事務 職業体験談

海運会社での貿易事務の仕事内容|大変だったことや嬉しかったこと

貿易事務として働き、外国の方と接しながらの仕事でした。

天気が悪い日は仕事に大きく影響する仕事で、苦労することもありましたが、様々な経験をさせてもらいました。

仕事内容や給料面などもご紹介していきますのでご覧ください。

貿易事務の仕事

私が貿易事務の仕事に就いた理由は、自分の細かい性格を活かせると思ったからです。

貿易事務の仕事は大変

大変なこと

  • 書類作成やチェックが多い
  • 貿易書類の多くが項目が多岐にわたり複雑
  • 書類が間違っていると通関ができなかったり、お金が支払われなかったりするので、普通の仕事以上にミスが許されない
事務は事務でも働き場所によって普通のオフィスと比べたら仕事内容も全く違ってきますね。

海運会社の面接

面接で聞かれたこと

  • なぜ貿易事務の仕事を選んだのか
  • 貿易事務の仕事をする上で大切なことは何か
  • トラブルになった時にどのように処理をしたか

複数社の面接を受けましたが、上記の3点は高確率で聞かれました。

実際にはそうでなくても、大雑把そう、トラブルに弱そう、ミスが多そうと先方に感じさせると、面接は上手くいきません。

わからないことを聞かれたら、知ったかぶりしないことも大事です。

 

重要な仕事だからこそ面接時も際どい質問は多いようですね。

 

こちらもCHECK

海運会社での貿易事務の仕事内容|大変だったことや嬉しかったこと

貿易事務として働き、外国の方と接しながらの仕事でした。 天気が悪い日は仕事に大きく影響する仕事で、苦労することもありましたが、様々な経験をさせてもらいました。 ...

続きを見る

 

貿易事務は女性が多い職種ですが、海運業界は保守的でまだまだ男性を優遇する会社も多いです。

そのことに留意して面接に阻んだ方が良いと思います。

 

職場の面接で見学ができる場合は、電話が多く鳴っているかはチェックしておいた方が良いです。

配属される部署にも寄りますが、トラブルが多い会社は電話も多くなる傾向があります。

 

 

その日の状況・曜日によって変わってくる貿易事務の仕事内容

私がしていた仕事内容

  • コンテナ船の着船通知の書類の作成送付
  • 問い合わせの電話やメールの対応

約二年ほど勤務し、その間輸入の書類作成チームに所属していました。

曜日によって入港する船の規模と数が違い、月曜日と火曜日は忙しく、水曜日と木曜日は暇でした。

 

金曜日は船が遅れていると忙しかったですが、遅れていない場合は暇でした。

会社にもよりますが、輸入は週の前半が忙しく、輸出は週の後半が忙しい傾向があります。

 

こちらもCHECK

外資系企業に勤務していた私が感じた日本とは違う職場環境・仕事内容

目次1 外資系企業の面接2 外資系企業での仕事3 多人種同士での職場関係4 外資系企業ならではの出来事 外資系企業の面接 アメリカの電子機器メーカーが日本市場に ...

続きを見る

 

天候により左右される

天気が悪くなると船が遅延し、それに伴って問い合わせの電話も増えます。

大半が国内のお客からですが、たまに海外の支社から英語で問い合わせがありました。

だいたい営業に取り次ぐだけなのですが、慣れていない時は焦りますし、メールも大半が英語なので最初は大変でしたが、数か月もすると慣れてきました。

貿易関係は英語が必要になってきますね。

 

勤務形態

勤務時間:9時から17時
出勤日:基本的に平日出勤、船の遅延の関係で土曜日出勤もあり(片付けなど)
残 業:月曜日と火曜日は高確率で残業

土曜日出勤になった時は代休が出ましたが、いつ出勤になるかわからないので、基本的に土曜日に予定は入れられませんでした。

年始も船の関係でゆっくり休めず3日から出勤しました。

 

貿易事務の仕事をして思う事

大変だったこと

仕事をしていて大変だったことは、天気に左右されるので、台風の時はコールセンターのようになったことです。

会社に船の情報が入るのが遅く、問い合わせてきたお客様の方が詳しいこともありました。

 

一度台風によって積み荷に被害が出た時も、一カ月ぐらい問い合わせの電話が鳴り続けて困りました。

 

災害が大きく影響する仕事ですね。

 

嬉しかったこと

嬉しかったことは、船の運行情報を教えると、例えトラブル時でも電話口で「ありがとう」と言ってくださる時です。

悪い情報でも正直に伝えて謝罪すると、大抵の方は快く許してくださいました。

 

貿易の仕事はイレギュラーな対応を迫られる時も多く、臨機応変に問題を解決できたときなど達成感がありました。

社内には外国の方も多く働いていたので、日本にいながら国際交流ができて面白かったです。

 

社内のコミュニケーションは日本語、英語、中国語でした。

片方は英語なのに、片方が中国語で会話していることもあり、なかなか刺激的な職場でしたね。

 

こちらもCHECK

製造業の職を目指した志望動機は?社会人としてたくさんのことを学べた職場

製造業の仕事に就きたいと思うきっかけをくれたのは祖父でした。 製造会社の営業の仕事から始まり、現在も製造の仕事に携わっています。現在も楽しく仕事ができているのも ...

続きを見る

 

基給料は手取りで約20万ほどだったので、それほど悪くはありませんでしたが、残念ながらボーナスはありませんでした。

仕事が楽しかったので、私はそれでも満足していましたが。

 

もっと続けたかったのですが、最後は会社の業績が悪くなって契約を打ち切られてしまいました。

あまり良い辞め方とはいえず、暫くは納得できずに悩みましたが、そこでの経験があったお陰で、後日もっと条件の良い会社に就職することができたので、そこでの仕事経験はとてもいい思い出です。

 

-事務, 職業体験談

© 2021 NY Powered by AFFINGER5