事務の仕事

車屋さんの事務の仕事

私は高校を卒業してすぐ、地元の車屋さんに正社員で就職しました。

就職できる条件は車の免許を持ってる事と、パソコンがある程度使える事でした。
車の免許は卒業前に自動車学校へ通っていて免許を取得することも出来てパソコンも高校生のうちに資格も取っていました。

車屋さんの面接

卒業の少し前に面接がありました。
社長さんと面接があったのですが、緊張は思ったほどしませんでした。

何を聞かれるとか言うよりも履歴書の確認程度で、15分以内に終わりました。
会社内の雰囲気は静かな感じでした。

採用結果は一週間後という話でしたが5日後くらいに自宅に電話がありました。
私は自宅にいなかったので父親が電話を取り「採用します。四月からよろしくお願いします」
というような電話の内容だったようです。

父親からその後、私に連絡があり、その事を聞いた時は本当に嬉しかったです。

入社後の仕事

四月になり、入社しました。
大きい会社みたいに入社式とかは無かったのですが、朝の朝礼で挨拶しました。
入社したのは私1人だったので、その時ばかりは心の準備も出来てなかったので緊張しました。

入社して3ヶ月目くらいの話をします。
その頃にはもう半分以上の仕事を教わり、任せられていたと思います。

まず事務の仕事が主でした。
データー入力がメインでした。あとは、電話対応です。
新人の私が1番取らなければいけないので、2コール以内に電話を取るのが目標でした。

まだまだ車の知識はなく、でもお客様にはそんなことは関係なく、車の修理等の話もありました。
そこの車屋さんは、ただの車屋さんではなく、大手の車屋さんではありますが個人経営の会社でしたので車や大型車の修理、レンタカー、貸切バス、町営バス、タクシーなどの事業もやっていました。
レンタカーの受付も電話でやったり、直接対応したりしてました。

私の仕事は他に、外回りがありました。
午後になると、総務さんから銀行回りを頼まれます。それは毎日ありました。
多い時で4つの銀行に預け入れをする為に周りました。
銀行は時間制限があるので時間が勝負でした。

銀行回りが終ると他にも色々行きます。
お客様の家に集金へ行ったり、お客様だけではなく会社にも集金がありました。
あとは請求書配り、車検証配り、年末にはカレンダー配りがありました。

年末は本当に忙しく、一日中、車に乗って請求書、車検証、カレンダー配りに追われてました。
それは1人ではなく、もう1人の先輩も別々に配ってました。
北海道なので年末は吹雪でも運転してました。
それが1番大変でしたが、運転は好きなのでやりがいはあったと思います。

車屋の事務をしていて難しかったこと

やってみて難しかった仕事は、自賠責の仕事です。
自賠責の登録から、自賠責の書類の記入なども後半で教わりました。
間違いの許されない仕事でした。

1日多い時で6件、少ない時で1件くらいでした。
その自賠責の登録は午後、外回りに行く前の仕事でした。
なので、その自賠責の登録に時間がかかると後の銀行周りに影響が出るので素早く正確に、を目標にしていました。

その間も電話は鳴り続けるので、一度に色々な仕事をしていました。
車検証、自賠責は、本当に間違えられない仕事で1番辛くてなかなか覚えづらくもあり、何度も先輩に怒られた覚えがあります。
書き損じも何回も出してしまい迷惑をかけてしまいました。

車屋の事務の仕事をして嬉しかったこと、学んだこと

週に6日、1日8時間労働で、新人の頃は本当に毎日辞めたいと思っていました。
唯一の楽しみはやはり運転だったと思います。
外に出ることで気分転換になってました。

免許取りたてでも毎日運転していたので、お客様や社員さんを車に乗せても運転技術は毎回褒められていたので嬉しかったです。
今でも運転が上手いと言われているので車屋さんに居て毎日運転しておいて良かったなと思います。

車屋さんで働いて学んだことは沢山あります。
社会に出て初めての職場でしたので色々な方から沢山のことを教えてもらいました。
辛い方の方が多かったけど今ではまた戻ってみたい!とまで思います。


↓↓お仕事を探すならコチラ↓↓
■合わせて読みたい事務職の記事はコチラ↓↓




 
TOP


ー プロフィール ー

サイト管理者:NY
趣味:旅行・読書・テニス
サイトの更新情報や日常などの些細なことをTwitterでつぶやいています。
皆さまに役立つ情報を発信していきたいと思いますので、フォローよろしくお願いします。




関連サイト