<?php wp_head(); ?>

新卒で入社した会社がブラック企業だった|会社選びで最優先する条件



営業職の仕事をしていた時のこと


以前私は損害保険会社の地域限定総合職として新卒入社で勤務していました。

入社を決めた理由は、「人の良さ」です。
説明会やインターンシップで、「会社の好きなところはどんなところですか?」「職場の雰囲気はどうですか?」と複数の社員の方に聞きました。

すると、どなたもそろって「人が良い」と言っていました。

何をするかよりも、誰とどんな環境で働くかを軸に優先して就職活動をしていたので、これだけの人が「人が良い」と言っているのだから、きっと職場環境もいいに違いないと思い、この会社を選びました。

その他にも、女性が働きやすい制度が充実していることも決めての一つでした。

Check! ☆ベネッセの就活支援サービス【dodaキャンパス】
dodaキャンパスのメリット
1.ベネッセだから安心!
2.オファー受診率98%!
3.意外な出会いあり!
↓↓↓
≫お仕事探しなら『dodaキャンパス』で!!«


パワハラチームリーダーがいるチームに・・・


もともと人と関わることが好きだったので、自分の希望で営業部門に配属されました。

社員が直接保険を売るのではなく、代理店を介して販売しており、私はその代理店に「もっと売ってください!」と営業をする部署にいました。

1年目の時は課内のメンバーもよく、気持ちよく仕事ができていましたが、問題は2年目でした。
課内がメンバーがシャッフルされ、ハズレのチームリーダーに当たりました。

その人は外面はよく上司にはヘコヘコしているのに、新人や特に女性社員には高圧的で、ミーティングでは自分の武勇伝しか喋らないような人でした。

そして最悪なことに2年目のチームはその男性社員以外みんな女性で、男性の高圧的な態度は激しさを増し、矛先は最年少の私に向かいました。

チームミーティングを1時間以上だらだらと続けた後(そもそもなぜかチームミーティングが業務時間外の17時から始まる)、個別に部屋に残されて一対一で1時間近くひたすら詰められる、ということが増えました。

数字目標になぜ届かないのか、俺が若い頃はこんなに汗水垂らしてやってたんだぞ、気合が足りないんじゃないか?こちらが口を開く隙もなく、ただひらすら文句を言われ続ける時間が続きます。

当の本人が優秀であれば、有り難いお言葉として頂戴できるのですが、決してそういう訳でもなく。
50代を超えても課長になれず現場で仕事をしているので、出世できていないのです。

自分のことは棚に上げて大口を叩く上司っていますよね。


もちろん、その方にも得意なこと(分野)がありましたが、事務的なことは丸っきりダメで、担当を引き継いだ後に、その人が担当していた時の事務的なミスが発覚したり、たまたま内線をとったらその人に対する他部署からのお怒りの電話だったり、とにかく問題だらけでした。

Check! ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メディア掲載実績多数!【退職代行ガーディアン】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・低費用で確実な退職代行
・会社や上司へ連絡不要!
・東京都労働委員会認証の合同労働組合

▼詳細はこちら
【退職代行ガーディアン】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


パワハラだけでなく、アルハラも


そして、悪態はミーティングだけでなく、飲み会にも及びました。

私は体質上お酒が飲めません。
両親ともお酒が弱く、私はコップ一杯のビールで吐いてしまうことも度々です。

しかし、若手ということもあり、月に1回の社内の飲み会はきちんと毎回出席していました。
他の社員の方は私がお酒が飲めないことを承知で「烏龍茶を頼んでいいよ」と声をかけてくださいます。

なので、毎回烏龍茶を飲んでいました。
しかし、その男性社員が近くに座ると、毎回絡まれ「なぜ酒を飲まないのか」「酒が飲めないのになぜ営業にきたんだ」「酒は吐いて強くなるものだろう」と飲酒を強要してきました。

お酒が弱いのに営業職を希望することは悪いことなのでしょうか?世間にはお酒の強さに関係なく仕事ができる人はたくさんいますし、部署の配属は人事が決めることでありそこにお酒の強さは関係ありません(もちろん面接でもそんなことは聞かれません)。

実際お酒を飲む機会は圧倒的に社内の飲み会であることが多く、営業先と飲みに行くことはほとんどありません。

もし営業先に飲みに誘われたとしても、特に女性社員は問題に巻き込まれるといけないので、男性の先輩または上司とセットでいかなければいけません。

飲みに行って営業先と仲良くなったとしても、保険商品を買うのは、営業先の人ではありません。


周りも諦めきっていた


古い会社で、どちらかというと体育会系で、その男性社員も理不尽に叩かれて育ってきたのでしょう。
だからこうやって50歳を過ぎてから周りに八つ当たりしているんだろうと思います。

周囲も私がこのような扱いを何度もされていることを知っていましたが、「そういう人だからしょうがない」「この人を耐えれれば、今後どんなに酷い上司に当たっても平気だよ」と励ましにもならないような諦めたようなことしか言われませんでした。

その男性社員(チームリーダー)以外の課長や先輩方はとても優しくて良い方ばかりでした。

しかし、周りも心配はしてくれるけれど、その男性社員に何か働きかけるわけではありませんでした。

それは、それによって矛先が自分に向かうと面倒だからです。
また、合併を繰り返してきた会社なので、様々な人がいて、業務も多くて、しかし利益を出すために人員削減を行っているので、一人当たりの業務量が年々増加しており、みんな自分のことで精一杯というのが現実でした。

同期に聞いた話では、部署の女性の先輩(40代)が夜9時過ぎにパソコンで仕事をしながら一人で涙を流していたそうです。

私の先輩も家に着くのは9時過ぎでそれから料理を作って家事をして、晩御飯を食べるのは10時くらいだし、寝るのはいつも1時を過ぎると言っていました。


改めて思う、あの会社の良かった点


その後、私は結婚を理由に退職しました。
一部の方は私がパワハラに耐えきれず退職を決断したことを知っていました。

しかし、表向きは寿退社として円満に退職することができました。
今は別の会社に務めており、あの時見切りをつけて良かったなと今では思います。

別の会社に勤めていることもあり、今改めて振り返ると、保険会社に務めるメリットもいくつかあります。

まず、お給料です。
私は地域限定の総合職だったので、全国転勤型の同期よりもやはりお給料は少なかったですが、地方なので周りの友達と比べると多い方でした。

また、特に金融系はボーナスの額が大きく、正直今の会社とも比べものにならないくらいもらっていました。

私の当時の同期も、次のボーナスのことを考えたら辞められないと言っていました。

給料が良いと、嫌な職場でも我慢して働き続ける人も多いでしょうね。


もう一つは、制度です。
大きな会社なので、福利厚生や子供を産んでも働ける制度は充実していたと思います。

福利厚生の一環で専用サイトを利用してホテルに安く泊まれたり、レンタカーを安く借りることができたりしたので、とても重宝していました。

あとは、同期が多かったことです。
大手の一括採用で同期の人数が多く、頻繁に集まっていました。

しかし、今考えると、同期の中には何人か鬱状態になって辞めた子や休職している子もいるので、やはりブラックな会社なんだと思います。

自分は身体を壊す前に辞められたので、まだマシな方かもしれません。


これから大手損害保険会社を目指す方へ


もしあなたが会社選びで掲げている条件で、給与を最優先に考えているなら、損害保険会社はぴったりだと思います。

全国転勤型の総合職社員は30代で一千万いく人もザラです。

地域限定型は年数が経ってもそこまでお給料は上がりませんが、他よりもらえる方だと思います。

一方で、部署にもよりますが、概ねどの部署も忙しく、みんなが自分のことで精一杯です。

残業も普通にあります。
言い方は悪いですが、素直で根が優しい人よりも、根性があるというか、少し曲がった人の方が向いているかもしれません。

合う人には合う会社だと思います。ぜひ頑張ってください!

NY

NY

投稿者プロフィール

名前:NY      性別:男  年齢:30代
出身地:岡山  趣味:読書・旅行・テニス

就職・転職・資格取得に役立つサイトを作ろうと思い作成しました。
このサイトでは実際に各業種で働いた人達・資格取得をした人達の体験談を載せいています。
少しでも皆様の就職・転職・資格取得に役立てば幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

ブログランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ
 


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る