職業体験談 教員・講師

英会話講師としての仕事内容|イギリス留学経験者の私が就いた職業

英会話講師を目指した理由

昔から好きだった英語を現地で学んでみたいと、勤めていた会社を辞めイギリスに向けて出発。

留学から戻ってきたあと、英語力を落とさずに働ける場所を求め、出会ったのが「英会話講師」という職業でした。

 

英語が得意・教えることが好きな方には最適な仕事です。

 

学生時代に家庭教師のアルバイト経験もあり、もともと人に何かを教えることが好きで得意だったことも、この仕事を選んだ大きな要因だったと思います。

 

 

英会話講師の面接・研修

面接の流れ


  • 英語力をはかるための筆記試験



  • 人事担当である日本人講師の方と面接(日本語でこれまでの経歴や志望同期などを聞かれました。)



  • その日本人講師同伴でネイティブスピーカー講師(イギリス人女性)と面接



最後のネイティブスピーカー講師との面接では、英語について、海外留学時の経験談など、普段友達と会話しているような感覚で、笑いを交えつつ10分ほど話して終了。

人と接する仕事ということで、明るく積極的に話すように心がけたつもりです。

 

英語を話すときは特に「明るく」「リアクション」に気をつけて話すことが重要です。

 

その後採用が決まり、3泊4日の研修旅行に参加。

使用する教材の説明、教え方、生徒への対応など、基本的なことを学んだあと、グループに別れ、実際に授業を組み立てていく練習をします。

事前にレッスンの準備をし、他の新人講師たちを生徒とみなし、皆の前で模擬レッスンを披露。

それを何度か繰り返したあと、最終日には実際のレッスン時間50分を想定し、生徒が入ってくるところから、レッスンが終了して出て行くところまでを発表。

そばには研修担当の講師が、ノートとストップウォッチを片手に、厳しい顔で見ているので、緊張はまぬがれません。

 

英会話講師になるためには、念入りな研修を行うんですね。緊張感が張り詰めた空間の中でのレッスンは身が引き締まる思いです。

 

終了後には、生徒役として参加していた同僚たち、そして研修担当講師からの感想があげられますが、中には辛辣なものもあり、お世辞にも和気あいあいといった雰囲気ではありません。

とにかく研修は大変だったという一言につきます。

まだ慣れてなく、とにかく準備に時間がかかり、最終発表前にはほぼ徹夜の人もいました。

マニュアル通りに教えればいいという学校ではなかったので、あらかじめ絵を描いたり、資料を作成したりと大忙し。

研修はその後、数年ごとにやってきますが、海外研修もあり、自由時間もとれるので、今度は辛いだけの研修ではありません。

もちろん発表のための事前準備はしっかりとしなければなりませんが。

 

 

英会話講師の一日の流れ

研修終了後は、翌日から採用決定の学校へ出勤です。

勤務時間

常勤講師

  • 週休2日
  • お昼12時から21時までの給料固定制

非常勤講師

  • 週休2日
  • お昼12時から21時までの間、担当するレッスンの数によって時間割が組まれ、勤務時間が変動

非常勤講師なら、その日初めてのレッスンの20分前までには出社。
もちろん、前日までに、その日のレッスンの準備が終わっていることが前提です。

1レッスンは45分から60分。
そのすぐ後にレッスンが組まれている場合、休憩は5分から10分。

レッスン終了後に生徒と軽くおしゃべりをしていると、次の生徒がやってきてしまう、なんていうことは多々あります。

比較的時間に余裕がある曜日は、お昼12時に1レッスン、次のレッスンは17時から、などと間があいてしまうこともあり、そうなると非常勤講師には辛いところです。

 

生徒に合わせた時間スケジュールを組んでいるので、講師にとっては不規則なスケジュールになりますね。

 

時給制なので教えていない間は、時間計算されないので無給となり非効率。

その間は、外に出るなり、好きなことを部屋でするなり自由となります。

週に一度、日本人講師向けに、同僚の外国人講師が英語のレッスンをしてくれ、また逆に、外国人講師向けに、日本人講師が日本語のレッスンを行います。

またレッスン中は日本人講師といえど、一切日本語は使わないので、ほぼ一日中英語を話していることになります。

各種試験対策のレッスンも受け持っていたので、準備の段階で単語を調べたり、実際に問題に取り組んだりしますが、それが自然と自分の勉強へとつながっていったようです。

講師として働き始めて、TOEICの点数が更にあがりました。

 

こちらもCHECK

私がECCジュニア講師を辞めた理由|憂鬱だった仕事内容・かさむ費用

目次1 ECCジュニア講師の面接2 ECCジュニアの講師になるための研修内容3 ECCジュニア講師としての必要な英語スキルは?4 自宅で授業を開始してみて感じた ...

続きを見る

 

英会話講師の辛いところ

担当生徒の英語力がのびたり、受験や試験に合格したと報告を受けた時などが、この仕事をしていてよかったと思う瞬間ですが、「教える」という仕事以外にもしなければならないことがあります。
それは担当生徒の契約更新の手伝いです。

更新時には、専門の日本人担当者がいますが、講師としても生徒ひとりひとりに英語を継続して勉強していく大切さを伝え、契約更新に向けて話し合わなければならないのです。

経済的な理由で、続けたくても続けられないと本心から言っている生徒に、それでも続けようと説得しなくてはならないのは心苦しいもの。

ノルマというほどではありませんが、講師ごとに契約更新率が発表され、更新率が悪いと、レッスンの内容を否定されているようで、あまりいい気はしません。

 

 

英会話講師のお給料

さて肝心のお給料ですが、非常勤講師は時給2000円から開始

1年契約で、契約終了時に更新するかどうかの面接があり、更新するのであれば、経験および勤務態度、更新率等を考慮され、時給が上がっていきます。

担当する時間数によって、月々の給料に差がでてきます。

レッスンを提供した時間のみカウントされるので、それに向けた準備時間は無給です。

仕事を始めたばかりの頃は、無給だというのに準備にものすごく時間がとられてしまいますが、ここはぐっと我慢。

慣れてくれば、すでに作成した資料等がありますので、だいぶ楽になります。

 

こちらもCHECK

教員採用試験に2度目で合格!重要な鍵は二次試験での面接の回答

目次1 教員採用試験を受験して2 教員採用試験の二次試験内容3 わくわくドキドキの受験結果…4 教員採用試験の二度目の挑戦 教員採用試験を受験して 居住地の市の ...

続きを見る

 

勤務する場所によって雰囲気はさまざま

英会話学校では、その勤務する学校によって雰囲気は異なり、同僚たちは以前勤めていた会社を辞め海外留学を経験し、帰ってきてから講師として働き始めた人がほとんどです。

外国人講師も、1年もしくは2年ほどで交代していくため、年功序列の雰囲気はありません。

環境もよく、ある意味自由のきく職場に6年ほどいましたが、結婚と同時に海外に行くことになり退職。

今でもあの頃の生徒たちとは連絡を取り合っています。

-職業体験談, 教員・講師

© 2021 NY Powered by AFFINGER5