日本語教育能力検定試験の資格内容を紹介|日本語教師に必要な資格



日本語教育能力検定試験とは


日本語能力とネット検索しようものなら、大体日本語能力試験にヒットします。
これは、主に外国人の方たちが日本語を習得する際に指標とする日本語テストです。
英語を勉強している日本人からすると、ちょうど英検のような感じです。

私が今回ご紹介したいのは、この日本語能力検定試験ではなく、日本語教育能力検定試験です。

呼び方が似ているので、ちょっと紛らわしいですが、教育という言葉が入っているか入っていないかで判断できます。

さて、日本語教師という言葉を聞かれたことがあるかもしれません。日本語教師と聞くと、日本に来る外国人に主に日本語学校などで日本語を教えるイメージがあります。

もちろん、日本語教師は日本国内でも活躍しているのですが、海外のいろんな国でも日本語を教えるために日本語教師が働いています。

外国の人に日本語を教えるための資格ですね。


日本語教師になるためには


日本語教師になるためには、主に3つの方法があります。
1.大学で日本語教育を専攻または副専攻すること。
2.ヒューマンアカデミーなどが開いている日本語教師養成講座420時間を受講すること。
3.日本語教育能力検定試験を合格すること。

多くの方は420時間の日本語教師養成講座を受講されたあと、日本語教育能力検定試験を受けられますが、420時間の授業を受けているだけで日本語教師としてやっていけるので、検定試験に受からなくても実質あまり問題がありません。

ただ、大学でも日本語教育を専攻したことがなく、日本語教師養成講座も受講したことがない人にとっては、この日本語教育能力検定試験が大変役にたちます。

というのも420時間の養成講座を受けるためには、通信課程をのぞけば、受講料が大体50万円をくだらず大きな出費になるからです。
でも、日本語教育能力検定試験の場合、受験料は約1万円ですみます。

ただ、独学だけで日本語教育能力検定試験をパスするのは正直簡単ではありません。
かなり広い範囲からの出題ということもあり、過去問だけをしていれば大丈夫という訳でもありません。

記述だけでなく聞き取りの試験もあるので、幅広く勉強をしていく必要があります。


幅広い専門知識が求められるほか、聴解問題では誤った日本語の発音を瞬時に判断する能力、そして小論文もあるので自身の日本語能力も試されます。

できれば、日本語教師のボランティアなどで実際に経験をつみ、それから検定試験を受けると合格しやすいかもしれません。


日本語教育能力検定試験の試験概要


日本語教育能力検定試験の難易度は合格率からも分かります。
大体毎年、合格率は25パーセント前後で、決して高いとはいえません。

<合格ライン>

上位20パーセント代(毎年この数値は変わる)が合格

それでは、優秀な人がたくさん受験した年とそうでない年では結果に差が出て不公平じゃないのかなんて思うかもしれませんが、恐らくその辺りも含めて合格者のパーセンテージが決めているのではないかと思われます。

実施日:毎年一回、10月
試験会場:札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡 など

私も受けたことがありますが、受験生の多さに正直驚きを隠せませんでした。

認知度は低いように思いますが、とても人気な資格のようですね。


一般の教師として長年経験がある方や、会社を失業後新たに就職先を見つけるために受験される方もいらっしゃるようで、年齢が高い方もたくさんおられました。


日本語教育能力検定試験の資格取得で役に立つこと


海外での就職に目をとめてみたいと思います。例としてアジア圏をあげます。
少し前までは大学卒業という肩書だけで日本語教師として雇ってもらえ、就労ビザもでることがよくありました。

でも、最近はだんだん日本語教育のプロを求められることが多く、上述した3つの条件に叶っていないと就職先も見つかりにくくなってきました。

日本人の友人たちの中では、高卒でも日本語教師としてビザを取得している人もいます。

海外で働くチャンスにもなる資格ですね。


アジア圏と一言でいっても、国によってさまざまなのですが、中国、台湾では4年制大卒が最低基準のようですが、その他のベトナムなどではまだまだ高卒でも日本語教師として働けるようです。

大卒ではなくても日本語教師として働きたい場合、日本語教育能力検定試験をパスしてアジアの国へ赴くというのもいいのではないでしょうか。

NY

NY

投稿者プロフィール

名前:NY      性別:男  年齢:30代
出身地:岡山  趣味:読書・旅行・テニス

就職・転職・資格取得に役立つサイトを作ろうと思い作成しました。
このサイトでは実際に各業種で働いた人達・資格取得をした人達の体験談を載せいています。
少しでも皆様の就職・転職・資格取得に役立てば幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る