係ができると嬉しくなります。
    そして元気になっていく患者さんを看ているとやりがいを感じるのです。

    時には、家族とお看取りすることもありますが、きちんと向き合って本人が辛くないように、また家族のサポートをするのも大切だと気づくことができました。

    死と直面する仕事ですが、その死と一番間近で向き合える看護師として患者さんやご家族に何をしてあげられるか考える時間を作るといいですね。

    命に関わる仕事なので、責任が重くのしかかることもありますが、独りで働いているわけではないので、チームで協力すればお互いをサポートできます。

    業務も多く、大変ですが、人と接するのが好きな方は向いていると思います。

    NY

    NY

    投稿者プロフィール

    名前:NY      性別:男  年齢:30代
    出身地:岡山  趣味:読書・旅行・テニス

    就職・転職・資格取得に役立つサイトを作ろうと思い作成しました。
    このサイトでは実際に各業種で働いた人達・資格取得をした人達の体験談を載せいています。
    少しでも皆様の就職・転職・資格取得に役立てば幸いです。

    この著者の最新の記事

    関連記事

    ページ上部へ戻る