職業体験談 その他のお仕事

雑誌のレイアウト作りの仕事|私が経験した珍しいアルバイトでのこと

雑誌の編集を行う会社で見習いとしてアルバイトをしていました。

もともと愛読していた雑誌の編集だったので、心躍らせながら緊張感ないまま始まったアルバイト。

現実は厳しいもので、大変な仕事内容・不規則な勤務時間に自分の不甲斐なさが浮き彫り状態でした。働く前にしっかり詳細を確認することが大事ですね。

雑誌のレイアウト作りの仕事

私が昔体験した、珍しいアルバイト……それは、ホビー系雑誌の紙面作りの仕事でした。

今思うと、本当に足を引っ張り続けて恥ずかしい黒歴史なのですが。
今はもう廃刊(休刊?)した、「○○○ロード」という雑誌です。

 

 

レイアウト作りのバイトに出会ったキッカケ

そのバイトと出会ったキッカケは、当時の学校の就職課で、紹介されたことでした。
その時の私は就職活動中で、「面白い仕事がある」と紹介して頂きました。

 

募集内容はさほど難しいようにも思えませんでしたし、編集部の場所は、都心から電車で一本。

何より、その雑誌は私が昔から愛読してきたモノでした。
漫画、アニメ、小説に旅特集。

グルメに文通募集(懐かしい)、読者が手掛ける表紙、漫画、映画やイベントのレポートなど、かなりバラエティーに富んだ内容です。

今のようにインターネットやSNSが発達していない当時、私にサブカルチャー的なモノや、二次創作の世界を教えてくれた雑誌でした。

 

「名物編集長のKさんや、スタッフの方に会える!」「 好きな雑誌の編集風景を見ることが出来る!」

そんな、ミーハーな気持ちも大きかったと思います。
それが、そもそも間違いだったのですが。

 

憧れの雑誌の編集の仕事に就けると思うと嬉しくてたまらないですね。

 

 

レイアウト作りの仕事内容

面接は、会社近くのイタリアンのお店でした。
ご飯をご馳走になりながら、編集長に仕事の内容や、やる気のほどなどを説明されたり、訊かれたり。

「食べながら面接とは。さすが、グルメで鳴らしたK編集長」
と感心したのを覚えています。

 

見習いとして内定獲得

そして、まず見習いとして学校の傍ら、通うことに。
しばらく仕事を見て、問題なければ本採用で就職だと言われました。

そして、私がノンキでいられたのは、ここまででした。

まず驚いたのは、編集部の狭さ、雑然とした様子に、空気の悪さでした。
はっきり言って、あまりキレイではありませんでした。

 

私が任された仕事

  • 読者から投稿されたイラストを誌面に載せる為に、縮尺を計算する
  • 紙に製図用のシャープペンで、レイアウトを作る

当時もパソコンによる作業が盛んだった中、そこは珍しいアナログ派でした。
今から、十年以上前です。

まず、縮尺を出す計算。
これが、算数数学が苦手な私には、まず難問でした。
そして、レイアウト作りも。

ほんのコンマ数ミリズレているだけで、誌面上の作品が上手く納まりません。

 

計算力も必要になってくると頭フル回転ですね。

 

憧れとは裏腹に苦労の日々

センスと正確さ、そしてやる気が不可欠……恥ずかしながら、浮わついたミーハー気分の私には、そのどれもが欠けていました。

そして、働いてお金を頂くということへの責任感や、覚悟も。

 

今思うと恥ずかしくて情けなくて、頭が下がります。
悪い意味で、学生気分丸出しだった私。

 

締め切りと格闘しながら必死で作業する他のスタッフには、さぞかし腹立たしい存在だったでしょう。

やってもやっても上手くいかず、厳しい指摘をされ、私も辛かったですが。
そんなお荷物をしょいこんだ他の方のほうが、災難だったハズです。

 

 

編集系につきものな不規則な仕事

のほほんとした学生の私には、ビジネス街で働くことも、ピリピリした現場も、そして編集系の仕事につきものな不規則な仕事も、全てがハードでした。

終わらない限り、誰も帰ることが出来ません

そして私は足を引っ張っているので、なおさら帰り難く……結局いつも、終電ギリギリまで作業していました。

 

我が家まで距離があったので、帰宅はいつも夜中の一時、二時

お腹が空いて、コンビニのパンをかじりながら歩いた日も。

真冬だったので寒いし、暗いし。翌日は学校だし。
甘い気分で挑んだ私は、色々なことにコテンパンにされ、衝撃を受けました。

 

限界を感じ辞退

しかも、足を引っ張るクセに、バイト料まで頂いてしまい。

数ヶ月で断りと詫びを言い、辞めさせて貰いました。

 

そしてその後、「時間が不規則じゃない」、「デザイン系じゃない」仕事を探し、それに就きました。

ご迷惑をかけ通しでしたが、自分が何が嫌で、何が向かないか分かったのは、収穫でした。

 

一つの経験がその後の就職に役立つこともあります。糧にしましょう。

 

-職業体験談, その他のお仕事