簿記3級|初心者にも易しい簿記3級の取得方法・試験内容・役立つこと



簿記3級試験内容


全国の各商工会議所の窓口で申込受付が行われているので、原則そこから申し込みをします。
しかし、郵送で受験申込を受け付ける商工会議所などや、書店で申込用紙を配布する商工会議所もあります。

インターネット受験をすることもできます。
試験の合格点数に達したら、取得することができます。

簿記3級は、5つの大問に分けて出題されます。

<簿記3級出題傾向>

  • 第1問
  • 毎回仕訳問題が5つ出題されています。
    過去と似たような問題ばかり出題される傾向があるので、過去問を徹底的に勉強し仕訳問題に強くなることが大切です。
    ここでいかに点数を稼げるかが合格の鍵となります。

  • 第2問
  • 帳簿記入の問題が頻繁に出題されますが、まれに勘定記入の問題も出題されます。
    帳簿記入だと、「商品有高帳」「売掛金・買掛金元帳」「手形記入帳」「当座預金出納帳」などが出題されますが、特に「商品有高帳」はよく出題される傾向があるので、念入りに対策をしましょう。

  • 第3問
  • 9割以上の確率で試算表作成の問題が出題されます。
    が、まれに財務諸表の問題も出題されるので両方解けるようにしておきましょう。

    第3問の配点は30点前後と高配点なので、試算表作成の問題をきちんと対策しておき本番でも練習と同じように解けるように備えておきましょう。

  • 第4問
  • 5割前後の確率で伝票会計の問題が出題されます。
    伝票会計は問題がワンパターンで簡単なものが多いので、高得点を狙えます。

    計算ミスやケアレスミスをしないようにここで点数を取っていきましょう。
    伝票会計以外では、勘定記入・訂正仕訳などの問題が出題されます。

    しかし、これらも伝票会計と同じくワンパターンな問題が多いので、焦ることなく落ち着いて解いていきましょう。

  • 第5問
  • 9割以上の確率で精算表作成問題が出題されます。
    しかし、まれに財務諸表作成問題も出題されるので、精算表作成問題を中心に財務諸表作成問題の対策も忘れずに備えておきましょう。
    過去問と似たパターンであることが多いので、繰り返し過去問を解いてください。


    簿記3級はどんなことに役立つか


    簿記3級は資格の中でも比較的易しい資格です。
    スクールなどに通わなくても独学で十分取得することができます。計算が苦手…という人でも、簿記は電卓を必ず使って計算するので安心して取り組むことができます。

    簿記3級は、基本的な経理の知識が凝縮された資格です。
    取得すると、学生時代にきちんと簿記を勉強してきたんだなということが証明されます。

    また、社会人として一般的な知識を身に着けていることで、仕事をする中でも役立つ場面が多いはずです。

    簿記3級で基本的な簿記のことを学び、少しづつ上級を目指していきましょう。

    就職試験においても役立ちます。
    例えば事務職の求人に応募する際、簿記3級を持っているのと持っていないのとでは人事に与える印象が大きく違ってきます。

    簿記は事務の仕事をする中で基礎となる知識になりますので、就職前の段階でその知識を持っていると、仕事をしてからも役立てることができます。

    また、大学や専門学校に入学する際に簿記3級を持っていると一部の学費が免除されたりする学校もあります。


    簿記3級はどんな仕事に有利か


    簿記3級は、基本的にどのような仕事でも有利になります。
    経理の知識は身に着けておいて損はありません。

    強いていうなら、事務職…中でも経理事務の仕事をする際に有利です。
    名前の通り経理に関する仕事を任せられるので、簿記を全く知らない人でも簿記の知識はいずれ必要になってきます。

    そういった時に、簿記3級を持っているとスムーズに仕事をすることができますし今後より上の級を目指していくことができます。

    簿記3級は、決して取得するのが難しい資格ではありませんし、受験料もそこまで高くありません。
    それなのに、持っていて得な事ばかりなので、ぜひ早めに取得することをおすすめします!

    NY

    NY

    投稿者プロフィール

    名前:NY      性別:男  年齢:30代
    出身地:岡山  趣味:読書・旅行・テニス

    就職・転職・資格取得に役立つサイトを作ろうと思い作成しました。
    このサイトでは実際に各業種で働いた人達・資格取得をした人達の体験談を載せいています。
    少しでも皆様の就職・転職・資格取得に役立てば幸いです。

    この著者の最新の記事

    関連記事

    ページ上部へ戻る