ブラック企業の見分け方!求人票や面接は要注意|もし入社してしまったら



ブラック企業に入らないために求人票の内容で気を付けておくべき事項


ブラック企業は離職率が高く穴埋めをするために求人票を出す傾向があり、求人サイトやハローワークなどに短期間のうちに何度も情報が掲載されていることが多いです。

求人票の内容は正直な内容にすると人が集まらないことが明白で、いかにも働きやすい雰囲気であることをアピールします。

また、離職率が高くてすぐに辞めても対応できるよう大人数で募集する傾向があり、前向きな言葉を並べる傾向が強いです。

ハローワークは無料で求人情報を掲載できるためブラック企業が入る確率も高く、虚偽の求人票を出して誘うように仕向けることがあります。

求人票の内容は必ずしも正しいわけでなく、ブラック企業であればいかに応募してもらえるか考えて有利な条件をアピールしています。
給料は初任給や残業代などを明記せず幅を広げ、高く設定して釣り実際にはノルマを達成したときのものであることが多いです。

また、残業代などが明記されていなければ基本給の中に含まれていることもあり、所定の労働時間よりも長くなる傾向があります。

このような罠にハマらないようにするためには事前に問い合わせるか同業者の求人情報を確かめ、不自然な点があれば応募しないようにすることが望ましいです。

良い条件には罠がある。条件に騙されて安易に応募しないようにしましょう。


求人票の内容は必ずしも正しいわけでなく、ブラック企業であればいかに応募してもらえるか考えて有利な条件をアピールしています。
給料は初任給や残業代などを明記せず幅を広げ、高く設定して釣り実際にはノルマを達成したときのものであることが多いです。

また、残業代などが明記されていなければ基本給の中に含まれていることもあり、所定の労働時間よりも長くなる傾向があります。

このような罠にハマらないようにするためには事前に問い合わせるか同業者の求人情報を確かめ、不自然な点があれば応募しないようにすることが望ましいです。

最近では「初心者歓迎」「若手が活躍できる」「熱意があり成長できる職場」などのうたい文句で応募してくるように仕向け、実際には思い描いていたイメージとは大きく異なる場合もあります。

ブラック企業は入社してもすぐに辞めることは分かりきっているため、別に戦力を気にせずに未経験者や学歴がない人でも積極的に雇用する傾向が強いです。

他にも「やりがい」「夢」「アットホーム」なども注意すべきワードで、あくまでも良い職場であるかのように見せつけて実際にはとんでもない目に遭うこともあります。
ブラック企業にとっては採用した人員は使い捨てになり、他社よりもメリットがあることをやたらと強調する傾向が強いです。

偽りばかりの求人内容。どれだけの人が騙されてきたのでしょうか。


見分け方は面接に行っても判明する傾向があり、以下のようなパターンなら可能性が高いです。
本来なら雇用条件や業務の流れなどについて説明しますが、まったく無関係な雑談や数分で終わってしまう場合は怪しむ必要があります。

ブラック企業は採用することを前提として形だけの面接を行い、労働条件を曖昧にすることや質問をしてもきちんと答えてもらえないことが多いです。

すぐに採用される場合も裏がある可能性もあり、内定を出してすぐに入ってほしいと急かす傾向があります。
ブラック企業は説明会でもパターンがあり、根拠のない精神論や業務内容に関しても具体的ではなく抽象的です。

また、会場は豪華なホテルなどを選ぶ傾向もあり、実際にオフィスですると労働環境が悪いことが伝わってしまうため避ける傾向があります。
説明会の参加者は役員だったり若手の社員の場合は人材の層が薄いことが分かるため、紹介をする際に確認することが大事です。

ブラック企業はあの手この手を使ってターゲットを探し出し、入社させると劣悪な環境の中で働かせる傾向があります。
就職活動をするときはブラック企業を避けないと時間の無駄になるため、パターンを覚えて怪しいと思ったら応募しないようにすることが望ましいです。

見抜き方は求人票の内容や面接だけでなく、実際に企業のオフィスに行って夜遅くまで明かりがついていることや出てくる社員が憂鬱な感じであればだいたい分かります。

ブラック企業はあの手この手で誘おうとしてくるためパターンを覚えれば回避できると思われますが、最近では就職難のためうまく付け込んでくるのですんなり入社できた時は要注意です。

ほかにも、オフィスの場所が曖昧な場合や雑居ビルの中にあるとブラック企業の可能性があり、劣悪な環境の中で働かされることもあります。


もしブラック企業に入ってしまったら


ブラック企業に入ってしまった場合は一番ベストな方法はその場で辞めることですが、実際には転職をさせないように仕向けてくる傾向が強いです。

企業側はすぐに辞めることをある程度は見抜いているため、休めば上司が罵声を浴びせたり莫大な仕事をさせたりします。
また、有給休暇があっても取らせてくれないため自由に使える時間が少なく、転職活動をすることもままならないものです。

転職をするときは一旦辞めてからすると圧倒的に不利になることは事実で、離職期間が長いと信用度が薄くて採用されなくなりやすいです。
転職は離職理由も聞かれるためブラック企業のことを話すだけでアウトになり、内定をなかなかもらえなくて焦ってほかのブラック企業に行きつくこともあります。

ブラック企業に入ってしまった自分が悪いのかと思ってしまいますよね。

ブラック企業はハードルが低くて誰でも入れるため、金銭的に底をつくことになると藁を掴む思いで選んだところがそうなることも多く注意が必要です。
このため、ブラック企業で数年働いて転職活動をすることが望ましく、ハローワークを避けて転職エージェントを利用すると有利になります。

ハローワークは無料で求人情報を掲載できるためブラック企業が集まりやすく、転職エージェントなど業界のプロに依頼することが望ましいです。

利用しやすい求人情報にブラック企業が多いとどれもこれも求人内容を疑ってしまいそうです…。

企業に関する情報は口コミサイトを参考にすると知るきっかけになり、事前に確かめて安心して働ける環境を探す必要があります。

転職エージェントは求職者が応募企業に入社すると報酬額がもらえ、離職率が高いブラック企業は採用コストがかかることを嫌うため利用することはないのです。
企業に関する情報は口コミサイトなどでも分かりやすく、内部告発というほど当たっていることも多いです。

転職をするときは安心して働ける企業を選ばないと意味がないため、より多くの情報を調べてから応募するようにしないといけません。

ブラック企業を退職した場合はパワハラなどの理由がありますが、ハローワークで相談すると特定受給資格者や特定理由離職者に対して雇用保険の給付が受けられます。

給付制限はなく被保険者であった期間と年齢に応じて給付される日数が決められ、れっきとした理由があれば相談すると良いです。

逆に、ブラック企業は退職すると自己都合にするように仕向けてくる傾向があり、そのまま何もせずに放置すると被保険者の期間が1年以内だと受け取れなくなり、1年以上でも日数が少なくなるため損をする羽目になります。


ブラック企業での面接時に気を付けておくべき面接官の言動


ブラック企業は面接官の応対などでも判別しやすく、雑談であったり仕事とは無関係なことを話す場合は要注意です。

基本的に、優良企業の面接は志望動機や考え方などを質問し、企業の方針とマッチングするか確かめます。

社員を使い捨てにする場合はあまり気にせずに採用する傾向があり、契約書の内容が曖昧で質問しても言葉を濁すことが多いです。

また、採用されて断れないようにするため丁寧な対応や笑顔などをしたり、フレンドリーな感じで面接を進める傾向があります。

採用する人は基本的に自分の奴隷として使えそうな人材を選ぶため、就職活動がうまくいかなくて悩んでいる心理にもつけこんでくるのです。

あの手この手で人を入れようとする。詐欺と同じようなものです。

また、求人票には魅力的な職場であることをアピールしていますが、実際に質問しても言葉を濁すだけで曖昧な回答をする傾向が強いです。

ブラック企業とは知らずに面接を受けると相手の思うつぼになるため、事前に質問をする内容を決めて判断すると回避できます。

質問をする内容は給料や福利厚生、待遇、仕事に関する詳しい内容などで、面接官の対応で曖昧な点があればきちんと問いただすようにすればボロが出ることが多いです。

面接官は採用する相手は誰でもいいと思っているため、この時点でボロが出ると断るとほかの職場を探しやすくなります。

面接はあくまでも形式上で行い、来れば採用させる魂胆であるため、事前に誘惑に負けないように対処すると効果的。

面接官の態度は不利なことを言われると逆ギレしてもう良いということもあり、受ける前に怪しいと思えば考えて行くとブラック企業に採用させるリスクを減らせます。

また、会場も会社のオフィスではなく豪華なホテルの一室を貸し切り、働きたいと思わせたりコーヒーなどを用意して人が良さそうに演じることも多いです。
ブラック企業はあくまでも採用すればこっちのものだと思っているため、引っかからないように自分なりに対策をすると追い返せます。


短期間で辞めた場合の再就職時の面接の際の注意点


ブラック企業をやめて再就職をするときは実際にはハードルが非常に高くなり、自己都合で辞めたことを伝えると不利になります。

再就職時はスキルアップをするために仕事を辞めるなど前向きな内容にすることを心がけ、採用担当者に即戦力であることをアピールすることが大事です。

短期間で前職を辞めると採用担当者からの評価は厳しくなりますが、空白期間が長くなるよりもマシなことが多いです。
ブラック企業で働いていたことは伝えると不利になりやすく、わざと空白にしてスキルアップをするために学んでいたことを伝えると有利になります。

何事も前向きな発言が有利に働くということですね。

面接では人間関係などが原因で辞めたとなればすぐに退職をしないか怪しまれ、やる気があることをアピールしていきましょう。
ブラック企業は短期間で辞めると精神的苦痛を軽減でき、職歴には空白のままで伝えると有利になります。

転職先はブラック企業での経験をそのまま伝えるとどうしてもマイナスの評価になり、空白の期間中は勉強やアルバイトなどで仕事をしてスキルアップに励んでいたことをアピールすることが望ましいです。

就職をするときは適正があることを確かめ、少しでも長く働ける環境を探すようにしたいものです。
仕事をするときは人間関係が悪くなるといけないため、積極的にコミュニケーションができるようにする必要があります。

ブラック企業で働いていた経験はなるべく言わないようにしたいもので、転職活動をする際にはその前の仕事がなければ勉強していたことを伝えるといいでしょう。

採用担当者は企業にマッチする人材を求めるため、事前に適性検査を受けて志望動機や目標を決めて応募書類や面接でうまくアピールすると効果的です。
転職は年齢や職歴が重要になりますが、ブラック企業で働いていたことは短期間であれば抹消してほかのことをしていたことを伝えるとうまくアピールできます。

採用担当者はブラック企業での経験を言われると無関係なことだと思ってしまうため、たとえその職場で働いていたことを伝える場合にはスキルアップをするなど前向きになるように伝えることが大事です。

前職の経験は新しい職場で活かせるようにアピールすると採用担当者に興味を持ってもらえ、ブラック企業でのつらい体験は言わないようにするとうまくアピールできます。

採用担当者は企業に入社して職務経験を生かして貢献してもらえることを願っているため、求人情報を確かめて志望動機や今後の目標を決めるようにすることが大事です。

ブラック企業の場合は企業名を出しても相手が分からないならそのまま職務経歴書に表記し、経験したことを書いて新しい職場で貢献できるようにアピールすると効果があります。

職務経験は嫌な内容が多いですがあくまでも伏せないと同じことの繰り返しになると思われ、どのような仕事をして学んだかを記入することが大事です。
ブラック企業での職務経験はプラスにすることは難しいものですが、転職をする際には関連する業務がなければ不利になります。

転職はタイミングが重要で年齢によって状況が変わりやすく、定年退職までの期間を確かめて決めないといけません。
年齢が高くなるとそれ相応のスキルや経験が求められ、一筋縄ではいかないこともあります。

再就職は年齢によって大いに左右されます。

逆に、若い時期になれば取り返すことができるため、ブラック企業に勤めて短期間で辞めても自分自身を必要とする企業を探すと効果的です。
採用担当者はブラック企業での経験に関してはあまり関心がなく、面接でネガティブな話題を出さないようにポジティブに考えて伝えるようにしないといけません。

転職は自分を必要とする企業でないと意味がなく、時間がかかっても後悔をしないように決めることが望ましいです。
ブラック企業で働くときは精神的苦痛になるためなるべく早く開放されたいものですが、自己都合で退職をすると雇用保険の給付金をもらえないこともあります。

面接では年齢を考えて今までの職務経験を活かし、新しい職場で貢献できるようにアピールすることが望ましいです。

NY

NY

投稿者プロフィール

名前:NY      性別:男  年齢:30代
出身地:岡山  趣味:読書・旅行・テニス

就職・転職・資格取得に役立つサイトを作ろうと思い作成しました。
このサイトでは実際に各業種で働いた人達・資格取得をした人達の体験談を載せいています。
少しでも皆様の就職・転職・資格取得に役立てば幸いです。

この著者の最新の記事

ブログランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ
 


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る