ドラッグストアに就職しストレス勤務|パワハラ上司に耐える日々



トラウマになってしまったドラッグストアでの勤務


医薬品や化粧品、食品を販売する地方のドラッグストアです。
医薬品には登録販売者や薬剤師、化粧品にはビューティアドバイザーを置いて接客重視型の会社でした。

主な仕事内容

  • 納品
  • 発注
  • 棚のメンテナンス
  • 医薬品販売・接客
  • 化粧品販売・接客
  • レジ打ち
  • クレーム対応
  • 電話対応
  • など様々でした。
    朝の八時半から夜の十一時までの営業で、休憩は一時間と三十分の二回。朝番昼番遅番の三種類の勤務形態でした。

    Check! 『リクナビNEXT』
    ・膨大な求人情報から自分では探せないぴったりを抽出
    ・意中の企業から嬉しいお誘い
    ・思わぬ企業からダイレクトに応募の打診
    理想の仕事に出会えます!


    入社当時の辛かった日々


    当時はとある「新入社員潰し」とあだ名される女性の下につき、辛らつな言葉を頂く毎日でした。
    彼女は気分次第で言動が変り、何かお伺いたてるのもびくびくして怯えながらでした。

    そのため仕事を教わるのも怖く、OJTでありながら一時は会うのを避け、連絡ノートのやり取りのみだった時期すらあったほどです。

    またほかの社員からは、あの人(上司の女性)今日は○○だから配慮して、といった注文も多く人間関係に疲れ切ってしまう環境下で、ひたすらストレスに耐えたのです。

    人間関係のストレスが一番厄介です。相手が上司の場合は言いたいことも言えずこちらが耐える場合が多いですね。

    その店舗でアルバイトをして同じ年度に入社した男子社員は、「ここさえ乗り切ればどこでもやっていけるからもうちょっとだけ頑張れ」とアドバイスをくれたほどです。

    しかし辛らつな言葉は日々激しくなり、ぼろぼろと泣きながら指示された仕事を行っているところを副店長に見つかりバックヤードに避難させられたり(その後過呼吸を起こす)、指示が多く終わらないため一日通しで仕事をしていると「口裏を合わせておくから今日は帰りな」と社員がカバーしてくれるような店舗でした。

    一部の人間がこじらせた意地悪で悪循環が生まれ、その後フォローしてくれる人がいる、まるで飴と鞭のように扱われているみたいだなぁ、などと思ったのを覚えています。


    ブラックだと感じさせる仕事内容、勤務体制


    初めてそう思った時は、多忙の日。棚卸という在庫確認の日があるのですがこの日は最悪です。
    午前7時から夜の11時半まで休憩もほぼ入らずに勤務していました。
    そういった状況が当たり前で、朝には店長から栄養ドリンクが配られるのが習わしとなっていたほどです。

    またそこはみなし残業でいくら残業しても残業代は増えない会社でした。

    しかし残業は増える一方で、仕事が徐々にできるようになるにつれサービス残業休日出勤当たり前になっていきました。
    店舗・店長の雰囲気にもよりましたが、どの店舗でも残ることが多かったです。

    サービス残業・休日出勤が当たり前な時点でブラック企業認定です!

    後述しますが、パートを時間きっかりで帰らせるために社員でカバーしていると自分自身の仕事ができるのが定時のタイムカードを切った後しかない、というのが多かったです。

    すると仕事は溜まっていく一方なので、パートに気を遣いつつ自身は朝から晩まで休憩も削って働きどおし、というのが次第に普通になっていったのです。

    また私は初年度に登録販売者と言う資格をとりました。
    業務上必要なこの資格は、医薬品販売ができる資格であり、この資格がないとドラッグストアは店を開けることができないのです。

    急遽当日に資格者が体調不良で休むとなると、他の誰かが休日出勤を余儀なくされます。
    その店舗の資格保持者が長期休暇を取ろうものなら他の資格者は休みなどなく連勤確定。

    人手が無ければ資格者一人でその日の医薬品対応や社員がすべきクレーム対応などにあたらねばなりません。それを16時間です。
    休憩時間にも構わらず呼びだされるのですから、気が休まる間もありませんでした。

    人手が本当になく、朝急遽休ませてくださいとの連絡があれば店長は店を預かる立場ですので店へすっ飛んでいかなくてはなりません。

    たとえ前日夜中まで仕事をしていて帰宅したのが日付をまたいでいても。たとえ体調不良で寝込んでいてもです。

    資格保有者は優遇される分できる仕事も増えるのでそれだけ忙しくなりますね。店長の立場もそれだけ重要なポジションだということです。

    勤務している中で一番悲惨だったケースは、だくだくと鼻血を出しながら、そして嘔吐を繰り返しながら体調不良の社員の代わりに出社した店長でした。

    私は出社できないかという店長の連絡に気が付けず、なんとかして資格者がいるという状況にもっていってくれたのです。
    命を削りながら仕事をしているようなものでした。

    また初年度、社内通知で自殺者が出たとの連絡がありました。
    そこには気軽に相談窓口に連絡したり休むようにと書かれていましたが、連絡したらパワハラ元に連絡が行くかも、休んだら翌日ぐちぐちと色々言われそう、という思いもあり、どちらの手段も正直「ありえない」ものでした。

    またその後年、後輩の男子社員が言うには社内連絡とかには載ってないんですけど、先日同期が自殺しちゃったんです……と言っていたのもはっきりと覚えています。

    どうやら途中から自殺者が出たから業務形態の見直しをしましょうという連絡は行わないようになったようです。
    自殺なんて深刻な問題が出ているのに対策も喚起せず隠蔽する。そんな企業姿勢に非常に不安を覚えました。

    また遅番で働いて帰宅が日付をまたいだ時。
    その翌日の出勤が朝番で朝八時半からというような店舗もありました。
    正直それでは睡眠時間がろくに確保できず、眠たいのを堪えて必死に集中して運転をし出勤するような日々もありました。

    また私は喘息持ちです。
    しかしパワハラ店長にあたった時には、社員全員集合、として全員でタバコをふかしたその風下に立たされていた時もありました。

    下手したらそこで死んでいたのかもしれないと思うほどです。
    パワハラのストレスとその煙が常に充満する倉庫内で、いつもぜえぜえと呼吸が苦しかったのを覚えています。

    Check! 退職代行『ガーディアン』
    安心確実、今すぐ辞められる、料金一律・追加料金なし、
    会社や上司へ連絡不要、交渉可能、退職保証。
    労働組合法人があなたを守ります!


    ブラック企業に染められてしまう恐ろしさ


    周りはやはり、残業は当たり前、後日に回せるものは休日出勤で片付けるのが当たり前という認識でした。
    終わらないんだから仕方ない、という言葉を幾度となく聞きました。

    「パートを帰せるよう社員は気を遣って積極的に業務を請け負え。」
    「残業に愚痴を言うな。」
    そういった風潮がどこにでもありましたし、予算を達成するためには自費で使いもしない医薬品を購入させられたりということも多かったです。

    それが会社のため。強いては自分たちの給料のため。
    協力しないやつなんていないよな? という同調圧力がありました。
    皆何かに洗脳されているかのように企業に人生を尽くしており、ぞっとしたのを覚えています。

    恫喝まがいな言葉で洗脳していくことは一般の企業としてあるまじきことです。

    そんな中、やはり私と同じような考えだった人々は続々と辞めていきました。
    同期の大学生の中でも、もうそろそろ1/3が辞めようかと言うところまでは把握しています。

    大学出身者はそれでも例年持ち堪える方で、高校生出身の子達はその倍ほど辞めているとの噂を聞きました。
    大量採用、大量退職の自転車操業だったのです。

    Check! 『キャリアエージェント』
    キャリア支援のプロと二人三脚で進める
    安心・信頼・納得のキャリア支援

    信頼されるキャリア支援の流れ
    キャリア面談→マッチング→特別選考→内定


    退職後も忘れることはないブラック会社のこと


    現在はそのドラッグストアを辞めています。
    退職したいと思った一度目は丁度パワハラ店長にあたった時のことで、何度「辞めたい」といっても「いやお前がもっとコミュニケーションとれるよう努力しないとどこでも同じ」と三回ほど却下されました。
    結局その時には受けいれてもらえず、店舗移動に。

    二度目に退職したいと願い出た時には店長がまだ親しかったためかすんなり要望が通りました。
    本当にあの会社を辞めて良かったです。人生を食いつぶされるところでした。

    そして退職してから一年が経ったのですが、いまだに配属された店舗には足が震えて入店すらできないような状況です。
    自分自身でもこの会社で受けたパワハラがトラウマになっているのがわかります。

    本当に、こんな企業に就職しなければよかった、と悔やんでなりません。

    NY

    NY

    投稿者プロフィール

    名前:NY      性別:男  年齢:30代
    出身地:岡山  趣味:読書・旅行・テニス

    就職・転職・資格取得に役立つサイトを作ろうと思い作成しました。
    このサイトでは実際に各業種で働いた人達・資格取得をした人達の体験談を載せいています。
    少しでも皆様の就職・転職・資格取得に役立てば幸いです。

    この著者の最新の記事

    関連記事

    ブログランキング



    ブログランキング・にほんブログ村へ
     


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    ページ上部へ戻る