記事 ホワイト企業体験談 職業体験談

【ホワイト企業に勤務】優良な会社の職場環境・給料・休日・待遇は?

ホワイト企業とは優良な企業という意味です。

ブラック企業の方が話題としては取り上げられがちですが、もちろん全国にはホワイトな企業もたくさんあります。

今回紹介するのは、徳島県にあるホワイト企業に勤めている方の体験談です。

 

ホワイト企業に13年間勤務

私は徳島県のとある企業で13年間勤務しています。

職種としては、以下のような仕事内容で、一般的に言いますと総合職になります。

  • 製品の品質関連の文書作成
  • 工程監査対応
  • 工程変更申請および内部監査

 

文書作成

新しい品種が顧客の方で新規採用となった場合に、部品や製造工程情報を顧客所定の様式で記入する様に依頼が来るケースが多く、部品の仕様や製造管理内容を記入して回答。

その新規採用に際し、顧客が当社の製造方法や工程品質管理の内容を視察しに工程監査へ来社され、監査の全体指揮や同時通訳を行う。

製造工程

いわゆる5M1E(Machine、Man、Measurement、Material、Method、Environment)の要素が変更になった際に必要に応じて顧客への申請が必要になり、顧客承認が得られるまでそれらを変更できないため、その工程変更を顧客へ申請し、承認を頂く仕事を行う。

 


ホワイト企業だと思うこと

次に当社がホワイト企業だと思う内容を紹介していきます。

地域密着型企業

1つ目は地域密着型の企業であることです。

従業員がほとんど地元出身者なのでかつての同級生も多く、職場に馴染みやすいです。

私も例外なく小中高の同級生が常にそれぞれの部署に在籍しており、その部署にコンタクトを取る際にはあまり気兼ねする必要がなく、また同級生という事で話が異様に盛り上がる事もあります。

さらに上司にあたる上の世代の方も地元出身者が多く、阿波踊りのチーム等どこかのコミュニティと繋がっているので話は合いやすいです。

そのため人間関係に苦慮する事があまりなく、大体の人が気さくに接することができます。

 

地元の人同士だと親近感もあり年齢関係なく話しかけやすい環境ですね。

 

役職に関係なくやりとりを行える

2つ目は、役職間での隔たりがあまりないことです。

これは実際に会話をして初めて分かったのですが、課長を「課長」、部長を「部長」と呼ぶことは全くなく、~さんと必ず名前で呼んでいます。

これは上位の役職に対して変に境界があるのではなく、あくまで一従業員として接しているからだと思います。

そして問題が起こった時には直ちに話し合いの場が設けられ、解決策がすぐに出されるなどの風通しの良さがあります。

 

上司に対して気軽に相談できる関係が理想ですね。

 

従業員に対しての寛容な対応

3つ目は、失敗を許容する大らかな企業文化があることです。

当社はLEDを主製品として毎年多くのプロジェクトは発足しますが、その全てが成功する訳ではなく、特に近年では他社の競合が激しくなり、コンペで敗れるといった事が見受けられる様になってきました。

また以前は活況だった製品が売れなくなり、製造ライン閉鎖となる事例も出てくるなど、十年前とは比較にならない程市場が厳しくなってきています。

 

しかしそんな中でも失敗に終わったり、閉鎖された製造ラインのメンバーが降格や左遷となる様な事はなく、むしろ他プロジェクトのリーダーに指名されるなど、人員の配置に関してはとても寛容な風土と言えます。

そのため一応会社員ではあるので責任は伴いますが、各プロジェクトメンバーは失敗を恐れて萎縮する様な事は無く、むしろのびのびと業務に励んでいる印象を受けます

極端な話ですが、「他の会社だったらクビやぞ」という例もいくつか見受けられます。

 

当社が他の企業と大きく異なるのは、上述した地域密着型ゆえの大らかさによる従業員に対する寛容さだと思います。

また後述する、取得出来る休暇日数の多さやボーナスの多さもあります。

また地元企業という事で、自宅から簡単に、満員電車を気にすること無く通勤できる便利さもあります。

 


給料・ボーナス

次に給料面ですが、月々の月給はというと、当社は他の企業に比べてとても多い方ではないと思います。

いや大卒新卒で20万、大学院卒で22万程度なのでむしろ安月給の部類に入るかもしれません。

 

しかし当社のすごい所は、何といってもボーナスの支給率の高さにあります。

年間で言うと7カ月分、2021年度に至っては8カ月分以上に上りました。

そのため年収に換算すると、20代で500万、30代で600万、40代で700万、50代で800万という相場になっており、地方の会社でこの条件はとけも破格であると感じています。

 

この様に当社はボーナスの入りがとても多いので、住宅ローンを組む時は、従業員はボーナス払いをし易いと、地元銀行の間ではもっぱら話題になるため、私も住宅ローン契約時にはボーナス払いを多めに勧められました。

 

給料・ボーナス面の支給が多いことは転職しない大きな理由の一つです。

 


子育て世代に嬉しい待遇

さらに近年、出産手当の支給額についても改訂があり、大幅に増額される様になりました。

具体的には1人目出産で20万円、2~3人目で50万円、4人目以降で100万円になります。

改定前は、一律3万円だったのですが、世間での少子化問題を受けての社会的責任を大きく果たされた事でしょう。

そして出産後の産休も1年程度と、他の企業では到底もらえない様な長期間を頂けるので、当社は子育てにはうってつけ会社と思います。

 

こちらもCHECK

ハローワークはブラックな求人が多い?就職後に気づいた悪質企業の内容

ハローワークで仕事を探す人は多いと思いますが、そこで紹介されている求人票には要注意!良い会社だと思って入社してみると実際はブラックだったということもよくあることです。ここでは、実際にハローワークで応募した求人がブラック企業だった体験談を紹介します。

続きを見る

 

満足すぎるほどの休日・有給

休日に関しても、当社は年末年始、夏休み、ゴールデンウイークとそれぞれ10連休近い休みがあり、良くありがちな連休の中出勤も無く、これも他の企業では考えられない休みの多さだと思います。

令和になった年のゴールデンウイークで、世間ではよく10連休と話題になっていましたが、当社ではこれが今まで当たり前だったので、つくづく当社は世間的に休みが多くて恵まれている会社なんだなあと実感したものでした。

 

そして年間の有給取得可能日数は20日もあります。

そのため多くの人が有給を使いきれない状態になるほど有給を頂けます。

かくいう私も、今年は子供の幼稚園や病院の事情でかなりの休みを頂きましたが、それでも今年まで4日も残っていますので、有給が足りなくなって欠勤などという事はなさそうです。

 

休日面も充実していると安心して休みが取れますね。

 

残業規則も徹底

残業面に関しても、部署によりますが36協定の順守が声高らかに叫ばれる様になり、基本的に月60時間以上残業してはいけない事になっています。

また残業手当てに関しても、以前は提示の17時以降は30分単位で支給されていたのが、1分単位で支給される様に数年前からなり、非常に従業員の負荷に配慮してくれています。

 


ホワイト企業勤務で得られるもの

このホワイト企業で働く事で得られるものは、なんといっても精神的、経済的な生活のゆとりであり、変に心身のバランスを崩してうつ病になったりする不安がありません。

もし心身のバランスを崩すようになったりする様な場合には、社内に産業医の方も在籍しており、相談すれば即座に診断書を発行してくれます。

 

また無理をしなければ十分に生活していけるだけの収入を得られるので、先行き不安な現代においても安心して生きてゆく事が出来るでしょう。

私は現在も当社で働いています。

今後も自ら望んで退職する事は無く、定年まで私なりに会社に貢献しつつ、会社員生活を堪能したいと思っております。

 

こちらもCHECK

ブラック企業の見分け方!求人票や面接は要注意|もし入社してしまったら

転職の際、ハローワークで必ず見る求人票。その内容もよく確認しておかないとブラック企業に入社しかねません。こういう文面は要注意、見ておくべき箇所などを紹介しています。

続きを見る

 

-記事, ホワイト企業体験談, 職業体験談