職業体験談 その他のお仕事

道路区画線作業員の仕事って?道路に白線を引く仕事に6年勤務の経験

あまり知られることのない、道路に白線を引く「道路区画線作業員」の仕事。

たまに道路で見かけることはあっても、どういうことをしてどんな流れで仕事をしているのかなんて考えたこともないと思います。

私の最初は興味本位で始めましたが、この仕事の世界を見れたこと、天気に左右される仕事だということ、色々なことを学べました。気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

道路に白線を引く仕事

20才の時正社員に就かずアルバイトをしてフラフラ暮らしてた頃、友達にめずらしい仕事を紹介されました。

それは道路区画線作業員といって、いわゆる道路に白線などをかく仕事です。

全然仕事内容の想像もできなかったのですが、めずらいしいことと、とりあえず何でもいいから正社員になりたかったということもあって二つ返事で働くことに決めました。

 

 

道路区画線作業員とは

仕事の大まかな流れというと、2人~3人で専用の機械が積まれたトラックに乗って指定された現場に向かい作業するという感じです。

現場内容ですが想像していたよりも色々あって最初は驚きました。

そもそもみなさん多分何でどうやって白線をひいているのだろうと疑問に思われると思いますが、簡単に説明するとトラックには特殊な材料を溶かす釜が2つついています。

その釜に白線のもとになる材料と黄色の線のもとになる材料を入れて溶かします。

 

一度は目にしたことがある光景ですが、実際どういう内容かは未知の世界ですね。

 

最初は粉状の材料ですが、150度~200度くらいで溶かすとどろっとした泥みたいになります。

イメージとしてはソフトクリームみたいな感じです。(笑)

もちろん素手でさわると火傷します。
(腕などに飛んで何回か火傷したことがあります)

その熱した材料を人の手で押す機械に移して、ラインを引いていくという感じです。
その機械にも材料が冷えないように小さな釜がついています。

なぜ冷えてはいけないのかというと、材料は温度が低くなると固まりカチカチになるからです。
カチカチになるともちろん線もひけなくなります。

 

こちらもCHECK

現場監督の職に就いていた時の仕事内容を紹介|建築関係の仕事に志望

続きを見る

 

ここですごいのがその機械で白線などをひくと、あっという間に熱が冷めてほんの2、3分であっという間に固まり素手でも触れるようになります。

固まった材料は完全にアスファルトにくっつき車が通ってもはがれません。

なので乾かす時間など全くかからず線をひいてほんの少しの時間で道路を解放できます。

 

道路区画線作業員の仕事内容

そして仕事内容なのですが、道路に白線をひく以外にも色々あります。

 

道路区画線作業員が書く線の種類

  • 白線
  • 黄色のセンターライン
  • 横断歩道
  • 道路にかいてある「止まれ」などの文字
  • 民間の駐車場の線

「止まれ」などの文字はもともと寸法が決まっていてまずその通り墨だしします。

その墨だしされた通りに機械でひいていきます。感覚でいえばぬりえの様な感じかもしれないです。

仕事内容としては自分の勤めた会社は道路工事と駐車場が半々くらいでした。

 

楽しく過ごせた道路区画線作業員としての6年間

このように色々やることがあったので楽しく仕事ができました。
ただ雨が降ると道路などの屋外の場合は仕事ができず休みになることも多々ありました。

なぜかと言うと雨が降ったり地面が濡れていると材料がくっつかないからです。
その場合車などが通るとすぐに割れてしまいます。

なので雨が降ると仕事が休みになることも多々ありました。

 

雨が降ると休みになってしまうと少し嬉しい反面、給料面ではシビアな問題ですね。

 

日当月給だったので梅雨の時期とかは相当つらかったです。

しかしそれを踏まえても人間関係にも恵まれ新しいやりたい仕事が見つかるまで6年ほど勤めさせてもらいました。
以上が自分が経験した少しめずらしい仕事です。

 

こちらもCHECK

塗装業の仕事は匂いとの戦い|女性の私が体験した特殊で大変な仕事

続きを見る

 

-職業体験談, その他のお仕事