職業体験談 コンピューター関係

【グラフィックデザイナーの仕事】残業が多いが身につくことも多い職業

グラフィックデザイナーの主な仕事は、パソコンでデザインソフトを使用して、ポスターやパンフレットなどの企業様への広告を作成することです。

営業がプロフェクトや単発仕事の依頼を受け、それをデザイナーがクライアントの要望等を把握してカタチにする。

ゼロなところから目で見える新しいものを作る作業は、仕事として面白く、デザイン好きには誇り高き職業だと言えます。

デザイナーの面接はクリエイティブ

私は元々絵を描くことが好きで、「好きなことが仕事になるって最高!」と思い、この仕事に就きました。

私にとってはデザイナーの他に仕事は無いと思うくらい自分に合う職業だと思ったのです。

 

一般事務や営業職の面接は、履歴書・職務経歴書・そぼう動機書などを書いて提出、そして面接が普通かと思います。

デザイン事務所でも、もちろん履歴書の提出はありますが、それに加えて「作品集」が採用のポイントとなります。

これまで自分が制作したポスター等の作品たちを一つのファイルにまとめるのです。

 

新卒採用の場合は学生時代に作ったものを、中途採用でしたら以前に働いていた時に仕事として携わった作品を。

この作品集は、面接官が「この人に我が社のデザインを任せられるか」を判断する材料となるので、とても重要になってきます。

私も面接では自分の作品集を見せましたが、あるデザイン事務所では「君のレベルはまだまだ」と5分で面接が終わったりしました。

ダラダラと会話をして結局不採用になるよりお互いさっぱりしてていいですよね。面接時間が短すぎて、落ち込むより気持ちが良かったです。

 

在宅ワークの王道であるwebデザインについて仕事内容から収入まで解説

 

別の企業では「この作風は好きだ」と社長さんに気に入ってもらえたり。社風によって合う合わないがありますね。

入りたい!と思うデザイン事務所が企業があれば、どんどん自分の作品を見てもらう機会を作ることが大切だと思いました。

 

グラフィックデザイナーの仕事内容

グラフィックデザイナーの仕事は、クライアントの広告となるポスターやパンフレットをデザインすることです。

新人の頃は「デザインアシスタント」として、PCのデザインソフトをより早く使うため、センスを磨くために先輩が作る広告の一部を担当させてもらいました。

ひたすら画像加工で車のパーツの色変更をしたこともありますし、デザインを見て学ぶ一環として、一日中かけて文字校正(文章に誤字脱字・矛盾がないかをチェック)する作業もしたことがあります。

 

長い文章の制作物なら文字打ちがメインになるような仕事もあります。

初めは機械操作でよくつまづいていたので、何度も何度もやり直したりして時間がとてもかかってしまいました。

主な仕事内容

チラシ、ポスター、カタログ、雑誌の広告ページ、学校案内、新聞広告などそれらの広告物を作り上げる過程で、

  • それに付随するイラストを自分で描く
  • どのようなデザインで載せるか考える
  • 写真を切り抜いたり加工したりする

デザインアシスタントを経て

そして晴れて「デザイナー」として一人で仕事を請け負う時には、打ち合わせから参加し、それをイメージ画に落とし込むか、直接PCで制作をしていきます。

担当営業が私につき、多忙な時期にはアシスタントが練習を兼ねて私の広告の一部を手伝ってくれました。

 

デザイナーは責任ある仕事で、プレッシャーもあります

一人で黙々と作り続けるのはなんとも孤独ですが、支えてくれる仲間がいるのです。

そこへの感謝を忘れると、仕事がとても辛くなります。

自分の心を上手くコントロールすることが必要な職業です。

 

グラフィックデザイナーの大変なこと

デザイナー時代、何が一番辛かったかというと、それは「就業時間と締切」。

好きなことを仕事にしているという感覚から長時間労働が普通になっています。

面接時に「好きなことなので長時間大丈夫ですよね。」と言われたこともあります。

 

今だから言えますが、ブラック企業です!残業時間は事務職よりはるかに多いです。

毎日残業2〜3時間は当たり前で、定時で帰れる日があったら、「私大丈夫かな、帰っていいのかな…」と不安になるほど。

繁忙期はさらにひどく、終電で帰れず営業の方に自宅まで送ってもらうことがよくありました。

男性デザイナーはそのままオフィスに寝泊りする人も。

 

終業時間より長くデザイン業に集中するものの、仕事量が多く締切との闘いです。

作っても修正が入ったり、追加依頼が入ったりするので、何本も同時進行でやるのです。

トイレ時間すらもったいなくて、我慢して作業し続けるデザイナーさんは多くいます。

私もそうでした、危うく膀胱炎です!

 

初期のミスとしては、時間をかけて半分以上作ったのにデータを飛ばしてしまったりもしました。

これはまめに保存することで回避できることなのですが、最初はそういうことにすら頭が回っていませんでした。

あとはやはり基本的なことで、イラストを速く描けるようにならなければいけないことですね。

 

スランプに陥ることも

好きなものを好きなように描く訳にもいかない中で、ある程度のクオリティを保ちつつ、サッと描いていかなければページが仕上がりません。

機械操作は慣れれば使えるようになりましたが、イラスト制作の方はなかなか解決できませんでした。

 

もう一つ、デザインもなかなかイメージが湧いてこなくなってきます。

最初の頃は、こういうのにしようとか色々出てきますが、毎日作っていく中でどうしてもマンネリ化してしまいました。

 

今から思うと、アウトプットばかりしていたからですね。

どこかに行って感銘を受けたりとかできたら良かったんですけど、日々仕事の中では難しかったです。

 

イラストとデザインについてはやればやるほど難しさに気づいて行き詰まるようになってきました。

常にインプットできるような環境を準備しておくと良かったかもしれません。

 

グラフィックデザイナーは身につくこともたくさんある

この仕事をしてきて良かったと思うことは、DTP(デスクトップパブリッシング:パソコンでデータを作成し、実際に印刷物を作成すること)に関する知識を学べたことです。

正直デザインは好きであれば好きなように作れますが、印刷に関わることや決まり事のようなものは現場に入って数をこなすことで理解しやすくなります。

 

パソコン操作に強くなる

あとは、illustrator・Photoshopの操作・Macintosh全般の操作の仕方ができるようになります。

学生の頃も使えるくらいには習得して卒業したのですが、仕事としてするとまた違い、学生の頃の「使える」とはレベルが変わってきます。

実は学生の頃はMac操作が苦手でどうしようもなかったのですが、さすがに毎日毎日使うので、自分の手のように使えるようになりました。

 

グラフィックデザイナーの給料面・休日面

給料面は、最初の3〜4ヶ月は14万ぐらいでした。

最初の夏のボーナスも、新人の私だけ無かったように思います。

その後多少上がって16〜17万前後ぐらいでした。

ちなみに残業はしたりしなかったりでしたが、残業代はもらえませんでした

安定した休日

日曜・祝日は完全にお休みでした。

呼び出されることもなく、土曜日は月の半分くらいは出勤していました。

あらかじめ会社カレンダーで年間予定が一年分出ており、ほぼ狂うことはなかったです。

私の知っている友達や知人で、この職業をしている人はほとんどそのような感じでした。

 

恵まれた職場環境

イラストとデザインについては行き詰まることも多々ありましたが、かなり自由な環境で働いていました。

同期と呼べる人もいませんでしたが、もしかしたら焦りを感じることもなくて良かったのかもしれません。

 

私が働いていた職場ではいつもラジオを流していました。

基本的にはおしゃべりをする訳ではなく、皆自分の仕事を黙々とこなすのですが、ラジオから流れてくる話に思わずクスッと笑いが漏れるようなこともあり気楽な職場でした。

突発的に残業になることも多かったのですが、普段聞かないラジオ番組に切り替わるのがまた新鮮でした。

毎日聴いていると自分の好きな番組の時間帯が段々と楽しみになってきたりもして。

 

こんな風に書くとひたすらラジオを聴いている人みたいですが、人の話し声って結構無意識に聞こえてきてしまうんです。

写真の切り抜きとかしていると、どうしても耳に入ってきてしまいますね。

 

自分のペースでできる環境が大事

あと、自分のタイミングで仕事ができる職場であったように思います。

職場にもよるでしょうが、私が働いていたところでは残業が残業代として付かないのでほぼ自由でした。

一旦ここで切り上げて近くのコンビニで軽いものでも食べてから深夜まで働く、なんていうこともできました。

 

退職した理由

多忙でもこの仕事に誇りを持っていましたし、自分の得意分野だと思っていました。

自分の作品が世の中に出るのです。

雑誌や道で自分のデザインを見つけた時の嬉しさ。「この仕事をして良かった!」と思う瞬間です。

 

ではなぜ私はこの仕事を退職したのか?

それは、ストレスにより体調を崩したからです。

長時間勤務で無理をしたのか、不眠症になりました。

さらには会社では食欲が出ず、食べずに1日過ごしたことも。これ以上悪化する前にと退職を決意したのです。

 

知らず知らずにストレスをため込んでいたようです。

もっと自分で時間調整を心がけていたら体調を崩さずに今でも続けていたかもしれません。

 

デザイナーはやりがいを感じられる仕事

デザイナー職は、華やかに見られがちですが、実は長時間労働で地道に作り上げていく孤独な時間が多いのです。

ですが、やりがいはとてもあると言えるでしょう。

自分の成果が目に見えるカタチとなっているので、達成感と嬉しさは常にあります。

 

自分の時間のコントロール、心のバランスが大切な職業だと経験して思いました。

退職した今でも個人的にデザインをやることがあります。

一生付き合える素敵な職業です。

 

補足

本業グラフィックデザイナーの待遇改善の糸口は、 印刷会社や広告代理店などに入らず、通販会社などの専属デザイナーに入る方が待遇は良いです。

ただ、WEBデザインも出来ないと厳しい世界ですね。

 


-職業体験談, コンピューター関係

© 2021 NY Powered by AFFINGER5