職業体験談 販売業・レジ業務

デパ地下の洋菓子販売員|イベント時期は大忙しでもやりがいを感じます

デパートの洋菓子販売の仕事をしていました。

アルバイトでしたが、百貨店ということもあり、たくさんのお客様と接することで、接客術や笑顔など、自然と身につくことができました。

接客業は自分を成長させる仕事だと思いますので、仕事探しに迷っている方・対人能力を身につけたい方にはぜひおすすめです。

デパ地下での洋菓子販売の仕事

私は実家が自営業でお惣菜の製造販売をしていて、幼い頃から手伝いをしていたので、人に物を売る仕事に興味を持っていたので洋菓子の販売員の仕事に携わりました。

面接前に先ず店舗にお客として出向いて雰囲気などを見に行き、自分がその店舗やお菓子が好きか、馴染めるか確かめに行き、面接時は清潔感ある服装を心がけ、飾らない言動で受けました。

 

こちらもCHECK

百貨店のデパ地下でアルバイト|食料品売り場での仕事内容などを紹介

目次1 デパ地下でのアルバイト2 デパ地下での面接3 デパ地下の仕事内容3.1 朝出勤してからの開店準備の流れ4 良かったことも悪かったこともいい経験4.1 こ ...

続きを見る

 

店舗配属後の仕事内容

内定後はまずアルバイトとして本店での作業と販売の仕事を携わり、1ヶ月後に希望店舗へ配属されました。

洋菓子店での仕事内容

勤務形態:早番、遅番、イベント時に応じて中番がありました。

  1. 朝の開店準備の掃除、品出し、予約の確認、朝礼
  2. オープン後は接客応対、在庫チェック、商品発注、納品対応、場合に応じてクレーム対応
  3. 閉店対応、売上管理、在庫整理、終礼

以上の内容を経験年数に応じて手分けして対応します。

私は店舗の中では1番の年上で下っぱだったので、初めは周りが私の扱いに困っていたように思いました。

先ず最初にそこに私個人も困りましたが、なるべく取っつきやすい様にこちらから話しかけ、壁を取り除くことに専念したのです。

 

自分の立場を把握し、同僚との距離を丁度よく縮めていくことが今後の仕事の進め方に影響していきます。

 

後々後輩の年下が出来た時は楽でしたが、働くことへの価値観の差が学生と社会人とで異なっていたのでそこでも苦労しましたが、同僚とで飴と鞭とを使い分け対応して行ったので辞めていく者は少なかったように思います。

 

 

忙しい中でもやりがいを感じる仕事

クリスマスやバレンタインのイベント時が1番売上が見込める時なので、在庫のチェックや包装などの対応に追われ、規定の就業時間が変則になり過酷です。

しかも、その時のお店の場所が出入り口付近にあり、食品を扱っているので室内温度を上げることが出来ず寒さに凍えながら対応し、体調管理には1番に気をつけました。

 

百貨店事態もノロウィルス発生に敏感で、1ヶ月前からの生牡蠣などの懸念されるものを食す事への注意書きをあちこちに掲示していました。

 

自然と対応力が身につく

次から次へと対応するので、その場の判断力や対応力は身につくのではないかと思いますし、販売員ならどんな時でも笑顔での対応力が身につくのではないかと思います。

事実私は身に付き、忙しいながらでも周りやお客様の様子、在庫を確認しながら後輩に指示をだし、スムーズに対応出来ていたと思います。

 

忙しい中でも環境や人に恵まれると楽しみながら仕事ができますね。

 

こちらもCHECK

 

デパ地下勤務で嬉しかったこと

大変な事ばかり書きましたが、嬉しいこともありお客様から顔を覚えられ「貴方がいるから買う」って言ってくださったり、繁忙期終わりの閉店音楽を聞いた後の達成感や周りの店舗との讃えあう時は何とも言えない心地になります。

これだけの達成感はありますが勤務時間はマチマチで給料面はあまり見合ってないと思います。

 

アルバイトならば働く分だけ稼げるが、時間外が認められないお店だったので正社員だともっと大手の店舗の方が安心です。

しかし閑散期になればシフト調整できればしっかりと休む事ができると思います。

事実私の同僚は年2回程ディズニーランドへ旅行へ行っていました。

 

 

デパ地下の洋菓子販売はいい経験になりました

辞めた理由としては店舗閉店だったのですが、大きな理由は本店との意思疎通が出来なかったことです。

事あるごとに在庫に対しての考え方が合わず、イベント時に商品がなかったり、傾向とは合わない新商品を持ってきたりして、毎日のコミュニケーションは電話もしくはFAX、あとは納品時の10分程度の時間だけでした。

 

どれだけ改善を求め出向きましたが、オーナーの意思があるため結局続けるには雇用の面でも心配になり辞めることにしました。

店舗自体はお客様からの認知も増えていた所で、百貨店自体も盛り上がりを見せつつあった時でしたが、店舗継続には人出の事や今回の意思疎通の難しさがあったのか店舗閉店に至ったようです。

結局3年勤めましたが、私には良い経験となり今後も携わっていきたいと思う仕事です。

 

こちらもCHECK

 

繁忙期だけを見ると大変であり、休みもイベントによって休みが取れないため家族や友だちなどと合わせる事が出来ないので仕事に携わることを辞める人もいます。

それでもお客様の顔を見て、物をアピールし、その先の笑顔を想像する事によって得られる達成感はなかなか味わえるものではないでしょう。

 

-職業体験談, 販売業・レジ業務

© 2021 NY Powered by AFFINGER5