勤務7年目の雑貨販売の仕事|面接・仕事内容・1日の流れを紹介



雑貨販売の仕事


販売の仕事に就いて7年になります。
最初は事務の求人を探して就職活動をしていたのですが、内定を得ることが出来なかった為、仕方なく販売の仕事に就きました。

主に雑貨の販売をしているお店で働いていますが、結婚の予定が無いので転職するつもりで行動しています。


雑貨販売店の面接、研修


【面接】
1.気をつけること
きちんとした身だしなみで面接に臨めば大丈夫だと思います。
私が入った会社は、未経験者歓迎で、販売する物に関して知識が無くても、笑顔で受け答えすれば余程のことが無い限り雇ってくれる会社でした。

<事前にやったこと>
・最近のニュース
・志望動機
・会社が売りにしていることをまとめる

2.面接で聞かれたこと
・志望動機
・土日や繁忙期も休まずに働けるか
・いつから働けるか
・趣味
・病気の有無
・家族構成
・空白期間は何をしていたか。
・(私が女だから)結婚の予定はあるか
など、特に難しい質問はありませんでした。

【研修】
OJT研修で店舗に立ちながら先輩社員から教わりました。
<教えてもらったこと>
・扱っている商品
・レジの打ち方
・在庫の管理
・商品の発注 など
マニュアルがないところだったので、全てメモする必要があり大変でした。

また、私が就職した時はちょうど繁忙期だったようで、お客様の対応をしながら、合間に仕事を教えて貰っていました。
そのため、先輩たちが教えているつもりでも、私が教わっていないことが多々ありました。

特定の教育係がいなくて、その時にいる人が教える方法だったこともあって、結構漏れがあったと思います。教わっていませんと言えず、何度も怒られました。




雑貨屋さんの仕事内容


【勤務形態】
まず、早番・中番・遅番があります。
■早番
開店の一時間前に出勤、お金の用意、在庫の確認などの開店準備をする。
■遅番
その日の売上とレジのお金があっているか確認、ショッピングセンターに提出する売上報告書の作成などを行う。

【仕事内容】
基本的に接客です。
店内にお客様がいないときは、
・商品や備品の整理
・提出書類の作成
・本部からのメールチェック などを行う。

店にもよりますが、大体お昼ぐらいに商品が入ってくるので、入荷したら伝票と入ってきた商品があっているか確認して倉庫に運んでいます。

【不満要素】
平日しか休めないので、友達と出かけることが減りました。
私が勤めている職場は、土日にパートの人たちが休むため、社員は土日に休めません。

【身につくこと】
商品知識とビジネスマナーくらいだと思います。

【勤務時間、残業時間】
出勤時間によってシフト分けがされており、大体は8:00~17:00のシフトでした。
実働8時間で、残業は月に5時間ほどです。
繁忙期になると残業時間が月40時間以上になります。
女性社員が多いため、その日の内に帰れるように、朝早くに出勤して夜に少し残ることが多いです。




1日の流れ、勤務時間、給料面


【1日の流れ】
①店のシャッターを開けてレジ開けをする。
②朝礼をし、その日の売り上げ目標やツアー客の来客情報などを共有する。
③お店が開けばとにかく接客。
(特に海外のお客様が多く、つたない英語や中国語で積極的に商品をPRしていました)
④3時間に1度レジの点検、金銭授受のミスがないかチェックする。
⑤接客の合間を縫って新商品のデザイン、エクセルで売上情報をデータ化、来期の売上予測を立てながらガラス工場に発注をかける。
⑥最後のお客様を送り届けた後は、レジ締めをし清掃して終わり。

【勤務時間】
勤務時間は1日8時間労働で、1時間休憩を入れて9時間拘束でした。
残業は15分おきに申請できますが、普段はほぼありません。

ただ、棚卸のときは0時近くまで残って働いていたこともあります。
もちろん残業代は深夜料金計算で支給されます。

【給料面】
新卒時の初任給は22万、ボーナスは年2回でそれぞれ18万程度でした。
販売職にはめずらしい、インセンティブより年功序列制度に重きをおいた会社でしたので、年に1万程度給与がアップしていきました。

また、寒い地域なので暖房手当が冬に支給され、誕生日にはリフレッシュ休暇と、誕生日手当が数万頂けました。




この仕事をやっていて思ったこと


【大変なこと】
接客業すべてに言えることですが、やはり1人1人のお客様に合わせながら接客をするのは大変でした。
最初は怒鳴られることもありましたし、泣きながら帰ったこともありました。

【身につくこと】
商品知識とビジネスマナーは身につきます。
接客業をしていると、常に次に行うことを予測しながら行動していくので、この経験はほかの職種でもたくさん生かすことができました。 また、お客様の求めていることを雰囲気や空気感、口調や表情から読み取って接客していくので、その経験をもっと掘り下げていきたいと思い、その後はカウンセラーの資格を取得しました。

【嬉しいとき、嫌な時】
嬉しいときは、何と言ってもお客様に喜んで感謝の声をいただいた時です。
また、私の会社では接客ランキングがあるのですが、それで1位をいただいたときは嬉しかったです。

嫌なは、どうしても理不尽な方はいますから、そういった方に怒られたりするのはつらかったです。
これが流せれば接客業に向いているかと思いますが、その言葉を引きずって自分の心を蝕んでしまう人には接客業は向いていないかもしれません。



アバター

NY

投稿者プロフィール

名前:NY      性別:男  年齢:30代
出身地:岡山  趣味:読書・旅行・テニス

就職・転職・資格取得に役立つサイトを作ろうと思い作成しました。
このサイトでは実際に各業種で働いた人達・資格取得をした人達の体験談を載せいています。
少しでも皆様の就職・転職・資格取得に役立てば幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

ブログランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ
 

 

ページ上部へ戻る