職業体験談 美容関係

セラピストの仕事|アロマとマッサージの知識もつく美容と健康の職業

私が興味を持った仕事『セラピスト』

セラピストをしたいと思ったきっかけは、絵画が好きなことと健康や美容に興味があったこと、自分自身が姿勢が悪いので、働きつつ、身体を動かせば運動不足を改善できるかな、という打算と、あとは、香りものが好きだったからです。

面接で聞かれたこと

  • 基本的なこと
  • 前職はなんだったか
  • なぜこの仕事に興味を持ったのか

 

研修期間があるので、その話もしました。
いきなりは施術できるようにはならず、結構研修期間が長いということを聞きました。

 

人の体に触れる職業は、長い研修期間を経て自分でも自信を持った状態で施術を行わないといけなんですね。

 

その他には、結構雑談のようなことが多かったです。
お客様との接客の仕事なので、コミュニケーションがとれるか、話しやすいかなどをみる為だと思います。

店長自身も愛想の良い人で、面接場所もカフェだったのもあり、お茶をしながら話す感じで、あまり緊張しませんでした。

 



入社後、3カ月の研修期間

入社後は、すぐに研修でした。
とにかく、私はセラピストなんてやったことがなかったので、右も左もわからずの状態でした。

研修も早く終わる人もいれば、時間がかかる人もいると聞くとなるべく早く終わらそうとして気が休まらなかったことは大変でした。

それから、3ヶ月ほどしてようやく研修が終わり、実際にお客さんに入る時の緊張感はかなり大きく、心配が絶えません。

というのも、人の身体というのは、本当に人それぞれだからです。
骨格から、筋肉や脂肪のつき方まで本当になにから何まで人によって違います。

それに加えて、その人の生活習慣や、体質、仕事柄によっても、症状が違います。

デスクワークの方は、腰痛や肩、首などを痛めてしまうことが多いのですが、それは同じ姿勢をとり続けることで、血流の流れが悪くなったり凝ってしまうからですが、その凝り具合もまた人によります。

それを見極めて力加減をしなければならないことも大変でした。
最初のうちは、その見分けが付きずらいので、仕事終わりに残って練習することがほとんどでした。

 

その人の悪いところを見極めてマッサージをする。医者が患者の悪いところを診るのと同じような感覚かもしれませんね。

 

セラピストは体力勝負

それから、とにかくセラピストの仕事は体力勝負であることです。

一人につき、90分の施術に入るのがスタンダードで、長いと120分のコースもあります。 つまり、2時間ぶっ続けでマッサージし続けるのです。

夏場なんて汗だく、脱水症状でこちらが倒れてしまうかと思うレベルの疲労です。

マッサージというと、結構強めに流して欲しいという方が多いのです。

ダイエットの目的もあって来ている方もいるので、なるべく老廃物が流れるように強めにしっかり流してもらいたい、ということですが、そのくらい強めの圧をかけるのには、常に全身運動のようなものなので、かなり体力を消耗します。

 

こちらもCHECK

美容師のアシスタント・スタイリストの仕事を紹介!やりがいのある仕事

目次1 美容師の面接2 美容室へ入社後の仕事3 美容師はとてもやりがいのある仕事 美容師の面接 私は15年ほど美容師をしていました。 出産のために退社したのです ...

続きを見る

 

私は、仕事以外ではほとんど運動もしないので、これは運動不足が補えるぞと思って、ポジティブにやっていましたが、この時、23歳だったのでまだ平気でしたが、お店のスタッフの中には40代過ぎの方もいました。

歳を取れば取るほど、やっている方の身体が参ってしまう、というリアルに悲痛な意見を聞いていたので、先がないな、とも感じました。

なにせ、1日に入れるお客さんは、3人でヘロヘロになるくらいです。

私の場合は、体力がないので120分を二人やっただけでも、その日にもう働けないくらいくたくたでした。

4時間ぶっ通しのマッサージです。
これを毎週だったので、だいぶ鍛えられ、筋肉がついて、細くなったと言われるくらい体が絞れたので、結果的には良かったと思います。

 

Check!

⭐︎お肌に触れるお仕事をされている方へ⭐︎
人気セラピストが大切にしている5つの習慣とは!?
日本スキンケア協会のメンバーになると、 常に新しい情報や専門的な情報を得ることができ、
ステップアップが期待できます!
↓↓
人気セラピストが大切にしている5つの習慣とは?【日本スキンケア協会】

 

 

マッサージの知識が身につき健康意識が高くなるセラピスト

セラピストの仕事をして良かったことは、人の身体が人によってこんなに違うということを知れたことです。

でも、凝りや痛みなどで悩む箇所はだいたい同じなこと。
一番は、マッサージ方法を学べたことです。

自分でも意識して身体のズレや姿勢などを直すようになったことも良かったなと思います。

最初に行った絵画が好きというのも、ここで効いてきます。
なぜかというと、西洋画でよく描かれているような絵画は人体構造をわかっていると見やすくなるからです。

それから、自宅でも、体力を付けるために筋トレなどをし始めたこと、それによって痩せたことや、健康的になったこと、それに比例して、心地よい疲労感から泥のように眠ることで、睡眠の質も上がったような気がします。

 

少し生活習慣を見直すだけで大きな改善ができます。

 

それまでは、生活習慣もバラバラで、夜更かしも多く、嫌な夢を見がちでしたが、アロマなどの勉強をしたことで、自分の生活にも香りを使うようになりました。

ローズやラベンダーなどのフローラル系、ウッド系やさっぱりした柑橘系など。

さまざまなアロマを使っていましたし、職場は乾燥しないように冬場は加湿器を絶えずつけていたような場所でしたので、乾燥肌の私には助かる環境でした。

その年は風邪などもひかず、体調不良などもほとんどなかったので、健康的だったなと今でも振り返ってみるとしみじみ思います。

睡眠、運動ときたら、あとは食事です。

身体をよく動かすようになってから、変に脂っこいものやジャンクフードにはあまり興味もなくなりました。

これだけ、きつい思いをして筋トレと仕事をしているのに、食べ物がジャンクだと胃もたれするんですね。

野菜、肉、海藻、大豆など成分的なことを気にするようになったことも、身についたことのひとつです。

 

セラピストにとってストレッチやお肌のお手入れは欠かせません

あとは、何よりストレッチをすること。

つい猫背になりがちなので、意識して伸ばす。
歯磨きする時などに壁によって立つようにするなど、日常の中で体幹やバランスを考えるようになったのも仕事柄だと思います。

お客様に聞かれるようになって、それに答えないと、という気持ちから色々学ぶようになったのは、大変ですが自分のためにもなるのでいいことだと思ってやっていました。

それから、肌のケアについて念入りになったこと。人の肌に触れるので、セラピストの肌ががさがさだと、お話になりません。

ここで乾燥肌がネックになりましたが、とにかく保湿、保湿
寝る前も、クリーム塗って、手袋して寝る、など。

お客様に入る前は、お湯で手を温めておく、など爪を常に切ってやすりで磨いたり、 とにかくケアに関してはシビアです。

かなり厳しめにお手入れして、清潔感はもちろんですが、こんなに肌に気を付けるような仕事も珍しいと思います。
これは、これだけでかなり大変でした。

 

こちらもCHECK

エステティシャンの仕事内容を紹介|気になる給料面や辞めた理由

目次1 エステティシャンの面接2 エステティシャンの仕事内容3 技術、話術が重要なエステティシャンの仕事4 エステティシャンの給与5 エステティシャンを辞めた理 ...

続きを見る

 

セラピストの給料面・休日面は?

給料面

給料は時間給でした。
歩合性がよければ歩合性でもできるのですが、お客さんの入る次第になってしまって給料は安定しなくなるので、時間給を選んでいました。

 

休日面

休日に関しては、シフト制なので、自由でした。スケジュールはなんとでもなるのでそのへんは楽です。

ですが、自由と言っても、お客さんが入りやすい時間帯や人気の曜日、なんかはやっぱり絞られているので、どちらかというとお客様に合わせて仕事に入るみたいな感じではありました。

 

この仕事を始めて変わったこと

この仕事を始めて変化したことといえば、香りの効能について興味を持ち始めて、勉強するようになったことです。

仕事でアロマオイルを使うからです。
人気だったのはラベンダーや柑橘系で、最初にそれらの香りから調べたりしました。

香りで気分や脳の働きまで影響が出るので、私生活でもうまく利用して、仕事の合間などに柑橘類の香りをかいでリフレッシュするなどをおすすめしていました。

 

何かを通して興味を持つこと・取り入れることはとてもいいことです。自分に合った仕事をしているということですね。

 

こちらもCHECK

美容関係の仕事に就職|化粧品販売やエステの仕事は心身共に疲れます

目次1 美容関係の仕事に就こうと思った理由2 一次面接から三次面接の内容3 福利厚生・休日面・給料面4 化粧の知識を覚えるのは一苦労 美容関係の仕事に就こうと思 ...

続きを見る

 

姿勢が悪くなったり猫背になったり、運動不足なんていうのはよくある問題で、みなさん肩や腰が痛くなる人が本当に多くいました。

頭、首、肩、腰と、体は全てつながっているので、どこか一箇所だけ解してもほぐれないんですよね。

すべて流してほぐす、ということをするとかなり楽になりますが、これは自分ひとりではできないことです。

ですが、一人でもストレッチしたり、肩をなるべく回したり、お湯に浸かってしっかりとリラックスするなどのケアをすることは、自宅でもできるのでおすすめです。

 

Check!

☆講座受け放題のオンライン学習サービス『オンスク.jp』☆
定額980円〜(税抜き)で講座受け放題!
資格取得・ビジネス・趣味実用に活かせます。
↓↓
様々な資格学習が980円でウケホーダイ!【オンスク.JP】

 

-職業体験談, 美容関係

© 2021 NY Powered by AFFINGER5