レストランの厨房のアルバイトで洗い場担当をしていた時の仕事内容を紹介



レストランの厨房でのアルバイト勤務


私は、地元のレストランの厨房で短期でアルバイトしてたことがあります。
話には聞いていましたが、やはり今改めて思っても辛かったです。

厨房の中でも私は洗い場担当でした。
入社当初は、何度教わっても理解できずにチーフに怒られてました。
洗い物の他にも仕事は沢山あったので入る前は、洗い物できればいいのかななんて軽い気持ちでいたので反省しました。

お客さんに出すお皿を洗うので、家でする皿洗いとは全く違います。


厨房には何年も働いていて、何でもできるあだ名は、「こんちゃん」というおばさんがいて、厨房の中には、チーフ、副チーフ、こんちゃん、私の4人で常に仕事をしていました。


レストランでの一日の仕事


朝出勤すると、毎日違う仕事から始まります。
決まっているとやり易いのですが毎日違うと、チーフに何から仕事をすればいいかを確認してからになるのでとても大変でした。

出勤してから1時間は仕事をしてその後、1時間の休憩に入れるのですが、休憩前の1時間はお客様も全然来ないので下準備や、まかないの準備でした。
洗い物も朝から大量にある事もありました。

休憩が終わった後がピークなのでひたすら暑い中で洗い物に追われました。
ピークが13時から16時頃まででした。短いようで長い戦いでした。
休む間も無く洗い物が出てくるので洗っては食器を乾燥させて片付けて、そしてまた洗い物。

半端ない量のお皿を手際よく綺麗に割らずに洗うということはなかなか簡単にはできない仕事です。


立ちっぱなしなので足はフラつき、それでも座れず、汗もひたすら出てきて、真夏は本当に倒れる寸前でも仕事なので頑張ってました。

ピークが終ると少し気持ちに余裕が出来るのですがオーダーは入り続けるので洗い物の他に料理の手伝いも頼まれていました。

ピーク時は、厨房内の会話が出来ないほどみんな忙しく、ホールの方々も私たち以上に行ったり来たり、重たいものを運んだり、お客様への接客もあるので、精神的にも大変だったと思います。
厨房はお客様も顔を合わすことはないのですが私からしたら接客が羨ましく思えました。

洗い物をしてる時は半端ない数の洗い物が一気に来るので誰よりも追われていて少しでもペースが乱れるとみんなに影響を与えるので他の人が話をしていても私は食器と睨めっこでした。

汗を拭く暇もなく、夏は水分補給をしつくこ言われておりほんの一瞬の時間をつくり、水分補給をしていました。


厨房の仕事は体力勝負!


厨房は、週に6日でしたので本当にキツかったです。
せめて、2日は休みほしいとずっと思っていました。
時給制で850円程だったと思います。

ただ洗い物が出来ればいいと言うわけではなくやはり、体力勝負だと思いました。
学生時代はずっと運動部でしたので体力はある方だと思いましたが、暑いのが苦手、覚えるのが苦手で、正直辛かった思いしかないです。

立ちっぱなし、手も荒れてくる、体調面のケアはとても大事ですね。


風は入って来なくて、火を扱ってるので暑いの次元を超えていました。
覚えることは仕事なのでやっぱり色々ありました。
慣れてくればいいと言うわけでもなく正確性も大事です。

会社内の雰囲気はとても良く、休憩の時は唯一の楽しみであり、ホールの方々と色々な話をして楽しんでいました。

帰りも会社から出て、同僚の人たちとお話しをするのが楽しみで、仕事の話がメインで、その時に悩みや仕事の相談などもしていました。


この仕事を辞めた理由


厨房を辞めた理由は、厨房内は床が滑りやすく、滑りづらい靴を履いてたのにもかかわらず、急いでものを取りに行く際に足を滑らしてしまい、転んだ際に腕を骨折してしまいました。

腕を骨折しては、洗い物なども仕事にならないので仕方なく仕事を辞めてしまいました。

自分の不注意ではありますが、厨房内の床は本当に水が結構溢れているので、急いでいても注意が必要だと思いました。

そして、厨房はとても暑いですが夏は水分補給をこまめにとり、熱中症対策をしっかりしないと体調を崩すので気をつけないといけないです。

NY

NY

投稿者プロフィール

名前:NY      性別:男  年齢:30代
出身地:岡山  趣味:読書・旅行・テニス

就職・転職・資格取得に役立つサイトを作ろうと思い作成しました。
このサイトでは実際に各業種で働いた人達・資格取得をした人達の体験談を載せいています。
少しでも皆様の就職・転職・資格取得に役立てば幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る