幼稚園教諭になるには|試験内容・幼稚園が欲しい人材を紹介



幼稚園教論


なぜ、幼稚園教諭になりたいと思った?
皆さん、夢を描き、希望に満ち溢れ、なりたかった職業の幼稚園の先生

なるには、いくつかの試練があります。
少子化に伴い、先生になれる枠も少ないです。
どなたかが寿退社又は、なにかしらの事情でお辞めになられないと、基本は、求人を出しません。

幼稚園も長く続けてくれる先生が欲しいため、新卒採用を主にされているので、転職組は、実技での率先力のある実践に使えるスキルが優れていないとどんなに優しく、どんなに希望しても採用を頂くのは、厳しいと思います。


幼稚園が欲しい人材


ピアノ、図画工作が得意。
この2つを極めているとだいぶん、プラスになると思います。

あと、字が綺麗だとか、子どもに良いと評価されるものを一つでも多く習得して履歴書の資格の欄に記入できると、とても、幼稚園側から見たら喉から手が出るくらい欲しい人材になると思います。

幼稚園とは言え、経営です。
あまりにもお仕事をしてくれない先生は、実際、不必要です。
保護者からのクレームは、幼稚園の価値を下げてしまう要因の一つです。

何よりも、先生は、幼稚園の顔でもあるので、幼稚園のカラーに適合し、常識があり、事務的な作業もサクサクとこなし、且つ子どもをしっかりと見てくれる先生を採用します。



実技、筆記


【実技】
園によって様々で、私が受けた園では、AKB48のフォーチュンクッキーがアタマから最後まで自由に、なんでもいいので踊ってくださいというのがありました。

ダンスなんてしたことないので、飛び跳ねる、回る、ラジオ体操もどきを繰り返すしか、頭に浮かばず、タコ踊りかアホ踊りだったと思いますが、その当時は、必死でした。
その園とは、ご縁がありませんでしたが、良い体験になりました。

【筆記】
一般常識の漢字や簡単な計算、普通の企業と変わらないと思います。
そして、ピアノの実技。
これは、必ずあると思います。

ヘタクソでも、弾ける曲と課題があると思うので、とにかく、手が何も考えなくても、見なくても目をつぶっても手が弾いてくれるまで、練習していたら、何も怖くありません。

緊張してても、手が勝手に弾いてくれるだけ練習してきた!という自信さえあれば、緊張しょうが何が起きようが、やれる事は、やった!と後悔はないと思います。

そういうところを面接される園の方は、見てらっしゃるのではないかなと私は、思います。



働きたい熱意をぶつけましょう!


人間対人間のお仕事です。
子どもを育てるという所は、子どものお手本になるお仕事でもあります。

ですから、先生でいる時間は、どんなに悪い性格、口が悪い、小心者、短気、彼氏がいない(関係ないですが)いろんな事情があろうとも、先生は、先生です。
なりきれる、やりきれる人が採用してもらえる近道だと思います。

最初は、猫をかぶっていてもいいんです。
採用していただけるように、自分を上手く見せるのも、それと、技術です。
腐りかけのりんごより、美味しそうなりんごの方が欲しいに決まっています。

ぜひ、自分の自信がある長所をこれでもか!とくらいピックアップし、主張してください。
第一印象はとても大切です。
みんながなりたい職業、誰にもその席は、譲りたくない!それくらいがっついてくれる先生なら、即採用です。

パーフェクトな人間は、誰もいません。
でも、一生懸命な人間は不器用でも、頑張っているのは相手にも伝わります。

上辺だけやってればいいや、受かればいいや、くらいだと今の幼稚園教諭、教育関連は、厳しいと思います。
それくらいなら、教職は、つかないでいただきたく思います。

子どもの笑顔は、屈託なく本当に素晴らしいかけがえのないものです。
その笑顔の隣でお仕事できる素敵な職業だと思います。

なるからには、少しくらい 嫌な事があっても、必要とされて、厳選されて、私は、先生になったんだっ!!っと壁を蹴っ飛ばして打ち壊していってください。

私の体験談が少しでもお役に立ち、読んで下さった方が多く採用され、素敵な先生になって、子ども達と共に、笑顔で毎日過ごせる事を願っています。
ありがとうございました。

アバター

NY

投稿者プロフィール

名前:NY      性別:男  年齢:30代
出身地:岡山  趣味:読書・旅行・テニス

就職・転職・資格取得に役立つサイトを作ろうと思い作成しました。
このサイトでは実際に各業種で働いた人達・資格取得をした人達の体験談を載せいています。
少しでも皆様の就職・転職・資格取得に役立てば幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

ブログランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ
 

 

ページ上部へ戻る