基地の仕事

基地で働くこと

私は以前、米軍基地で働いていました。
就職のきっかけは、友人がたまたま就職したと聞いたことです。

それまで全く知らない世界で、働く場所として想像したこともありませんでしたが、その友人がとても働きやすいと言うので応募の方法を聞いて履歴書を出しました。

応募の方法ですが、当時は直接、基地のゲート横にある事務所に出向いて掲示板を見る、というものでしたが、現在はネットで空席情報を知ることができます。

面接から合格まで

応募後、ひと月以上何も連絡はなく、忘れた頃に面接のお知らせの電話が携帯にかかってきました。
日本人の方からです。
日にちと時間を指定され、迎えにいくのでゲートの前で待っていてくださいと言われました。

当日、緊張して待っていると、女性の方がゲートまで来てくれました。
他に受験者が3名いました。全員女性です。
そこから歩いて面接のある建物まで行きました。

面接官はアメリカ人一人と日本人二人で全員男性の方でした。
最初にこれまでの職歴を含めた自己紹介をして、その後、全員から幾つかの質問をされました。

内容は、これまでに達成した仕事で特に成功したと感じているものは何か。
あなたと一緒に働くと我々はどんなメリットがあるか。
どんなことにプレッシャーを感じるか。
年長者の人々をまとめる立場になっても大丈夫か。
アメリカへの出張は可能か。などでした。
途中、笑いもおこり、堅苦しい雰囲気ではなかったです。

面接の前後に英語の試験もありました。リスニングと筆記で、マークシート式でした。
TOEICのようなもの、という印象です。後でわかりましたが、95点くらい取れていました。

このあとさらにひと月ほど待って、突然病院から入社前健康診断を受けてください、と電話がありびっくりしました。
合格したんですか、と聞くと合格してるのだと思いますよ、聞いてないですか、と言われました。
手続きが複雑で連絡の順序が逆になったそうです。

基地での仕事・待遇

入ってから、しっかりとしたオリエンテーションが何日もあり、同時期に別の職種で採用になった数十名と共に研修を受けました。
パン屋さん、ウェイター、エンジニア、など様々な職種があるのだと知りました。

入って思ったのは、福利厚生などあらゆる面で充実した素晴らしい環境で働ける場所だということです。
従業員のモラル意識は高いと思います。

お給料は、私は子供もいる女性なので有難い額と思いますが人によるかもしれません。
ボーナスもしっかりありますし毎年昇給します。

昇格は、もともとその職種に与えられているグレードというものがあり、ほとんどの人がそれより幾つか下の見習い等級として採用になります。
何年間か掛けて、元々のグレードまで上がっていきます。
そのあとは本人が希望して受験すれば、昇格して別のポジションにつくことが可能です。
希望しない場合、定年退職までずっと同じポジションで同じ仕事をします。

人事異動などがないため、合わない職種についてしまうと辛いという話は聞きます。
その場合、移動するにはまた一から採用試験を受けなければならないので厳しいです。
とはいえ、内部募集も頻繁に出るため、移動したくて受験する人はとても多いです。

休暇は年20日と夏休み3日がありますが、日本のカレンダーではなくアメリカの暦なので、祝日が少ないです。
例えばゴールデンウィークがないのです。これは、ちょっと悲しいです。
ほかに育児休暇や介護休暇、傷病休暇など充実しているので、特に女性は助かります。

全体に独特の雰囲気があり、レストランや映画館などもあり、ドルで買い物したり、中を歩くだけでアメリカ気分を味わえます
私は事情があり辞めてしまいましたが、せっかく入れたのに辞める人は滅多にいません。
入るのは非常に難しいと言われていますが、諦めず何度でも受けるのがコツらしいです。
面接までたどり着き、良い印象があった人は、他が空いたときに声をかけてもらえることもあるようです。
周りに、何人かそういう人がいました。

良い職場ですから、おすすめです。




 
TOP


ー プロフィール ー

サイト管理者:NY
趣味:旅行・読書・テニス
サイトの更新情報や日常などの些細なことをTwitterでつぶやいています。
皆さまに役立つ情報を発信していきたいと思いますので、フォローよろしくお願いします。




関連サイト