理学療法士の資格取得方法・試験内容・難易度を紹介|リハビリ職に有利



理学療法士の資格


不景気が続く昨今では仕事探しも一苦労です。大学を出ても正規雇用の仕事に就けるかどうか。
近年は非正規雇用問題も大きく世間を騒がせています。

また、やっと就職できてもブラック企業だったということも少なくありません。
残業や薄給。しかし労働者という弱い立場では泣き寝入りする人がほとんどでしょう。

こう考えると、資格などの手に職をつけたいものです。
手に職があれば就職でも有利でしょうし、また転職もしやすいでしょう。
そんな資格の中で今日は理学療法士の資格を紹介したいと思います。


理学療法士とはどのような資格か?


理学療法士という仕事を知っている人はどれくらいいるでしょうか。
まったく知らないか、名前程度知っているという人が多いのではないでしょうか。
理学療法士とは複数あるリハビリ職種の一つで国家資格にあたります。

理学療法士は主にリハビリの仕事を行います。
リハビリの仕事はその資格によりすることが変わります。

リハビリをする内容によって必要な資格は異なるので、最初の情報収拾の段階で違いを知っておきましょう。


理学療法士の場合は、けがや障害により歩いたり立ったり手を使ったりすることが難しい人のリハビリを担当します。

この「立つ」や「歩く」、「姿勢を維持する」など私達が何気なく普段やっていますが生きていく上で欠かせないごく基本的な動作をリハビリ業界では「基本動作」と言います。

理学療法士はこの基本動作のリハビリを行う仕事です。
ちなみに「自転車に乗る」や「ペンで字を書く」などはこの基本動作が出来てはじめて成り立つ応用的な動作です。

この応用的な動作は理学療法士がリハビリを行う場合もありますが、別のリハビリ資格である作業療法士が担当することも多いです。

厳密に区別はしませんが、理学療法士は基本動作のリハビリを行うと考えると現場のイメージがつきやすでしょう。


取得方法、試験内容、難易度


<取得方法>

理学療法士の資格は所定の大学に入学し、講義を受けて単位をとります。
そして同時に実際の病院に行き数カ月の実習を行います。

この講義と実習両方をクリアできた人が卒業し、卒業できた人だけ理学療法士の国家試験を受けることができます。
この国家試験に合格することで理学療法士になることができます。

<試験内容>

理学療法士の国家試験はマークシート方式の選択問題です。
先ほど書いた通り、国家試験を受けることができるのは大学在学中の実習をクリアしたことができた人のみです。

つまり大学在学中に実技は済ませたことになります。
そのため国家試験自体は筆記のみのテストで実技試験はありません。

<難易度>

国家試験の合格率はその年によって多少前後しますが、おおよそ8割から9割で合格する人が多数派です。
よほど周りと比べて勉強をさぼっていない限りは合格できるでしょう。

比較的取得しやすい資格ですが、その分資格内容はきちんと把握しておきましょう。



理学療法士の資格の良いところ


理学療法士の資格は就職に有利です。
なぜなら、当然ですが理学療法士の仕事は資格を持っている人しかできません。

リハビリとして理学療法を行い、診療保険を請求するためには理学療法士の免許が必要だからです。
つまり病院として利益を上げるためには免許を持った人しか基本的には雇わないのです。

現在は高齢化が進みリハビリの需要は伸びています。
そのような中で理学療法士の資格は医療現場の就職には有利です。

ちなみに看護師など他の医療職と違い、理学療法士は基本的に夜勤などもない職種です。
そのため労働環境も比較的良好で、女性は子育て中でも仕事はやりやすい医療職です。

また、理学療法士は一般に病院に勤めることが多いですが、それ以外の企業に就職する際も有利です。たとえば医療器具メーカーがその筆頭です。

介護用のベッドや車いすなどについて専門的な知識を活かせるので資格を持っていると就職が有利なります。

リハビリの仕事だけでなく、医療関係の仕事にはとても有利な資格です。

<病院以外で役立つ理学療法士の資格>

  • 障害者施設
  • 老人ホーム
  • 運動器具メーカー など
  • NY

    NY

    投稿者プロフィール

    名前:NY      性別:男  年齢:30代
    出身地:岡山  趣味:読書・旅行・テニス

    就職・転職・資格取得に役立つサイトを作ろうと思い作成しました。
    このサイトでは実際に各業種で働いた人達・資格取得をした人達の体験談を載せいています。
    少しでも皆様の就職・転職・資格取得に役立てば幸いです。

    この著者の最新の記事

    関連記事

    ブログランキング



    ブログランキング・にほんブログ村へ
     


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    ページ上部へ戻る