ブラック企業体験談

大手宅配会社でのブラック勤務|単純作業かつ肉体労働な仕事内容

大手宅配便会社での仕事

宅配便を届ける会社で働いていました。
私が作業していたのは倉庫内での荷物のエリア分けです。

ベルトコンベアで荷物が流れてくるのでそれをエリア地域分けの籠車に入れる作業をしていました。

派遣で働き出したのが最初で、同じような人が周りに何人もいました。

作業自体は単純な肉体労働なので簡単に稼ごうと思っている人なら同じような人が周りにたくさんいるので、助け合ったりする面では人に話しかけやすいかもしれません。

 

ブラック確定な業務内容

単純作業故に誰でもできる仕事ということですが、中にはその作業ができない派遣の方もいます。

そういった人への社員の当たりが強くなったのを見たときは戦慄しました。
だけどお金を稼ぐためなので自分の心を殺して作業をしていました。

作業エリアによっては派遣よりも賃金の高いバイトの方が楽なところを任せられていることがあります。

これは派遣いじめではなくただ単にそのバイトの作業効率が悪く私の方が作業ができていたためなのだが、それにしても毎日毎日賃金の高いものの方が楽なポジションをもらっていることに違和感しかなく怒りも沸きます。

繁忙期の時期も重なり量が多くなると間違って流れてきた荷物を投げる社員もいました。

というか割と頻繁に行われている行為だったんです。
荷物を投げていない日は恐らくないといってもいいかもしれません。確実にどこかしらのエリアが詰まれています。

連日のようにベルトの最後の最終エリアが荷物で溜まり、中には破損しているものもあるのに人を増やす気配がない。

繁忙期以外はほとんどレギュラーのメンバーしかいないようで、日勤は夜勤に比べて賃金が安く激務になる状況でした。

賃金を上げれば人は来てお客様の荷物を正確にお届けできる確率は増えるというのは誰が見ても明らかなのに、それをしようとしない会社態勢。

そして、単純作業故に社員にもコミュニケーションの能力の乏しい人物がいます。

いいとしているにもかかわらずお礼の言えない人や自分のミスを認めない人など。

荷物が破損した責任をまるでこちらの責任のような目で見てくる人、契約が終わり更新しないことを告げると露骨に否定的な態度をとってくるリーダー社員。

賃金の差での優劣ではなく作業効率で人を選んでいる態勢を変える気はないのでしょう。

作業が終わったあとも本来やるべきではない仕事もやらされます。

 

Check!

☆製造業・工場の求人を探すなら【工場ワークス】
・未経験OK!派遣・アルバイトの仕事特集
・メリットいっぱい!期間工特集
・毎日更新!人気の求人
など気になる求人を掲載しています。
↓↓↓
【工場ワークス】短期から長期まで全国に求人多数!

 

某メジャー通販サイトの商品は毎日荷量が多いので、毎回流すタイミングを分けているのですが、人員を削減している土曜日など人が少ないのに荷物は変わらないので相当きついです。

あまり言いたくない話ですが、恐ろしいくらい荷物の流れが止まらいないので何回かベルトコンベアに詰まっているのを無視して作業をしていたことがあります。

本当は頑張ればベルトコンベアを詰まらせて全体作業を止めることなくできるのでしょうが、さすがに毎週続いたのできつくてかないませんでした。

またこのサイトの荷物を外国人留学生がわけもわからず同じエリアなのに100個ぐらい一気に流してきたりもします。

荷物を流すのはベルトに乗せるだけなので簡単なのですが、エリア分けは一つ一つ住所を見て正確に分けなければいけません。

100個荷物が一気に流れてくるスピードにエリア分けが追いつけるわけもなく見事に全体の作業がしばらく止まりました。

外国人留学生が流さなくていい荷物を流したのが原因ですが、この一回で終わればいいのに割とこれもよくある事件であったり、それをなんとかしようとする気も誰もないのです。

挙句の果てには流れてきた荷物を積みきれないからといって蹴ったりする始末。

毎日日雇いの人が来るのですが、もちろん中には体力や力がなく作業の速さに追いつけない人たちもいます。
そういった人達の救済もなしです。

自分で何とかしろという社員の圧がすごい。
それに見かねて本当は社員がサポートしないといけない部分を私がやらなければいけなくなったりしました。

社員は本当に自分の作業だけに集中している感じなのです。
他人を助ける気はほとんどない。それにより荷物に損害が出ても構わないという態度です。

あと耐えられないのが、休憩室が靴箱と兼用になっているので匂いが臭い!

仕事上しょうがないことなのでしょうが、男性が多いためおのずと足も臭くなりそれが靴に映りそのまま休憩室の匂いになっている感じです。

よく休憩できていたものだなと思います。
もしくは匂いを気にすることができないほど疲れていたのかもしれませんが。

また、どこの会社にでもいるのかもどうなのか、本当にいつ寝ていつ休んでいるのかわからないくらい毎日出勤している社員がいます。

こういった人たちがいるため他の社員も体調が少し悪くても出勤しなければならない雰囲気になってしまいます。

荷物が詰まった籠車を移動させるなどの作業を振られるのですが、どこに置いていいのかの説明がないので他のエリアの社員に怒られます。

安全第一をモットーにしていても結局は作業スピードが遅いと指摘されたり煽り行動をされてしまうのです。

基本的に送迎バスに乗って倉庫まで行きますが、日雇いの方たちが大量にいるので満員バス状態になり通退勤時のストレスがすごいのです。

ただでさえ仕事の作業内容もきついうえに通退勤でも快適さがないのは過酷。バスを増やせばいいはずなのだがこれもしない…。

エリアごとのチームでやらないといけない日別の細かい作業(ごみ捨てなど)も社員は忘れているかもしくはやらないことが多いので結局一人でやる羽目になることが多かったです。

 

 

周りの同僚の様子

周りの現場はもう諦めている感じでした。

今の体制が当然といった様子でお客様の荷物の破損は出るものという体で仕事をこなしています。

ただでさえ日雇いの人が多くその日の仕事が時間までに終わればいいと思っている人が多いので作業パフォーマンスが低い。

故にそういう人たちのミスを普通に仕事ができる派遣が中途半端に手伝わなければならなくなります。

毎日別の日雇いに同じことを教えていることが苦痛になっているのか社員もコミュニケーションを取らない人が多く、結局今の状態に甘んじてさざ波立てない現状維持を貫いているのでしょう。

結局私も激務の割に賃金が低いので辞めました。

 

こんな会社でも良いところはある

単純作業なので体力に自信がある人ならば向いているかもしれません。

ただただちゃんとエリアに荷物を分けるだけで周りの社員には認められる形になるので達成感を求めているならいいかもしれないです。

面接はほとんどないようなもの。恐らく体力がありそうだったら即採用でしょう。面接が苦手な方は狙い目かもしれません。

あと、夜勤の場合食堂が開いていないので格安の弁当が売っています。

普通に仕事ができるようならすぐにでも正規採用になれると思います。

仕事がなくて暇ということがほとんどないので時間が過ぎるのはあっという間。

髪型や髪色は自由なのはよかったです。

良くも悪くも他人に無関心な人が多いので自分から人に話しかけなければ挨拶だけで一日の会話が終わるのでコミュニケーションをとるのがめんどくさい人にもおすすめですね。

悪い部分が多いがなんだかんだ単純作業しかないのでエリア振り分けの運さえよければ楽に終わる日もあるが、結局は体力仕事なのでダブルワークには向かないだろうと思います。

私が経験したのは主に夜勤ですが、これだけの激務を耐えた後他社会の人間は働き出すために動いている時間帯に仕事終わりの一杯を飲めるのだからそれなりの優越感はありました。

なによりも朝日の中を帰宅できるので、すがすがしい気持ちで就寝できる人もいたと思います。

 

 

-ブラック企業体験談

© 2021 NY Powered by AFFINGER5