秘書 職業体験談

大学病院教授秘書の仕事内容・大変なこと|教授との相性も重要な仕事

あまり知ることのない大学病院の教授秘書の仕事。

大まかに言えば秘書業務ですが、病院の教授ということで学歴も地位も高い教授相手にスケジュールの管理や書類整理など、要領良く、臨機応変に対応しなくてはいけません。

大学病院での秘書の業務はどのようなものなのか、ご紹介していきます。

大学病院教授秘書の仕事をしようと思ったきっかけ

義理父が大学勤務医でしたので、少なからず医者の家系に属していることが採用面接の際に有利に働くかと思い希望しました。

義理父との共通点ができれば会話も弾むのではないかという期待もありました。
単純に「秘書」という言葉に魅力を感じた部分もあります。

求人はネット検索で見つけ派遣会社経由で応募しました。

こちらもCHECK

大学の教授秘書の仕事|私立大学での面接・仕事内容・給料面を紹介

目次1 私立大学の教務秘書2 教務秘書の面接3 教務秘書の仕事内容4 教務秘書の給与関係5 大学教授秘書の仕事をしていて良かったと思うこと 私立大学の教務秘書 ...

続きを見る

面接でのこと

面接は医局長というポジションの医師が担当します。
義理父が大学勤務医であることを「お医者さんの苦労を身近で感じる」と伝えたところ深堀で色々質問されました。

大学はどこか、医局・専攻等や、OBのことなどです。
私の場合、義理父とは診療科が全く別だったので近からず遠からずの程よい距離感だったと思います。

結果身内が医療系でなくとも採用されていたのかもしれませんが、身内に関係者がいるのであれば事前に伝えておいたほうが後々の為に良いと思います。

 

言ったことが吉と出るか凶と出るか…。

 

PCスキルの高さは求められていません。
どちらかというとバリバリ働きたいですというような雰囲気は無いほうが印象が良いようです。

仕事内容は書類作成・郵便物の仕分け・アポイントやスケジュールの調整・その他掃除やお昼の手配お使いなどの雑務との説明で相違ありませんでした。

また採用された医局の教授が医師と秘書との恋愛にかなり難色を示すタイプの方でしたのでそのことも面接の際にちらっと話にだされました。

私の場合すでに既婚でしたので、その点安心して採用できるポイントだったのかもしれません。
他の医局も既婚者は多かったように感じますが、採用基準は医局によって異なり結局のところ教授の意向好みに付随するようです。

 



大学病院教授秘書の仕事内容・大変だったこと

医療の現場では医師でも看護師でも技師でも資格職の為、何も資格を持っていない秘書は立場がとても弱いです。
また社会的地位が高い医師の傍で働くことに常に緊張をしていました。

学歴サバイバルを勝ち抜いてきた方々なのでとてもプライドが高いです。
秘書などは常に見下され挨拶をしても返してくれないことも珍しくはないです。

感情にフタをして気にせずに淡々とこなしていましたが、今から考えると良く耐えていたなぁと思えます。

こちらもCHECK

秘書検定の資格取得|一般常識やビジネスマナーを身につけたい方必見!

目次1 秘書検定内容2 秘書検定の資格要項3 秘書検定を取得して本当に良かったです 秘書検定内容 あまりなじみの無い資格かもしれませんが「秘書検定」という資格が ...

続きを見る

病院の雰囲気に飲み込まれないように

また、大変ってほどでもないですが大学にしても病院にしても事務方は雰囲気は暗く基本的に冷たいです。

大学は役所の雰囲気に似ていて、病院は忙しさからか大抵殺気立っており、医師と事務との間でうまく角を立てずに調整することに神経を使っていました。

また、医局内に複数秘書がいる場合は他の秘書の方とうまくやっていけるかがとても重要です。
教授との相性よりもこちらのほうが重要だと思います。

複数いても2~3人と少人数なので、仕事分担や秘書をうまくまとめてくれるリーダー秘書が存在していて、ここがうまくいくようであればそれなりに居心地よい職場になっていくと思いますが、うまく回っていなければ最悪です。

耐えるか、辞めるか・・・。
秘書間の関係がうまくいかずに退職するパターンは多かったです。こればかりは運ですね。

 

必要なスキルは?

スキル面で難しいことはほとんどありませんが、しいて言うならば、研究費の書類です。

研究費の種類も色々ありますが国から支給されているお金もありますので、そのお金の処理の仕方は決まりが細かく難しいです。

教授だと研究費を持っている場合が多いので任されることもあります。責任重大です。

また医者はPCは100%Macです。
一方で事務はWindowsを使うことが多かったです。Macが使えるようであれば役立つかもしれません。

 

check!

『#リモワ女子』

場所に捉われない在宅・フルリモートのお仕事を紹介する転職支援サービス。

在宅社員募集中!詳しくはこちらから

 

大学教授秘書の仕事をして良かったこと、身についたこと

働いていた7年間の間に2回の産休を取得させてもらえました。

日々命の現場にいる為か出産子育てのことに本当に理解がありました

急なお休みでも休みやすく本当にありがたかったです。

派遣でも産休が取れてなおかつ復帰までさせてもらえたので恵まれていた職場だったと思います。

 

理解ある勤務先だと安心して仕事ができますね。

 

その他にも良かったことは、普段の生活で病院にかかる時の医者に、あたりの先生とはずれの先生が直感的になんとなくわかるようになります。子供のかかりつけ医を見つけるときに役に立ちました。笑

こちらもCHECK

秘書業務の仕事内容|管理能力が重要なこの仕事の大変なことを紹介

目次1 秘書業務への異動2 秘書の面接3 スケジュール管理が重要な秘書の仕事内容4 待遇は一般の事務と変わらない 秘書業務への異動 最初から秘書になろうと思って ...

続きを見る

給料面・休日面

給料は時給制で1400円スタートの最終的に1700円でした。

時給に関しては各医局の財政状況によるので1000円~1800円くらいと幅が広いです。

私の場合派遣会社を通していたので高めの設定でした。

  • 賞与はなし
  • 仕事内容に対して時給は高め
  • 休日は土日祝休み
  • 勤務時間は9時~17時
  • 残業は無し

 

土曜日は病院が診療をしているので出勤になる医局もあるようです。

年に何回かは学会準備や医局会・忘年会などで休日出勤することもあります

 

教授秘書として働く上で大切なこと

必要な資格は特にありません。

教授によっては海外とのやり取りがあり英語が使えたほうがいい場合もあるようです。

資格よりも社会的地位が高い医者に委縮せずにいられるメンタルが必要です。

また教授室と秘書室が分かれていないので部屋に教授と2人の状況です。

教授と相性が合わなかったり、その空間に息が詰まるようであれば厳しいと思います。

また教授室という個室が密談に使われることが多いので、同じ部屋にいると話の内容を聞いてしまうので「見ざる、言わざる、聞かざる」の姿勢と、場合によっては空気を読んで離席するような機転も重要です。立場をわきまえるということですね。

 

教授の性格や癖などをわかっておくことも大事

また、「ああ、お金持ちのお坊ちゃまお嬢様なんだな」と思うことは多々ありました。

特に若い先生に多かったですが財布をその辺にぽんと置いた状態で平気で席を離れたり、現金をそのまま机に置いていたり、給料明細をシュレッダーではなくそのままごみ箱に捨てる人がいたりと感覚がズレているなと思うことが多々ありました。

滞納している税金の督促状の支払いを頼まれたことがあり大金の札束と振込用紙を預かったことがあります。笑

こちらもCHECK

弁護士秘書の仕事内容|法学部出身の私が就いた弁護士秘書の仕事

目次1 弁護士秘書の面接2 弁護士秘書の仕事内容2.1 弁護士秘書の主な仕事内容3 弁護士秘書の大変だったこと、良かったこと4 弁護士秘書の仕事を通して 弁護士 ...

続きを見る

また製薬会社さんが勉強会を定期的に開くのですが、お弁当や軽食が提供されます。

かなり高級なお弁当を用意してくれることが多かったです。

今はだいぶ経費が厳しいということうを製薬会社の方が言っていましたが、それでも毎回高級ですごいなあと思っていました。

 

立場の違いでびっくりすることも多々

大学の勤務医は給料薄給らしいですが、それでも若い先生方はお金遣いが派手な印象でした。

私が勤務していた大学は私学だったので、医者の親も医者のことが多いので実家が開業医で裕福なの家庭が多かったのかもしれません。

若手の医師はとにかく派手でした。

やはり大学の勤務医といえでも普通のサラリーマンの何倍も稼いでいますので、独身であれば派手に使ってしまうのだろうなと思っていました。

 

仕事をきちんとこなすことが最優先です

結論、今の時代の教授秘書はドラマのようなホステスキャラではなく、自己主張せずに淡々と教授に尽くす黒子のような存在です。

昔は医者の娘の嫁入り前の腰掛小遣い稼ぎというようなポジションであったようですが、さすがに今はそのような採用はしていないところが多いようです。

 

時代の流れによって変化していきますね。

 

しかしながら今でも医師との結婚をして見事に寿退社する秘書もいます。

私が働いている間の7年間でも2人程いました。

その2人の特徴としては共通するのは服装やメイクはいつも完璧でとても可愛らしい女性でした。

一部に医師との結婚を目指している秘書もいますが、ほとんど大半の秘書の方は既婚者が多く医師や医局の為に雑務を日々真面目にこなしています。

どのような教授や医局に就くかによってかなり仕事内容に差はありますが、今は若くて40代で教授になる方もいらっしゃいますので志が高い教授に運よく採用され信頼関係を構築し、重要な仕事も任せてもらえるようになれば学ぶものが多く、やりがいも感じられる仕事なのかもしれません。

 

-秘書, 職業体験談

© 2021 NY Powered by AFFINGER5