パワハラ体質な中小企業でのブラック勤務|残業代なし・激しい人の入れ替わり



自分の将来のために入社した中小企業


都内港区にある化粧品の通信販売を行う会社です。
折込チラシやカタログ通販をメインとする紙媒体による通信販売と、自社サイトをメインとするネット媒体の通信販売の2つの販路で販売をしていました。

入社は2015年の4月でした。
将来自分で会社を持ちたいと考えていたこともあり、中小企業で自分の頑張りで上に上がれるという会社を探しており、面接時の雰囲気も良かったため、入社を決めました。

10年目の会社であったため、社長と専務以外は自分の一代上の新卒と中途社員が2〜3人いると言う状況で、自分の代を合わせて15人ほどの会社でした。

人数が少ないこともあり、皆の距離も近く話しやすい環境でした。
社長室もありましたが、よく顔を出しており、また、頻繁に昼食に連れて行ってくれたりと、良い環境かと感じていました。

最初の印象や雰囲気が良いと、まさかブラック企業だとは思いもしないですよね。

新卒は定時でしっかり帰宅することができ、少しでも残っていると早く帰るよう促されていたため、しっかりしているとも感じました。

同期も年齢が異なるメンバーもいましたが、仲がよく仕事帰りに食事に行ったり、休日に遊んだりしていました。
そのため当初は頑張っていけると考えていました。


残業が当たり前だというブラック会社


ある時、「会社として残業は業務の有無に関係なくするもので、自分で見つけて起きている時間は仕事のことだけを考えるもの」と言う認識であるとわかりました。

部署によって残業はありましたし、残業代も出ませんでした。
しかし中小企業は「こんなものかな」と考えていたので、あまり気になりませんでした。

研修終了後は必要な業務が終わり次第、帰宅しても問題ないとのことでした。
ただこの「必要な業務」と言うのが今日必要ではなく、急ぎではなくても仕事が存在する限りということでした。

もちろんその認識ではなかった自分は、6月中旬くらいに社長室に呼び出され上記の認識、考え方に関して改めるよう2時間ほど延々と話をされ、その日から残業をするようになりました。

Check! 退職を考えている方、お手低費用・リスク無く確実性のある『退職代行ガーディアン』にお任せ!
東京都労働委員会に認証されている法適合の合同労働組合が行うので違法性なく安心・確実に退職できます。
依頼者の状況や意向を尊重し、円満退職を目指します。


ブラック企業だと感じた勤務体制や金銭面、パワハラ


<勤務時間について>

見込み残業と聞いており45時間分が含まれているとのでした。
もちろん超過分の残業代は貰えず、定時9:00から18:00でありましたが、実際は8:30から23:30(終電)でした。

また、入社後半年くらいに契約書を渡され、何の説明もなく印鑑を押さされました。
後から聞いた話では見込み残業の時間を60時間に変更するためとのことでした。

自分はとっくに超えていたため、関係なかったのですが、他の部署の残業超過分を考えてのことだったのかと思います。
また出社時間に関しては遅れるごとに100円の罰金もあり、遅れると貯金箱に入れる制度が自分の部署にはありました。

罰金として会社が社員からお金を徴収するというあるまじき行為は許されませんね。

土日の出勤に関しても他部署が行っている場合はやらざるを得ない状況でした。
休日出社しなかった翌日の月曜は部署メンバー全員が社長室に呼び出されるという流れでした。

<売上目標に関して>

現在の市場規模から考えうる目標に対して約倍の目標でした。
その目標は紙媒体の全盛期と言われる頃でも難しく、どの関係者に聞いても働いている当時には難しいものでした。

そのため達成はできるはずもなく、定時であろうと残業中であろうと関係なく社長室に呼び出され、怒鳴られ、講義を受けると言う時間がありました。(多い時は週1、最低でも月1)

<給料に関して>

各手当込みで年240万円でした。もちろんボーナスはありません。
入社一年後の3月に一度ありましたが、評価制度もガバガバでその評価に達していない人ももらっていました。

業務に関するものというよりは、辞めそうな人を引き留めようとしてのボーナスのようでした。

<転職に関して>

自分は家族の事情もあり、あまり大ごとにはならなかったのですが、他の人の転職の際は大変そうでした。

転職の意向を伝えると、例のごとく社長室に呼び出され、外に漏れるくらいの声で怒鳴られていました。

内容もその社員が必要だから頑張って欲しいとかではなく、仕事ができないから会社に残るしかない、面倒みてやる、転職しても使えないと脅されているような内容でした。

社長が怒鳴ることに飽きると、今度は退職日まで仕事を与えず、窓際扱いし挙げ句の果てにはいないものとして扱っていました。

<人の入れ替わりに関して>

中小企業だからと考えていましたが、圧倒的でした。
自分の一代上の新卒が社長と専務の次に古いのも、社長の方針に合わず辞めていった人が多いからでした。

実際自分の入社以降の1年で半分のメンバーが入れ替わっていました。
現在も噂を聞くのですが、新卒の入社人数の半数は入社半年後に、残りのほとんどは少なくても1年以内には辞めていき、10人近い新卒も入社3年間続くのは1人いるのかどうかという状況だそうです。

また、こう言ったことは社内だけではなく社外に対してもありました。
コンサルの方が数ヶ月で変わることも多く、在籍中に3人は変わっていました。

広告の案件を持って来てくれる代理店に対しても同様で、社長の思うように動かない、思うように数字が取れない代理店に関してはすぐ契約が切られたりということがありました。

数字が取れないことが多い場合は仕方ありませんが、基本的にすぐ結果を求めるタイプであるため、2から3回続いただけでもバッサリ切っていたこともあります。
そのため担当者同士の関係性は良くても、会社同士としてはあまり良くないという会社も多かったです。


ブラック企業でも働いて良かったと思ったこと

■社員同士の絆が生まれる

皆が会社がブラック企業とわかったことから気持ちが対社長、対専務という同じベクトルになりました。

年齢が離れていてもそのベクトルがあることで、共通の話題(主に悪口なのであまり良くはありませんが)も多く、仕事以外の時間も仲良く過ごすことが多かったです。
今でも定期的に連絡を取り、食事に行ったりしています。

■仕事への向き合い方に関して

比較的ハードな職場にいたこともあり、現在の会社での仕事に関して大変だと思うことが減りました。
時間的にも余裕がありますし、繁忙期で忙しかったとしても気持ちに余裕を持って取り組めています。

また多少仕事において理不尽なことがあってもあまり気に止めることなく受け流せ、ストレスなく日々過ごせています。
仕事を自分で探す癖もつき、以前よりあらゆることに取り組めるようになったこともプラスです。

ブラック企業にいると辛い環境での忍耐力や対応能力が身につき、転職後に大きく役に立ちます。

■物事の考え方に関して

他社の同じ年齢の人と知り合っていくうちに、自分の置かれている環境に対して疑問を持ち始めました。
給与や仕事を含め自分の想い描いていた生活と異なることも多く、難しいことを改めて認識させられました。

また何不自由なく育ててくれた親に対しても感謝の気持ちが増えました。

学生の頃は今できている生活は簡単にできると考えていましたが、働いてみるととても大変であることを身に染みて実感することができました。


現在の環境


この状況を、親は心配をしてくれていました。
ストレスや食生活の乱れで体重も増えていき、いつまで続けるのか気になっていたようです。

友人に関しては、あまり心配されたくないこともあり、ブラック企業で働いていることを自分からネタにしていました。
転職した今となっては笑い話になっていますが、当時は笑いつつも心配してくれていました。

そして入社1年で転職をし、今はメーカーで営業職をしています。
以前と異なり、定時で基本的に退社でき、有給休暇も取りやすい環境です。

休日はできなかったことに取り組んでいます。
特に長期休暇を使用した旅行などは楽しくて仕方ないです。

Check!
・自分に合う企業の探し方
・ESの書き方、面接のコツ

あなたの就活の正解をプロが教えます!

☆就活サポートで内定率1.39倍
☆内定獲得まで最短2週間
☆5人に1人の就活生が登録

NY

NY

投稿者プロフィール

名前:NY      性別:男  年齢:30代
出身地:岡山  趣味:読書・旅行・テニス

就職・転職・資格取得に役立つサイトを作ろうと思い作成しました。
このサイトでは実際に各業種で働いた人達・資格取得をした人達の体験談を載せいています。
少しでも皆様の就職・転職・資格取得に役立てば幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る