職業体験談 販売業・レジ業務

コンビニのバイトリーダー|面接は正直に!上司との信頼関係も大事

コンビニの仕事をしようと思ったきっかけ

バイトだったのですが一応リーダーまで行ったので、コンビニの話をさせてもらおうと思います。

始めようと思ったきっかけは、接客関係に興味があったのと、以前実家の近くのコンビニに応募して何度も落とされた経験があり、それから数年経って色々な仕事をし1人暮らしもしている今なら通用するかもしれない、という挑戦的な部分もありました。

 

 

コンビニの面接の際の注意点

結果無事採用していただき、リーダーまで体験させていただいた訳ですが、面接にも少し関わりました。

あくまでオーナーさんの判断に少し意見を述べる位ではありましたが。

それを踏まえて面接で気を付けることは、やはり接客業ですから何と言っても清潔感ですね。
これが無いとお話になりません。

メイクはばっちりなのに髪がボサボサの女の子などは速攻で落とされていました。
後は、はきはきとしゃべれる方にやはり軍配があがります。この辺りは基本ですね。

更に注意することと言えば、シフトの希望は見栄を張らずにきちんと伝えた方がいいということですね。

お店によるのでしょうが、「テスト前休み」をもらおうとした学生さんがオーナーにがっつりと怒られているのを目撃してしまいました。

 

シフト回しが大変なコンビニの仕事では、長期の休みは困るようです。

 

これがもらえるかは本当にお店によるので、友人の行っているところがもらえていたから、などという理由で軽く話をすると痛い目を見る可能性が高いです。

面接に行った時、あるいは普段店舗を利用する際に確認しておいた方がいいところは、オーナーさんの人柄ですね。
これによって働き易さに雲泥の差があります。

私の居た店の方はガッハハと豪快なタイプ、しかしたまに小さなことでイライラもする、という少しつかみにくい方でした。

それと運よくレジにまだ「研修中」の札をつけた子が居た場合はチャンスです。
その子のレジが混んで来た時にスムーズに補佐に来てくれるところは連携が取れているいい店だと思います。

 

こちらもCHECK

 

コンビニの研修でのこと

研修は本当に少なかったですね。2回ほど比較的楽な時間帯でお試しをして、3回目にはもう実際のシフトで本番、という強行軍でした。

コツとしてはレジの基本操作だけは集中して覚えるように、という位しかありません。

他のことは先ほど言ったように補佐に来て下さるお店なら、後覚えで何とかなります。
私も何人か研修を受け持ちましたが、可哀想なくらいいっぱいいっぱいになっている子もいました。

なるべく覚えやすいようにと思って教えていたのですが、何分お客様や普段の仕事をさばきながらだったので限界がありまして。

 

色々な作業があるコンビニでの仕事。慣れるまでは大変ですね。

 

コンビニバイトの内容

コンビニ勤務の1日の流れ


  • 基本的には前の時間帯からの引き継ぎ(入る時間帯によって変動あり)



  • レジを打つ合間に店内の清掃や棚の商品の整頓



  • その時間毎の追加の仕事



  • 終了間際にはレジを一旦止めて(片方ずつ)入っている金額が合っているかどうかの確認



この作業が曲者でして、差額が出ていると何度もやり直したあげくにやはり多少の注意は受けるため(自腹を切れなどということはまず無いですが)気持ちが重くなる作業でした。

近年はコンビニで扱うものも肉まん・おでんのみならずドーナツやカフェまで広がっているので、それらの準備もいかに要領よくやるかが大変だと思います。

身に付くことは、何よりも頭の回転の速さです。

とにかく様々なことを同時進行で、一瞬一瞬で変わる優先順位を読み取りながら動かねばなりませんので。

私の居た店ではお昼休憩中でもレジに呼ばれれば飛んで行かなければなりませんでした。
この辺りは店によりますが。

 

外国の若者がわざわざ日本のコンビニで働きに来るくらい日本のコンビニは徹底しているといわれているので、コンビニ勤務は自分のためになります。

 

嫌なこと嬉しいことは沢山ありましたが、ほとんどはお客様関連でしたね。
とにかく様々なお客様がいらっしゃいますので。

私は幸い、研修時に先輩に「すごく嫌なお客さんも居るけど、すごく優しいお客さんも沢山いるから!それだけは忘れないで」という言葉をいただいて、それをずっと支えにして働いていました。

給料は残念ながらほぼ最低賃金、勤続してもまず上がっていくことはありません。

そこは気を付けてください。交渉を試みて逆に怒られて、しょげかえって来た子を見たこともあります。オーナーの態度も問題とは思いましたが…。

 

こちらもCHECK

【百貨店のアルバイト】ケーキ販売店での不可解な出来事が続いた職場体験談

続きを見る

 

コンビニ勤務を体験して思うこと

このように様々な体験をしつつ基本は楽しく働いたのですが、私は3年弱で辞めることになりました。

理由は、数が合わなかったタバコのカートン(10個入った箱)の責任を私達の時間に取らされそうになったからです。

具体的には、毎日の作業に一日一回必ずカートンの数を確認する、というものを増やされそうになりました。

今までの作業ぺースからしてまず無理なのに、ということと、私達を信頼してくれていないんだ思ったこと、それとオーナーさんの人柄への小さなわだかまりが積もっていたものがそこでいっぺんに吹き出したために、辞める運びとなりました。

 

上司との関係に不信感が生まれた時点で退職を決意する人は多いですね。

 

私の体験談をお送りしましたが、基本的には難しい部類に入るバイトだと思います。

例えばスーパーなどでレジだけでも慣れてから来ると、定着の度合いが相当違うと思います。
全くの素人さんには「いらっしゃいませ」を言うのも恥ずかしいですからね。

その辺りの練習にもなるので、おすすめのルートです。
以上、簡単そうに見えて難しいコンビニの裏事情でした。

 

-職業体験談, 販売業・レジ業務