主婦に人気!確定申告時期の短期アルバイト



この仕事に応募したきっかけ


私は結婚する前に仕事を辞めてしまったので、結婚後はアルバイトやパートをたくさん経験しました。なかでもやってよかったなというアルバイトは確定申告のアルバイトです。

確定申告の会場にいくと、たくさんのスタッフがいます。みんな税務署の人かというとそうではありません。
書き方を教えたりする方はもちろん税務署の職員だったり、地方の市役所で行う場合は市の職員だったりですが、その中に場所を誘導する人や、受付やパソコンを代わりに打ち込んでくれる人などは普通の主婦だったりします。

私も知らなかったのですが、ある時、実家の商売の確定申告を提出しに確定申告の会場へ行くと同級生がその仕事をしていたのです。
あまり親しい同級生ではなかったので声はかけなかったのですが、たしか普通の主婦だったことだけは知っていました。

ということはこの仕事私にもできるのではないかと思えたのが確定申告のアルバイトをするきっかけでした。


採用後の研修


次の年の申告の前くらいに税務署の仕事の募集はしてないかと調べてみると、それらしいものがみつかったので、即応募しました。
簡単な面接とパソコンができるかの確認があり、条件はそれくらいだったので即採用

しかしやはり研修はしっかりありました。
実家の確定申告は作成していたのでなんとなくは理解していましたが、税務関係の仕事にはついたことがなかったので、少し勉強は必要でした。

アルバイトとはいえ、失敗が許されない仕事なのでしっかり勉強が必要ですね。

初めはできるかどうか心配でしたが、わからないことはすぐに近くにいる税務署の方がやさしく教えてくれるというシステムになっていて、だんだん慣れてきます。

そして何よりよかったのは同じような主婦の仲間ができたことです。
若い方もいましたし、年上の人もいましたが、たいていが主婦だったので、休み時間のおしゃべりも共通することが多く、学生時代にもどったように楽しかったです。


主婦にはぴったりの良い条件


お仕事自体もとても充実していて、役に立ったなという充実感もありますし、時間も夕方には終わるという主婦にはうれしい時間帯でした。

期間も確定申告の時期2か月くらいなので私にはちょうど良かったのです。
終ってからもある程度の知識が身についているので勉強になったな。という実感もわきました。

そして次の年もまた確定申告のアルバイトをやりました。その年も必ず研修は受けます。
その研修で一年目でわからくて困ったことなどがクリアになり、さらにスキルアップできます。

スタッフも前回と半分くらいは同じでした。それがまた絶妙に良かったです。
新しいスタッフには去年わからなかったことなど共感できますので、教えてあげたりもできます。
それがまた自分的には充実感が増しました。

充実感や達成感を感じられる仕事をできるということが大事ですね。

その後、だんだん慣れてくると確定申告の時期が終わってからも税務署の中のパートが空いているときには声がかかり、スムーズにパートのお仕事をすることもありました。

普段の税務署の仕事はさらに専門性が高くまたスキルアップすることができました。
といってもパートですからそこまで難しいことはしません。その加減も主婦には程よかったです。

内部の仕事は部署によってさまざまですが、ここでも和気あいあいと仕事ができます。
そして同じ境遇の方も多いので、話も合いますし、わからないことも共有できノルマもないですし、いいことだらけのバイトです。




気をつけること


まあひとつだけ気を付けないといけないのは守秘義務です。
税務署はたくさんの個人情報があるので、これについては気を付けないとクレームのもとです。

あとは確定申告会場にしても、税務署にしてもお客様はピリピリしている方もいらっしゃいますのでここだけ気を付けておくことが大切です。

クレームがあっても落ち着いて対応していくことが大事です。

私も税務署のお客様の立場になったこともあるのでよくわかりますが、待たされることが多いのでそれだけでもイライラします。

時間がとられるわけですからスピーディな対応と、その気持ちをしっかり理解して接客をするということができる方にはとても良いお仕事だと思います。

まとめるとスキルアップが好きな方、接客が苦にならない方、充実感が欲しい方にはとても良いアルバイトだということです。

アバター

NY

投稿者プロフィール

名前:NY      性別:男  年齢:30代
出身地:岡山  趣味:読書・旅行・テニス

就職・転職・資格取得に役立つサイトを作ろうと思い作成しました。
このサイトでは実際に各業種で働いた人達・資格取得をした人達の体験談を載せいています。
少しでも皆様の就職・転職・資格取得に役立てば幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

ブログランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ
 

 

ページ上部へ戻る