ブラック企業体験談

IT企業でのブラック勤務|まわりの人間に恵まれて続けられた1年半

IT企業に就職後、徐々にブラック企業だと気づきましたが、周りの人達に恵まれたことでなんとかやっていけました。

給料面や会社内でのことなどを紹介していますので、IT企業の仕事に興味がある方、気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

IT企業での勤務

インターネット関連の仕事を軸にして、大手企業のウェブサイト制作やデータベース構築等をするユニコーン企業の会社で、誰もが知る様な某エンターテイメントインターネットアプリ開発や政府関係機関のお堅い真面目なサイト構築をやったりといった、設立1年後の時期の会社でした。

 

入社当初のこと

当時、渋谷の事をバットバレーと呼んで、ライブドアやらが出てきたりした、インターネットが普及し始めてしばらくした会社だったので、仕事自体は楽しい物が多く、充実した社会人一年目でした。

初めは立ち上げスタッフの人の元について、学びつつ大手企業の案件のお手伝いをし、1か月後には一人で以下の仕事に携わりました。

ウェブディレクターとして携わった仕事

    • コンセプトメイキング
  • ワイヤーフレーム構築
  • SEさんへのシステム構築
  • デザイナーさんへの発注
  • アルバイトさんへのコーティング指示
  • 外注さんへの発注やクオリティチェック等


入社一年目で全てをこなす、責任の重たい仕事をどーんと5件程並行してさばく程の忙しい仕事をやっていました。

社会人一年目だったのと年俸制だったので、残業手当も出ない状態で夜遅くに帰って終電はザラで、朝は一応フレックスでしたが、11:00頃には出社する毎日で、残業は20:00を超えたら1,000円の晩飯手当てが出ました。

福利厚生という事で高級スポーツジムの法人会員で、無料でジムやプールを使えるという特典はあり、よく気晴らしに泳いでから帰宅したりと、その時は充実した毎日としかわからず頑張っていました。

 

ブラック企業かも?と最初に思った瞬間

仕事をしていくうちに、どんどん担当すらウェブサイトが増えて行き、残業しても仕事が片付かない様になっていきました。

それでも皆が同じだったので、何の疑問も無く残機から夜勤、そして徹夜をする様になってきて、仕舞いには土日出社もザラという状態になり、若干疑問な点が出てきました。

なんだかこの会社は有名だけど、これって普通?と考えたりし始めました。

 

特にSEの場所に居る人達の徹夜率が高く、タコ部屋と呼ばれていた仮眠室があり、朝になると各部署のマネージャーの女性が母親代わり的に皆を起こしに行っている姿を見て、なんだかヤバいなぁという雰囲気になりました。

タコ部屋はSEの男達が寝泊りしていたので、同じベッドに寝るのは気持ち悪かったので、自分のデスクの下にダンボールを敷いて、そこで寝るというか睡魔に勝てずにダウンする状態でした。

 

IT系に勤めている人の印象として机の下で寝ているイメージがありますが、まさにそういった状況なのですね。

こちらもCHECK

ブラック企業の見分け方!求人票や面接は要注意|もし入社してしまったら

就職・転職・再就職を考えた時に、ハローワークや求人サイトで仕事探しをするのが一般的です。 求人票を見るときにチェックしておくべきこと・面接での相手の言葉で注意し ...

続きを見る

福利厚生として用意されていた高級スポーツジムがあるのは、実は徹夜明けした社員がシャワーを浴びる為に使われていて、純粋に健康の為に皆が使う良いシステムであった訳ではなかった様で、気がついた時は絶句しました。

でも、施設にはジャグジーがついた浴槽があったり、別の店舗では夜はプールがライティングしてあって、息抜きや気分転換には良かったですが、本当は異常な仕組みが設立当初から生まれて当時のシステムになっていた様です。

 

自分の楽しみを作っておく

唯一の楽しみは場所柄安くて美味しいランチが食べられる店が沢山あり、毎日昼ご飯を食べる時間が休日の様に楽しみなものでした。

電車に乗って隣駅の有名なカレー屋に行ったり、お茶をして、若干長めに昼の時間をとったり、行きつけのカフェのマスターと仲良くなってみんなにチョコレートをくれたりとても充実した休憩を送っていました。

 

一つだけでも楽しみがあるとなんとか続けて仕事ができますね。

 

仕事は辛かったのですが、楽しい事も人も沢山いたので、一年目は凄く楽しかった思い出と徹夜や土日出社も今考えたら楽しい思いに変わっています。

洗脳という感じだったのでしょうかね?

 

Check!

未経験からIT資格取得!
未経験者・転職者の選ぶITスクールNo.1を獲得!
CCNA合格率95%ネットビジョンアカデミー(NVA)

 

ブラックだらけな給料・手当面

普通に残機手当てがつかないのがブラックの一番のポイントで、残業代を出していたら会社はベンチャーだったので、潰れてしまうという事。

 

入社1ヶ月でウェブディレクターとして有名な大手のウェブサイト制作や運営をしていた事で、サルが電車を運転しているみたいだな!?と例えて考えた事がありました。

社内では男女比率半々くらいでしたが、女性もタフで徹夜をしているのが普通の光景でした。

 

一応住宅手当てや自転車購入補助等もあり、会社から2km圏内に住むと手当てがもらえる仕組みでしたが、いつでも会社に駆け付けられる様に?という今考えたら恐ろしいシステムだったのかな?と思いました。

土日出社が当たり前だったので、土日に有給を使うとか意味不明感が凄かったです。

神奈川から都内へ出社していたので2時間くらい電車通勤。

その2時間の電車内はオフィス状態で、駅のホームで電車を待っている間に企画チェックをしたりして、寝る時以外は頭の中が仕事をこなすことで精一杯でした。

 

寝る以外仕事のことを考える毎日だと気が休まる日がないですね。

 

終電を逃したくなかったのですが、最寄駅に住んでいた友達の家に泊めてもらったりして、会社にいっぱなし状態から辛うじて逃避したりする毎日でした。

スターバックスが日本に来た時と時期が重なっていたので、業務中に抜け出して、アイスカフェラテのグランデサイズを毎日頼んで、仕事をしながら当時としては凄く美味しかったスタバを楽しんでいました。

 

しまいにはスタバで売っていたタンブラーを買って、コーヒーを飲んで心を整えて、仕事も頭をフル回転させていました。
若さ故に耐えられた感じです。

こちらもCHECK

SIerはIT業界では重要な仕事|まさかのブラック企業に入社

IT業界の仕事は拘束時間が長かったり納期に追われるイメージが強いですが、私が入社した会社ももれなくそのようでした。 うつ病を発症する人も続出し、上司はそのフォロ ...

続きを見る

会社に入ってから一年目で年俸交渉がありましたが、交渉ではなく知らさせるというだけの事で、単なる面談でした。

昇給は3,000円だけでしたので、自分の努力の価値が3,000円なのかと失望しました。

同期で家に帰るのが面倒だから会社に居るという人の昇給が6,000円だったのを知って、タイムカード的に時間が長い勤務だという理由だけで2倍の格差だったので、不公平感たっぷりでした。

 

個人のスキルや努力を全く見ようとしない

元々映像系のネット配信等の仕事をしたくて入ったのですが、面談の時に映像の仕事をしたいと伝えたところ、仕事があればいいけど無いから、自分で仕事を取ってきたら映像の仕事をやっても良いという意味不明な事を聞き、この会社は腐ってるなと感じました。

多少気を使ってくれて、当時流行ったマルチメディア系の企画と制作する部署に異動してくれたのですが、過去のウェブサイトを担当していたものはそのまま残り、仕事が増えただけという結果になり、益々不信感が募り、案件を辞めさせて欲しいという勇気も希望も無くなりました。

 

といえども夏休みをシレーっと2週間とりアメリカに遊びに行ったのですが、上司達は日頃のブラックぶりを知っているので、おとがめなし!

アメリカの友人を訪ねてぼーっとしたり観光をしたりしあわせな2週間でした。

サンフランシスコの漁港の店でクラムチャウダーをかき混ぜているラテン系の若い店員さんを見て、こういう仕事をしてのんびりと人らしく生活している人が居るんだと感じて、目が覚め、会社を辞める決心をしました。

 


ブラック企業内での周りの様子

周りの人はやはりタフな人が多く、女性も男性も関係なくバリバリと仕事をこなし、皆適度に上手いこと死なない程度に働いている様でした。

プロジェクトの終わり毎に打ち上げが出来て飲み放題食べ放題会社のお金を経費で落として羽を伸ばすというか、会社としてガス抜きをさせていたのかなと今考えると理解できるような・・

 

ある時偶然に、共有サーバーに社員全員の給料の極秘ファイルが落ちていて、それを見つけた社員がコピーして皆にこっそりバラして、役職のついているアドバイザー的な夜勤も徹夜もしない上の人が高額な年俸と知り、クーデターが起きそうになったことがありました。

 

社員向けには給料表が公にされていて、MAX働いても70万円と知り、夢の無い給料の上限だなと噂をしたり、役職のある人との不公平な年俸にふつふつと煮えたがる何かがあって、皆は黙っていましたが、何か意見を言える立場では無いので、書類は即処分。

 

でも、辞める人が殆どいなかったのが不思議です。
バブルが弾けてからの時代だったので、辞めても仕事が無くなるだけという現実と、辞めると他の人に負担が行くので、迷惑をかけたくないと、どこまでも良い人というか、お人好し感ですかね?
凄く良い人ばかりでした。

 

Check!

☆転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】
リクナビNEXT登録の2つのメリット
1.転職活動の効率を上げる会員限定機能
2.転職の選択肢が広がるスカウト登録
↓↓↓
≫お仕事探しなら『リクナビNEXT』で!!«

 

ブラックでの勤務も良い経験です

現在は辞めていて別の仕事につきました。
1年半程勤めましたが、フリーランスになり、外注スタッフとして仕事を務めていた会社からもらって、自宅勤務的な感じで働いていました。

ウェブ系の会社でしたが、たまに映像の仕事が入ったので、自分が学生時代にやりたかった映像の仕事ができるようになり、ギャランティも社員でいるよりも、値段が上がったので辞めて美味しいとこどりとなりました。

 

しかしながら厚生年金が無くなったので国民年金にチェンジでしたが、無知だったので数年間切り替えをしなくて、空白時期ができてしまいました。

経験としては鍛えられたというか義務的にハードワークだったので、いい勉強にはなりました。

 

いまだに社員だった人達とは連絡をしたりと戦友的な人と人の繋がりが嫌でもできました。

これで収入が伴っていたら辞めていなかったと思います。

今は超有名な会社として君臨していますが、我々の努力の上にできた会社ですと言える程の体験でした。  

 

-ブラック企業体験談

© 2021 NY Powered by AFFINGER5