ドラッグストアなどで働ける登録販売者の資格内容・取得方法を紹介


登録販売者の資格とは?


資格があれば学歴がなくても就職できる、とはいいますが高卒でも取れる資格というのは限られてきます。

高卒で取れる資格で有名なものといえば行政書士とか公認会計士等だと思いますが、どれも難易度が高い上に相当の勉強量が必要だと思います。

その中で比較的安易に取れて就職に役立つのは登録販売者の資格だと思います。

<登録販売者とは>
ドラッグストア等で一般医薬品(第一類医薬品を除く)を販売する資格のある人のことです。
平成27年度から学歴・年齢関係なく誰でも受験できるようになりました。

受験資格があると受けたい資格も受けられないので、制限がないと受験しやすくなりますね。


登録販売者の試験内容・難易度


試験回数:一年に一度各都道府県で開催
試験内容:医薬品の基本的な知識とその副作用、薬事関係法規等
試験形態:全て筆記試験
出題形式:「真偽式問題」「組合せ問題」「穴埋め問題」

【真偽式問題】…正誤を判断する
【組合せ問題】…正しい組み合わせを問う
【穴埋め問題】…空欄の文字を選ぶ

どれも数ある選択肢から正しいものを選べばいいので単語を丸ごと暗記する必要はありません。

合格基準:総出題数120問に対し7割以上の正答率で合格
難易度:独学でもみっちり勉強すれば誰でも合格できるのでそれほど高くはない
申し込み方法、受験料:各都道府県によって異なる(※HP等で要確認)

今ドラッグストアでは薬剤師不足だと言われています。
その為薬剤師に代わり医薬品を販売できる登録販売者の需要が高まっています。

この資格を取得すれば就職するのにかなり有利になると思います。


登録販売者はデメリットな部分もあります


ドラッグストアだけでなくスーパーやコンビニエンスストア、家電量販店など医薬品を販売する店も増えているので随時求人があります。
既に働いてる人が取得すれば給与とは別に資格手当が貰えます。
そして登録販売者として独立開業することもできます。

ただし一点、この資格を取得する際に注意すべきことがあります。
それは受験する資格は誰にでもありますが、実際にドラッグストアで二年間働いた経験がないと正式に「登録販売者にはなれない」ということです。

資格を取得した後で初めて働く際は「研修中」という名札を貼って二年間ほど仕事に従事する必要があります。

そして受験料が15000円前後かかるので一回落ちてしまうとお金が勿体無いです。
なので今後ドラッグストアで働く予定のない方は受験を考えたほうがいいかもしれません。


登録販売者の資格を取得するための勉強法


私も今この資格を取得するために勉強していますが、やはりマイナーな資格なので本屋で探しても中々テキストが見つかりません。
そしてやっと見つけたテキストを読んでも初めて目にする専門用語にパニックになって中々頭に入ってきません。

<おすすめ参考書>

  • 成美堂出版「登録販売者重要項目500」
  • これは試験でよく出題される重要な単語がその下にある解説と共にピンポイントに短くまとめられていて暗記するのにとても向いています。
    赤シートもついているので試験前に確認したいときには大変役に立ちます。

    それでも覚えられない、わからないという方はネットで勉強するのも一つの手だと思います。
    「登録販売者 過去問」で検索すると過去問をまとめたサイトが沢山出てきます。

    都道府県と年度を選択すればその年に実際に出題された問題を解くことできます。
    youtubeでも「登録販売者」と検索すれば次々と解説動画がヒットします。
    無料なので何回でも復習できるのがこの勉強法のメリットだと思います。

    薬の名前や副作用を覚えるのは大変ですが、よくよく考えればそんなに難しい問題ではないのでやはり繰り返し勉強することが大切だと思います。
    今就職で悩んでおられる方、フリーターで生活が安定していない方にとって一発逆転が狙える資格だと思います。

    NY

    NY

    投稿者プロフィール

    名前:NY      性別:男  年齢:30代
    出身地:岡山  趣味:読書・旅行・テニス

    就職・転職・資格取得に役立つサイトを作ろうと思い作成しました。
    このサイトでは実際に各業種で働いた人達・資格取得をした人達の体験談を載せいています。
    少しでも皆様の就職・転職・資格取得に役立てば幸いです。

    この著者の最新の記事

    関連記事

    ブログランキング



    ブログランキング・にほんブログ村へ
     


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    ページ上部へ戻る