職業体験談 サービス業

テーマパークでのアルバイト|大学時代に体験した接客業の大変さ

テーマパークは楽しい空間を届け盛り上げるお仕事

大学生活をより充実した生活にするためにアルバイト接客業を探していました。

接客業でも飲食店などは選ばず、幼少期から遊園地やテーマパークで遊ぶことが好きでそういう空間で働きたいと思い、テーマパークのアルバイト従業員として働きました。

 

Check!

☆転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】
リクナビNEXTに登録する2つのメリット
1.転職活動の効率を上げる会員限定機能
2.転職の選択肢が広がるスカウト登録
↓↓↓
≫お仕事探しなら『リクナビNEXT』で!!«

 

オリジナリティーあふれる面接空間

まず指定の曜日の登録選考会(集団面接会場)に参加して、仕事の職種に関しての説明を聞き、制度について説明を受け、働いている人の体験談を聞きます。

説明を全て聞いて自分に向いてそうならその場に残り、エントリーシートに必要事項を書きます。

エントリーシートを書くので履歴書はいりませんでした。エントリーシートを使用しながら面接に進んでいきます。

面接官に簡単な自己紹介をしてから、絵を見ながら一方的にその絵に話しかけるという試験を受け、その後、女性の笑顔の写真を見てその写真に写っている女性の気持ちを何個も挙げていくという試験で、制限時間は3分間でした。

 

仕事内容は『ゲストの笑顔=自分の接客態度』

お客様と直接関わるマーチャンダイズという部門に所属し、パーク内に設置されている数か所の屋外ゲームコーナーを1時間~2時間単位でローテーションしながら、オリジナル景品をかけたゲームの説明と進行をするというものです。

パーク内にありますが、屋外なので夏は暑くて冬は寒く体力勝負です。

ゲスト目線になって自分自身も楽しく盛り上がって気持ちを高めることが必要ですが、ゲストの笑顔が自分の仕事のモチベーションに繋がり自分の接客態度を評価してくれているような感覚になります。

テーマパークのアルバイト給料面・休日面

 

給料面

給料は、当時の時給で850円でした。
屋外なので夏は暑くて冬は寒い為、体力消耗が激しいので、屋外手当として他の部署よりも50円高かったです。

 

休日面

お休みはシフト制です。
学生生活と両立しながらだったので、長期休み以外は平日お休みでした。

シフト制なので前もって言えばお休みの融通が利きます。
世間の長期休みは、テーマパークにとって書き入れ時期なので基本的にフルタイムでした。

お盆や年末年始でも営業してるので連休などがあるときは、お休み申請を早めに出す必要があります。

 

こちらもCHECK

トリマーの仕事内容は?1日の流れ・給料面など|トリマーは体力勝負

目次1 ペットショップでのトリマーの仕事2 内定後晴れてトリマーとして勤務開始3 ペットショップでの一日の仕事4 トリマーの給料、休日、待遇など5 ペットショッ ...

続きを見る

 

テーマパークならではの大変さ

オープン時やゲームコーナーの景品が少なくなってきた時は、ストックの置いてある倉庫から景品を運んだり、クローズ時は、倉庫の在庫やゲームコーナーの景品の在庫を数えたりしなくてはいけませんでした。残業になります。

夏場は、暑い中で常に動いているので体力勝負のところもあります。
水分補給をしっかりする必要がありOS1が美味しく感じます。

 

外でのお仕事は熱中症対策、水分補給は必須です。

 

接客業なのでゲストのクレーム対応も直接受けます。
その為、後に引きずらないような精神的にタフなほうが向いています。

老若男女問わず接客をするので、様々な人に合わせた接客をしなくてはいけません。
お盆や年末年始でも営業してるので連休などがあるときは、お休み申請を早めに出す必要があります。

 

テーマパークでの勤務は楽しんで働けたら本望

仕事をやってよかったと思うことは、人の笑顔に直接ふれることができ、自分自身も楽しんで仕事ができたところです。

 

自分が楽しく仕事ができているかが大事です。無理をしない程度に忍耐と努力が必要になっています。

 

また、新しくできたアトラクションにオープン前に乗る体験をできたり、パークの無料のチケットをもらえたり、従業員のみのイベントに参加できたりプライベートでも楽しいと思えます。

自分自身が本気でゲストと盛り上がれば、ゲストの笑顔に繋がり、ゲームコーナーのリピーターになってくれて売り上げが伸びたり、私という従業員を探してわざわざ来てくれて遊んでくれたり、ノリが良ければ普段関わらなさそうな人とでも仲良くなれる空間を作れます。

一期一会の出会いであるが楽しい思い出を残すことができることころも魅力です。

 

辞めた理由

学生生活を充実したものにするためにアルバイトをしていましたが、4回生になり就活の為に3年間のアルバイトに終止符を打ちました。
仕事が嫌で辞めていないので今でもアルバイト時代の仲間と良い付き合いが続いています。

 

-職業体験談, サービス業

© 2021 NY Powered by AFFINGER5