資格取得体験談 教育系

保育士の資格|保育士になるための資格取得方法・試験内容を紹介

保育士の資格

保育士になるための取得方法

  • 指定保育士養成施設を卒業するか
  • 保育士試験に合格するか

試験を受ける場合は、一番最初に受験資格があるかどうかを確認する事をおすすめします。

学歴によるもの、勤務経験によるものなど、区分が色々細かくわけられています。

全国保育士養成協議会のホームページでも調べる事ができます。

 

 

保育士試験の流れ

保育士試験は年2回の実施となっています。(平成28年度より)
筆記試験と実技試験です。

筆記9科目をすべて6割以上合格した者が実技試験にすすむ事ができます。

もし、筆記試験でいくつか科目を落としてしまった場合は、3年間のあいだに残りの科目を合格すればよい仕組みになっています。

 

落ちてしまった方は、諦めずに3年間で挽回しましょう!

 

試験の流れ


  • step.1

    全国保育士養成協議会に手引きを申請(インターネットから取り寄せることも可能)


  • step.2

    受験料を支払い、必要書類を揃えて送付


  • step.3

    受験票が自宅に届く


 

 

試験内容、日程

次に、当日の試験内容とその日程です。
平成28年度の場合です。

 

1日目(全4科目。朝10時30分スタート)

1科目目【保育の心理学】

  • こどもの心の発達と保育実践の関わり
  • 生涯発達と年齢ごとの発達過程の理解など

2科目目【保育原理】

  • 保育の歴史と思想に関する代表的な人物
  • 保育所保育指針や保育関連の法制度について

3科目目【児童家庭福祉】

  • 児童や家庭をとりまく状況と課題について
  • 児童の人権擁護と児童家庭福祉に関する理念と制度の仕組みなど

4科目目【社会福祉】

  • 社会福祉施策と行政機関などの制度の仕組み
  • 社会福祉従事者などの対応や相談援助技術について

 

2日目(全5科目。朝10時スタート)

5科目目【教育原理】

  • 教育の思想と歴史に関する代表的な人物
  • 教育基本法、学校教育法、幼稚園教育要領などの制度について

6科目目【社会的養護】

  • 社会的養護の現状、歴史、課題
  • 児童福祉施設の設備および運営に関する基準、などの制度について

7科目目【こどもの保健】

  • 発達障害の特徴と対応
  • こどもの疾病や感染症への適切な対応
  • こどもの心身の健康と安全の基礎知識について

8科目目【こどもの食と栄養】

  • 食育の基本と対応
  • こどもの食生活の課題と現状について

9科目目【保育実習理論】

  • 保育実践のための保育所
  • 児童福祉施設の役割と機能や
  • 音楽、造形、言語表現の基礎知識と技術について

 

以上、9科目です。
教育原理と社会的養護のみ30分間、その他はすべて1時間の試験となっています。

筆記試験で6割以上とれた場合、実技試験にすすみます。

試験分野は3種類あり、うち、2つを選択し受験することとなります。

  • 音楽表現に関する技術:課題曲2曲を弾き歌い
  • 造形表現に関する技術:課題のお話しの中から1つ選び、素話
  • 言語表現に関する技術:当日出されたお題にそって、45分間で下絵から色塗りまでを完成

 

 

難易度、働ける場所

次は、試験の難易度についてです。
筆記試験の場合、全体の10パーセント~20パーセントの合格率です。

内容はとくに難問ではないのですが、その年ごとに各科目の難易度がかわる場合があります。

科目によっては易しくなったり、難しくなったりするので、傾向や対策が練りにくいものが出てきます。

最後に、保育士の資格をとると、どのような場所で働けるのか、についてです。
保育士としての登録を終えたあとは、保育所だけでなく、以下の施設で働くことが可能です。

 

保育士として働ける場所

  • 児童厚生施設
  • 母子生活支援施設
  • 児童養護施設
  • 知的障害児施設
  • 児童自立支援施設
  • 児童生活支援センター
  • 情緒障害児短期治療施設 など

 

また、民間企業によるベビーシッターサービス、ベビーホテル、乳児向けの学習塾で託児を取り入れている企業も増えているため、働き方は色々あります。

-資格取得体験談, 教育系

© 2021 NY Powered by AFFINGER5